初心忘るべからず

車の運転はコツさえ掴めば超簡単!【初心者必見】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさんこんにちは。現役レーシングドライバーの菊池宥孝です。

今回は運転のコツについて!

この記事をご覧になっている方の中で、運転に対してマイナスのイメージを持たれている方、例えば「車通りの多い幹線道路が怖い」、「狭い道ですれ違うのが怖い」、「煽られたらどうしよう」等々。

このように、嫌な気分になりながら乗ってしまっていては、運転を楽しむことは出来ません。中には運転そのものが嫌いになって、車に乗りたがらなくなってしまうケースもあります。

そして!ネット上には危険な運転練習法が散乱しています。

  • 隣を走っている車の運転手の顔を見る
  • 前方6割、後方4割の意識で走る
  • ぶつかっても軽い損傷なので、ゆっくり左いっぱいに寄せてみる

驚きです。よく平気でこんな事が書けるなと。

それも女性や初心者向けの練習法として書かれていたので、信用してしまう方も多いんですよね。

こんな事を実践してしまったら、事故率も上がりますし自身を含め大切な同乗者の命までも奪いかねない事態になります。

そこで今回は、レーシングドライバーからの目線に加えて、ファミリーカーの中古車販売店で大きい車を運転するコツを教えている僕から、運転に苦手意識を持った方の”安全”な練習方法と上達のためのコツ」を紹介します。

この記事を実践して運転のコツを掴むことによって、みなさんも運転を楽しめるようになります。

ドライブに行く

一度運転の楽しさを感じたらドライブが好きになって、大好きな旅行に出掛けたり、用もないのにドライブしてみたり、素晴らしい思い出を作る事が出来るでしょう♪

今回は、運転が苦手な方でも運転を楽しめるようになって、より良いカーライフを送れるように考えてまとめた記事です。




運転の基本はシートポジションから

運転の基本はシートポジションから

窮屈な姿勢になってはいけない

シートポジションは運転の全ての基本です。正しいポジションで運転することで、ストレスなく視界を広く保つことが出来ます。運転に対してマイナスのイメージを持っている方は、無意識のうちにどこか無理な姿勢で運転してしまっている場合が多いです。

シートポジションの基本は、体に無理がかからないポジションです。人それぞれの体格に合わせて理想的なシートポジションは変わります。

良く見受けられる例としては、「ハンドルと近すぎる」という場合です。必要以上にハンドルと近いと、視界の確保が困難になってしまい正しい判断が出来なくなってしまいます。

 

背もたれに肩がついた状態で対角線上のハンドルに届く位置

対角線上のハンドルに届く位置

近すぎず遠すぎず

市街地を運転する際、ハンドルを一周以上回すことは頻繁にあります。例えば、右左折や駐車ですね。

ハンドルを一周以上回すということは、片手が対角線上まで行くことになります。その際、シートポジションが遠すぎると一周回す間に手を離さなければならなくなったり、ハンドルにしがみついて操作したりすることになります。

ストレスなく正確に操作するためにも、背中を付けた状態でハンドルを切っても手が離れないポジションを探しましょう。最適なポジションが見つかると、驚くほど運転が楽になります。

 

視界を確保する

ストレスなくハンドル操作するシートポジションを見つけたら、広い視界を確保出来るように調整していきます。

広い視野は、冷静で正確な判断を行える運転に繋がり、スマートな運転の基本になります。

まず、シートポジションを調整する際に、

  • シート前後スライド
  • シートリクライニング角度(背もたれ)
  • シート座面の高さ
  • ハンドル位置の前後・上下スライド

で調整しましょう。特に、「座面の高さを調整出来ること」、「ハンドルの前後・上下スライド」を知らない方は多いです。車種、グレードによりますが、多くの車に装備されている機能なのでチェックしてみましょう。

理想的なシートポジションを探す

シートポジション調整場所

 

今回のシートの操作方法は、アルファード10系を例に説明します。

こちらのアルファードは座面の高さを、「お尻側・ひざ側」の2か所を調整出来ます。お尻側はレバーを上に引くと座面が上昇し、ひざ側はダイヤルを反時計回りに回すと上昇します。

お尻側は座高を上げるために、ひざ側はペダルまでの足の届き具合を調整するために使用します。シート座面は、座高の調整以外に、ペダルまでの距離を調整するためにも使えます。

ハンドルレバーは、下方向に押すとハンドルの固定が解除され、自由に動かすことが出来ます。こちらのアルファードは上下スライドのみですが、最近では前後にスライド可能な車種も多いです。

菊池おすすめシートポジション
  1. ハンドル位置:一番手前
  2. シート座面:目線が周囲の視界を確保出来る高さ
  3. シート背もたれ:ハンドルの対角線上に手が届く角度
  4. シート前後スライド:無理なく足を少し曲げて、かかとを支点にペダル操作出来る位置

 

ヒールやサンダル、ブーツはやめよう

ヒールやサンダル、ブーツはやめよう

僕はヒールは履きませんでしたが、サンダルで運転しようとしたことがあります。

しかし、かかとが固定出来ずペダルに力が入りにくくなり、サンダルの幅も広かったため、アクセルを踏むとブレーキもかすめてしまい危ないと感じて断念しました。

ヒールもかかとが不安定になり、誤ったペダル操作をしてしまいます。また、革靴などの硬い靴や、ひざ上までの長さのブーツも、ペダル操作の妨げになるので止めましょう。

運転する際は、スニーカーやランニングシューズがオススメです。ちなみに僕は、ここ数年ランニングシューズしか履いていません。最近は私服に合うランニングシューズもたくさん発売されています。




車幅感覚を身につけよう

車幅感覚を身につけよう

車幅感覚を身につければ狭い道もラクラク♪

車幅感覚が無い人は、スムーズな運転が出来ず周りの車に迷惑をかけてしまうことがあります。

  • 右折レーンからはみ出してしまう
  • 少し狭い道で左に寄せられず、対向車とすれ違うのが怖くて毎回一時停止する
  • 駐車する際、自車の位置が正確に分からず何度も方向転換する

特に、レーンからはみ出していたり、狭い道で左に寄せられない場合は、事故に繋がってしまうので克服したいところ。ここからは、車幅感覚を正確に掴むための練習方法を紹介します。

 

車の四隅を覚える

車の四隅を覚える

車の四隅の長さを覚えることが出来ると、いままでの無駄な心配をしなくて済むようになります。練習方法は、

  1. 停止した状態で誰か四隅に立ってもらって感覚を軽く覚える
  2. 1mほど離れてもらってゆっくり前進し、端に立っている人の50㎝手前まで近づく
  3. 同じように1mほどゆっくり後退し、端に立っている人の50㎝手前まで近づく

立っている人は一歩横にずれて手を伸ばして目印を教えてあげると、いざという時も安全です。

一人で練習する場合は、

  1. 停止した状態でスーツケースなど運転席から見える障害物を置いて感覚を軽く覚える
  2. 1mほど離れて何度か降りて位置を確かめながらゆっくり前進し、障害物50㎝手前まで近づく
  3. 同じように1mほど何度か降りて位置を確かめながらゆっくり後退し、障害物50㎝手前まで近づく

慣れてきたら、降りる回数を徐々に減らしていきます。

車によっては、四隅の感覚を警告音で知らせてくれるコーナーセンサーが付いている車両も多いです。「ピピピピ」や「ピー」など、距離に応じて警告音が変わるので、どの位置でどのような警告音が発せられるのか覚えておくと良いです。

 

白線まで寄せてみる

日本で道幅の広い道路には、左側に広めのスペースがあって白線が引いてあります。左側にバイクや自転車がいないことを確認したら、その白線の上に左側のタイヤを乗せましょう。表面に凹凸がある白線もあります。その場合、どれくらい寄せたら音が鳴り始めるかで、判断することが出来ます。

※白線を超えないように注意してください。

自車の位置を確認するために、サイドミラーは車体側面の少し下が見えるくらいに下げます。後輪が見えなくても、車体側面の少し下が白線のどの位置まで来ているのかが分かれば、車幅の間隔もイメージしやすいです。その際、あまり横を見てしまうと無意識のうちに左側に寄ってしまいますので気を付けてください。不安なのであれば、車通りの少ない農道などでゆっくりと練習するべきです。

ちなみにサイドミラーがあるので、そこから片側15㎝程が本当の車幅になります。サイドミラーの存在を忘れてガリッとやってしまわないように気を付けましょう。

※低速で練習する際にはハザードランプを点滅させましょう。




スムーズな運転を心がけよう

スムーズな運転を心がけよう

スムーズな運転は、「燃費・乗り心地・部品の消耗・心のゆとり」に良い影響をもたらします。

このスムーズな運転をマスターすれば、車に優しくモテるドライブが出来るようになります。時間に追われて周りの車にブツブツ文句を言いながら運転したらせっかくのデートも台無しです。

ちなみに僕は今まで一度も同乗者を酔わせたことがありません。酔ってしまう原因は雑な操作です。”急”の付く操作がいけないことはみなさんご存知ですね?でも、”急”の付かない操作でも雑であれば酔ってしまいます。

ゆっくり走ることがスムーズな運転ではありません。

  • スピーディーに
  • 制限速度で
  • ロスなく走る
  • 穏やかな気持ちで

難しいですが、これが出来たらカッコいいですね!

 

ブレーキは優しく踏み始め、優しく力を抜いていく

ブレーキ操作

ブレーキの踏み方に気を使っている人はほとんどいません。「とりあえず急ブレーキにならないように」とだけ考えていませんか?

同乗者にとって乗り心地の良いブレーキの仕方は、”緩やかな操作”です。ブレーキの踏み始めから停止するまで、同乗者の首が動いてしまう動作は止めましょう。

代表的なのは、停止した瞬間に「カックン」と車が動く止まり方です。これは、一定の踏む力で停止するまでブレーキを踏んでいるために起きる現象です。

この「カックン」を防ぐには、車が停止する直前にブレーキを踏む力を少しずつ弱くしていくと綺麗に止まることが出来ます。しかしここで、ダラダラと弱いブレーキで走っていては、後続車に迷惑がかかることがあります。出来るだけ短い時間で優しく力を緩められるように意識しましょう。

そして、ブレーキの踏み始めをON/OFFスイッチのように踏む方も多くいます。いくら弱くブレーキを踏んでも、踏み始めから最大限の踏む力で減速してしまっては、車が急激に前のめりになります。

この、急激に前のめりになる減速をしないためにも、ブレーキの踏み始めは「じわっと、ソフトタッチに」踏む意識で止まりましょう。

自動車学校では、「ひざを使って押すようにブレーキを踏みましょう」と習うのですが、それだとブレーキを繊細に踏むことが出来ないうえに疲れます。そこで僕がオススメするのは、かかとを支点にしてブレーキを踏む方法です。

かかとを支点とすることで、足に余計な力が入らなくなるため丁寧な操作が可能になります。ぜひ実践してみましょう。

 

加速は5秒後に40キロになるように

加速は5秒後に40キロになるように

燃費を向上させるために、急加速はしないように意識しようとしたり、ハイブリッド車でモーターだけで加速しようとしたりして、停車時から40キロに達するまで10秒以上かかっている人も多いです。

しかし、これらのダラダラ加速は燃費向上に一切貢献していません。ダラダラ加速している間の瞬間燃費は意外と悪いです。燃費向上のポイントは瞬間燃費の良い定速巡航をどれだけ続けられるかです。ハイブリッド車も同様です。僕自身ハイブリッド車に乗っているのですが、加速時はモーター+エンジンで加速し、早めに定速巡行に入ってモーターだけで走ることが燃費向上に最も良い走り方です。加速時にモーターだけで走るとバッテリーの電力をかなり消耗してしまい、定速巡行中やアイドリング中に発電するため、エンジンがかかりっぱなしになってしまいます。

もちろん急加速は燃費悪化になってしまうのですが、ダラダラ加速も燃費悪化してしまうので、車種によって誤差はありますが、停車時から40キロに達するまでに5秒くらいかけるイメージで運転しましょう。

 

カーブでは早めに少しずつハンドルを切る

カーブでは早めに少しずつハンドルを切る

レーシングカーもゆっくりとハンドルを切ります

前方にカーブがあった場合、ゆっくりと時間をかける意識でハンドルを切りましょう。目安としては3秒くらいかけてゆっくりとハンドルを切るイメージです。

普通の人は約0.5秒くらい、長くても1秒でハンドルを切ります。

それを3秒かけて切るには、いつもより早めに少しずつ切り始めなくてはいけません。早めにハンドルを切るメリットは、遠心力の掛かり方が緩やかになることです。

こちらは割と上級者向けのコツになりますが、上手く出来るようになると車が横にゆっくりと沈むことで遠心力を感じにくくスムーズに曲がることが出来るようになります。少し難しいですが、出来るようになるとかなり違いが分かりますので、練習しましょう。

 

ハンドルは自然と真ん中に戻る

交差点の右左折でハンドルを切ってから戻す際に、手で滑らせながらハンドルを戻す人がいます。あれ、意外と難しいんですよね。

そこで、僕がオススメする簡単で滑らかにハンドルを戻す方法を紹介します。

切ったハンドルは、車が前に進むほど真ん中に戻ってこようとします。要するに、速度が速ければ速いほどハンドルが真ん中に戻ろうとする力が強くなります。

そのため、毎回同じ力で戻ってくるわけではないので、滑らせるようにハンドルを戻すのが難しいのです。

では、簡単なやり方を解説します。左にハンドルを切ったとします。

ハンドルは自然と真ん中に戻る

  1. ハンドルは時計回りに戻ろうとする
  2. 反時計回りの方向に少し力を入れる(手のひら下部で抑えるイメージ)
  3. 反時計回りの力を微調整して綺麗にハンドルを戻す

ここで、時計回りに力を加えてハンドルを戻すと不安定な操作になります。ハンドルが戻ろうとする力と逆方向に少しだけ力をかけて、抑えながらハンドルを戻すと滑らかに戻ります。

 

左足ブレーキ

左足ブレーキ

これは僕のトレーニングとして取り入れた操作です。レーシングカーは基本的に左足でブレーキを踏むのでその精度を高めるために、公道で練習として始めました。

実際にやってみると、危険な飛び出しがあってもすぐにブレーキを踏めるし、踏みかえの動作が無いのでアクセルとブレーキの切り替えがスピーディーに出来ます。何かと話題になる踏み間違えも無くなるので推奨した方が良いのではないかと個人的には思うのですが(笑)

結構驚かれる方も多いのですが、慣れれば全く問題ないので試してみると何か発見があるかもしれません。




10秒後を予測しよう

スムーズな運転の最終段階は、10秒後を予測して運転することです。

赤信号が見えて10秒後に止まらなければいけない状況が予測出来たら早めにアクセルを離して優しくブレーキを踏み始めることが出来ますし、10秒後に100m先の車が発進することが予測出来たら、少しアクセルを緩めて前方の車の発進に合わせることが出来ます。

これが出来ると無駄な加減速が減るため燃費向上に大きく繋がりますし、渋滞解消にも貢献します。

 

先の状況を見て視野を広げる

先の状況を見て視野を広げる

運転中あなたはどれくらい遠くを見ていますか?

よくありがちなのが緊張して、目の前の車一点を見つめている人がいます。それだと正常な判断が出来ず、不必要な加減速を繰り返す上に100m先で大きな事故があって玉突き事故が起きても気付くことが出来ません。

運転中は視野を広く保ち、ぼんやりと周りの景色が見えるくらいの余裕が必要です。まずは高速道路ならヘッドレストに後頭部を付けて200m先を見通せるようにします。慣れてきたら次第に500m先でも簡単に見ることが出来ます。

狭い道路では、遠くの場所だけでなく道路に設置されたミラーを確認しながら走行すれば、子供の飛び出しも予測することが出来ます。

 

渋滞を吸収する走り方

高速道路の渋滞の原因は、車間の詰めすぎによる無駄な加減速から起きています。

先ほど僕が説明した、10秒後を予測する運転を心掛けて車間を開ける運転、すなわち一定の速度で走ることが出来れば、渋滞の解消に大きく貢献します。

車間の詰めすぎは、割り込みや煽り運転によるものがほとんどです。

  1. 心にゆとりをもつ
  2. 追い越し車線は追い越すときだけ使う
  3. 一定速で走る

この3つを意識するだけで安全でエコな渋滞解消に役立つ運転になります。詳しく解説してある動画がありますので参考にどうぞ↓

 

ウインカーを出す前に周囲を確認

ウインカーを出す前に周囲を確認

車線変更や追い越しの際にはウインカーを出します。そこを、自分のタイミングで出した場合、車線変更したいレーンにいる後続車を驚かせてしまうタイミングで出すのは止めましょう。

例えば、追い越したい車に近づいてからウインカーを出すのではなく、追い付く前に後続車が来ていないか確認して、来ていなければウインカーを出して車線変更しましょうということです。

追い越し車線を走っている側からしたら、目の前でウインカーを出されたらビックリしてブレーキを踏んでしまいます。高速道路ならそれがきっかけで事故に繋がることがあるので自分勝手な運転は避けるべきです。

あらかじめ周囲の状況をよく確認して、安全に車線変更するためのポイントです。

 

ウインカーは3秒前に出す

よくウインカーを出した瞬間に車線変更する人がいます。これは、運転に慣れと慢心が生まれたドライバーが多くやっている印象ですが危険なので絶対にマネしないでください。

ウインカーは後続車に「これから車線変更するから気を付けて」という意思表示のためにあります。ウインカーを出した瞬間に車線変更していては、「車線変更するから入るね」という自己中心的な運転です。割り込みで使う人がほとんどで、危険な運転になります。

後続車が離れていることを確認して3秒前にウインカーを出せば、安全に車線変更が出来ます。

 

早めの車線変更

大きな都市部に多いのですが、2車線だった道路が1車線ずつに分岐する道路があります。その場合、分岐まで300mくらいで車線変更したり、分岐すること自体を忘れていたりして、車線変更出来ないことがあります。

こういった事態を避けるためにも、あらかじめ分岐があることをカーナビで確認したり、表示板を確認したりして、分岐まで1㎞になったら車線変更の準備をしましょう。

中には、渋滞しているために車線変更が出来なくなることがあるので、混んでいるなと感じたらなるべく早く車線変更しましょう。

停車車両を見つけたら早めに避けることも同様です。

片側1車線の道路にトラックが止まっていたとします。目安としては、対向車が来ていないことを確認してトラックの100m手前でウインカーを出して車線変更していたいです。早めに車線変更することで、後続車に停止車両があることを知らせることが出来ます。

もちろん対向車が優先になるので、無理に車線変更はしてはいけません。安全第一で運転しましょう。




一時停止は必ず守る

一時停止は必ず守る

事故を起こしてから後悔しても遅い

数ある交通ルールでも特に、一時停止が出来ていないドライバーは多いです。「自転車が来たらどうするんだ?」という運転が多く見られます。

僕自身、自転車で走行中、わき道からの一時停止を2mほど超えた車両に撥ねられたことがあります。衝撃で車道に飛ばされましたが後ろから来ていた車が避けてくれたので助かりました。轢かれていたらと思うとゾッとします。

ぱっと見好印象な方でしたが、「子供が産まれるから穏便に済ませたい」と遠回しに言ってきて、こちらの事よりも自分の都合を引き合いに出してきました。「その自己中心的な性格が運転に現れただけだろう」と心の中で思って警察に通報してもらいました。あの時、運転手は警察に一時停止したと言っていたことにも強い怒りを覚えました。

少しの不注意が人の命を奪うことがあるので、くれぐれも気を付けてください。

 

まとめ

運転が苦手だった人でも今回紹介したことを少しずつ実践していけば、すぐにコツを掴み運転が上達してドライブが楽しくなります。

最後におさらいをします。

  1. 視界を確保出来る、最適なシートポジションを見つける
  2. 運転しやすい靴を履く
  3. 車の四隅を覚える
  4. 走行中、白線まで寄せて車幅を覚える
  5. ブレーキは優しく踏み始め、最後にフワッと力を抜く
  6. 加速は5秒後に40キロ
  7. カーブは少しづつ早めにハンドルを切る
  8. ハンドルの戻しは、軽く抑えながら
  9. 左足ブレーキでも良い
  10. 視野を広く保ち、10秒後を予測する
  11. 渋滞を吸収する走り方を覚える
  12. 周囲を確認してから3秒前にウインカーを出す
  13. 分岐があれば早めに車線変更する

もちろん全ての基本は、免許を取得した際に覚えた交通ルールです。ほとんどの危険運転は慢心や自己中心的な運転から生まれます。しかし、運転が苦手な人の予測出来ない運転も危険運転になる場合も多いです。知らず知らずのうちに危険な運転になっていないかも今一度振り返りましょう。

この記事を見ながら一つ一つ練習していけば、あなたも運転上手になれます。

そして、旅行やドライブなど多くの素晴らしい思い出を作って、人生を充実させてください。

今回の記事はいかがでしたでしょうか?この記事があなたのカーライフを充実させることが出来たら嬉しいです。

 

スポンサーのお願い

このサイトの運営者である、レーシングドライバー菊池宥孝はレース活動をサポートして頂けるスポンサー様を必要としています。

まずは、僕の人間性を知って頂きたいので、直接お会いしたり、お電話したりしましょう。

僕自身から提供出来るものは、企業様のPR活動を始め、節税対策などにも協力します。

詳しくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です