初心忘るべからず

【ブレーキが踏めない?】サーキット走行におけるフルブレーキングの練習法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさんこんにちは!レーシングドライバー菊池宥孝です。

先日、このような質問を頂きました。

「ブレーキが踏めていないと言われます。乗っている感覚としては、タイヤロック寸前まで踏んでいるつもりですが、オンボードで見ると全く踏めていないようです。どうしたらタイヤロックするかしないかギリギリのブレーキングが出来るようになりますか?」

これはあるあるですね。

僕は、レーシングカート初心者の頃に、「ブレーキが弱すぎる」と指摘されたり、フォーミュラカー(スーパーFJ)に乗り始めた頃に、「ブレーキロックする感覚が分からない」と悩みました。

経験の浅い初心者の人がサーキットの走行会などに行った際、「そもそもブレーキが踏めない」という課題から始まるのは良くある話です。

僕は常々キクブログ内で、「ブレーキングで大事なのはリリースの部分だ」と主張してきましたが、そもそものブレーキ踏力が適切でなければ成り立ちません。

弱いブレーキ踏力でブレーキリリースを意識したところで、走りの無駄が出てくるうえに適切な荷重移動も起きないため、クルマの動きもおかしくなります。

そこでまずは、「ブレーキングをタイヤロック寸前のポイントで制御するためには何をすれば良いか?」から意識して出来るようにならなければいけません。

今回はブレーキングにおける突っ込み、すなわちタイヤがロックするギリギリのドラテクを磨くための“考え方や練習法”について解説します。

◆サクッと上達したい人はこちらから→https://note.com/race_hirokikuchi/m/m0b1a7a2a8f6a



ブレーキが踏めないとは?

ブレーキが踏めないとは?

外から見ていて、ブレーキが踏めていないというのは、

  • 突っ込みが甘い
  • 減速するためにタイヤの性能を使い切れていない

基本的に、この2点を指摘されることがほとんどです。

しかし、この2点は似ているようで全く違います。

 

「ブレーキングの突っ込みが良い」と、「ブレーキが踏めている」は意味が違う

「ブレーキングの突っ込みが良い」と、「ブレーキが踏めている」は意味が違う

ブレーキングにおいて、「突っ込めている」と言われるのは、他のドライバーと比較してブレーキングで追い付く時です。

ブレーキングの最中に追い付くためには、

  • 他のドライバーよりも奥でブレーキを踏む
  • 他のドライバーよりも弱いブレーキを踏む

こうする事で、ブレーキング中に追い付くことが出来ます。

弱いブレーキでも減速中は追い付くので、突っ込めていると錯覚しやすいのです。

しかし、弱いブレーキで突っ込むと、曲がれる速度まで落とすのに時間がかかり、加速ポイントが奥になったり旋回中に挙動を乱したりします。さらに、理想的な荷重移動も起きにくいので、結果的にはタイムロスに繋がります。

そのためブレーキング時には、適切にブレーキを踏んで減速する必要があります。「ブレーキが踏める」ようになるためには、

  • タイヤロック寸前のポイントでコントロールする
  • 減速するために、タイヤのグリップを100%使い切っている

このような状態を作り出さなければいけません。

これらは当たり前の事ですが、初心者がこれを再現するのは至難の技です。もちろん僕自身も完璧に出来ているとは思えません。

では、どうすれば良いのか?

 

ブレーキを限界まで踏むには?

ブレーキを限界まで踏むには?

ブレーキを限界まで踏むためには、「タイヤロック寸前の感覚を掴む」必要があります。

ロックする手前ギリギリのポイントが、ブレーキが踏める限界値です。

この限界値を知り、そこからのブレーキ踏力を自在にコントロール出来るのがトップドライバーです。

初心者が、ブレーキングテクニックを磨こうと思ったら、まずは限界値を知る必要があります。

 

タイヤがロックする限界を知るためにトップドライバー達がやってきた練習法

ブレーキの限界を知るためにトップドライバー達がやってきた練習法

ブレーキの限界値を知るためには、タイヤロックの感覚を身体に覚えさせる練習が必要です。

その練習とは、「ここでブレーキングしてスピンしろよ練習」です。笑

名前の通りの練習法ですが、この練習法は僕が実践したものではありません。僕が知る限り、このような練習をしていたのは2人。※他にもいると思いますが

1人は、絶賛売り出し中の角田裕毅選手。

もう1人は名前は伏せますが、現役レーシングカーターのジュニア世代で活躍中のトップドライバーです。

具体的な練習法は、

  1. 決められたポイントでブレーキング
  2. タイヤがロックしてスピンするまで激しくブレーキング

ルールはこれだけ。慣れないうちは、いつスピンするか分からないものですが、次第に慣れてくるとスピンしないギリギリのポイントを感じ取れるようになります。

混走の日は周りに迷惑がかかるので、台数が少ない日にやりましょう。

本コースで走るフォーミュラカーや箱車なら、フロントタイヤがロックしてオーバーランするまで、何度も繰り返します。

タイヤがロックしたら、「マシンがどのような挙動をして、身体にどのようなフィーリングが伝わってくるのか?」を徹底的に染み込ませましょう。

徐々に慣れて、少しづつタイムアップするのも大切ですが、1度マシンの限界値を経験する方が感覚も掴めます。

次第に、「まずはタイヤがロックするでしょ〜。そしたら滑り出して〜。オーバーステアが出て〜(^。^)」と、挙動が乱れている最中でも余裕が生まれてきます。

ここまで出来れば大丈夫です。もうブレーキが踏めていないとは言わせません。

しかし、このようにタイヤロックや挙動を乱してスピンするまでブレーキを踏み続ける練習、シニア世代や金銭的な事情がある人にはちょっとリスキーですよね。

趣味で楽しむ分には、もっと安全に技術を習得したいものです。

もっと安全で効率的にブレーキングの限界を学べる練習法がありますが、ここから先はキクブログnextで解説します。ブレーキングが苦手な人には役立つドラテク練習法なので、気になる人は見てみてください。

◆続きは…
【フルブレーキング術】誰でも習得できる実践練習法→
https://note.com/race_hirokikuchi/n/n7c99acdc1c9a

目次紹介

  • クラッシュしてマシンを壊す原因を理解しよう
  • 安全で効率的にマシンの限界値を学ぶ練習法
  • データロガーから見るブレーキ踏力
  • 乗りながらブレーキングの良し悪しを判断するコツ
  • フォーミュラカー編
  • レーシングカート編
  • まとめ

写真提供:FUKAYA 様、1honechan(Instagram) 様

スポンサーのお願い

このサイトの運営者である、レーシングドライバー菊池宥孝はレース活動をサポートして頂けるスポンサー様を必要としています。

まずは、僕の人間性を知って頂きたいので、直接お会いしたり、お電話したりしましょう。

僕自身から提供出来るものは、企業様のPR活動を始め、節税対策などにも協力します。

詳しくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です