初心忘るべからず

【走りの分析】レーサー菊池がサーキット走行に必ず持っていくモノ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
みなさんこんにちは!レーシングドライバーの菊池宥孝です。僕のレース活動をサポートするメジャーCB株式会社の代表取締役でもあります。 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 ’15’16:ローカルカートレース ’17:全日本カート選手権FS-125クラス ’18’19:スーパーFJで四輪デビュー ’20:FIA-F4【ATEAM Buzz Racing #32】 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 それと、レーシングカート入門書も出版しました! 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさんこんにちは!レーシングドライバー菊池宥孝です。

今回は、「サーキット走行では、どんなモノを使って走りの分析をしているのですか?」という疑問にお答えします。

まず、サーキット走行をするための必需品として、

  • クルマ(マイカーorレンタル)
  • 装備品一式
  • コースライセンス

は必要です。これら一式が揃ったら、実際にサーキット走行に行くことになると思います。

そしてサーキットを走っているうちに、「こんなモノがあったら…。あんなモノがあったら…。」と様々なお役立ちグッズを揃えていく人がほとんどです。

基本的にサーキットを走る人たちは、「自身のドライビングを磨き、それがタイムアップや意のままにクルマを操る感覚を実感する」ことに喜びを感じます。

そのために、チームに所属したり個人レッスンを受けたりして、上達を目指していくのですが、教えてもらうだけではなかなか上手くなりません。多少なりとも自分でも分析してみることが必要です。

そこで今回は、「走りの分析で使うアイテム」ということで、僕がレースをしてきた中で徐々に買い揃え、今では常に持ち歩いている、あると便利な“走りの分析で使うアイテム”を紹介します。

 

走りの分析に使うパソコンと周辺機器

データ管理に使うパソコンと周辺機器(SD,USB,HDD,Wi-Fi)

まずはパソコンと周辺機器です。僕の場合は、

  • ノートパソコン
  • SDカード(64GB)※オンボード録画用
  • 外付けHDD(1TB)。または、USB(256GB)※データ保存用
  • ポケットWi-Fi。またはテザリング通信※参考動画を探す場合に使う

これらを必ず持っていきます。

 

ノートパソコン

ノートパソコン

データロガーの分析をするためにも、ノートパソコンにはロガーの分析ソフトをインストールしておきましょう。(参考までに、よく使われるAIMの分析ソフトは公式サイトからダウンロードできます→https://www.aimsports.jp/download

大きさや性能は標準グレードで大丈夫ですが、オンボードやデータロガーをスムーズに見れるように起動に時間がかかるものは避けましょう。

USBポートは2個以上あるものがオススメです。他のドライバーと共有する際にデータの移動をするので、デバイス差込口の種類と数はチェックしておきましょう。

新しく買いたいけど選び方がよく分からない場合は、新しいタイプを買っておけば間違いありません。「古い高スペックより、新しい低スペックの方が性能が良いですよ」と教わりました。

 

データ保存媒体

データ保存媒体

SDカードはGoPro等のオンボードカメラの録画用です。基本的には32GB以上あれば1日使えます。

走行時間やカメラ設定にもよりますが、16GBだと1日持たない場合があるので、複数枚持っていくなどの工夫が必要です。僕はなくしてしまいそうという理由で複数枚持ち歩いています(笑)。

そして、SDカードに保存してあるオンボードや、ロガーのデータを保存するために、USBやHDDが必要です。走れば走るほどデータが溜まっていくので、大容量のモノをオススメします。

パソコン素人だった頃に大容量のUSBを持ち歩いていたら、「HDDの方が安いよ~」と教えてもらって以来、外付けHDDを使っています。

今は外付けHDD(1TB)がメインですが、チームでデータ共有をする際にHDDが対応しない機器もあるため、一応USBも持っていきます。

 

意外と役立つポケットWi-Fi

意外と役立つポケットWi-Fi

絶対に必要なわけではありませんが、意外と役立つのがポケットWi-Fiです。

スマートフォンのテザリング機能を使っても構いませんが、YouTubeから参考動画を探すときに使います。

急に雨が降ってきたときのライン取りの予習や、過去のレース展開などを予習復習するのに役立ちます。

自分のスマートフォンで見ても構いませんが、チームの人と見るならパソコンや画面の大きいタブレット端末が便利です。

選び方は、使用頻度やサービス内容で個人差がありますが、「データ制限・通信速度・通信環境」の“口コミ”が良いメーカーを選ぶことをオススメします。

僕はFUJI Wi-Fiを使用していますが、各社プランが更新されているので色々と比較してみましょう。

 

バインダー(コース図とルーズリーフに記録)

バインダー(コース図とルーズリーフに記録)

オンボードやデータロガーを分析する際に、口頭だけでは忘れてしまいますよね。実際に手を動かして記録を残すことで、より一層上達に近づきます。

そこで僕は、「バインダー+コース図+ルーズリーフ」を用意して行きます。

ノートでも構いませんが、コース図もあるなら同じサイズのルーズリーフやコピー用紙の方が管理しやすいです。

サーキット内のどこで使うか分からないので、どこでもすぐに記入できるバインダーにコース図とルーズリーフを入れておくことをオススメします。

 

→【関連記事】はじめて走るサーキットを攻略するための㊙ツール

 

 

カメラ(アクションカメラ、ヘルメットカメラ)

オンボードカメラ

サーキットを走るならオンボードカメラを撮りたいですよね。分析だけでなく、YouTubeやSNSにもアップ出来ますし何かと便利です。

僕は、アクションカメラかヘルメットカメラを持っていきます。

FIA-F4やスーパーFJでは、チーム側が用意してくれていたので予備程度でしたが、毎回持って行っていました。

  • しっかり撮りたいならアクションカメラ。
  • 気軽に撮りたいならヘルメットカメラ。

といった感じです。

GoProなどのアクションカメラはクルマの挙動が分かりやすいですが、取付台が必要なので少し面倒に感じる人もいます。

ヘルメットカメラは頭の位置でカメラが動くのでクルマの挙動が分かりにくいですが、簡単に取り付けられます。そして、喋っている声から独り言までしっかり撮れます(笑)。

個人的には、「アクションカメラが取り付けられないならヘルメットカメラ」みたいな優先順位で使っていますが、ユーチューバーさんならヘルメットカメラの方が見どころは多いと思います。

 

まとめ

今回は、僕がサーキットに持っていく「走りの分析で使うアイテム」について紹介しました。僕が持っていくのは下記の通り↓

  • ノートパソコン
  • データ保存媒体(SD,USB,HDD)
  • ポケットWi-Fi
  • バインダー
  • コース図とルーズリーフ
  • アクションカメラ
  • ヘルメットカメラ

自分の走行に真面目に向き合うのであれば、これくらいは用意しておきたいところですね。

そして“走りの分析”という面で、こちらの記事がオススメです。→はじめて走るサーキットを攻略するための㊙ツール

 

写真提供:南博幸 様

 

 

 

 

 

よろしければご覧ください

このサイトの運営者であるレーシングドライバー菊池宥孝は、レース活動を支援してくださるスポンサー様を探しております。

私からは、

  • 一緒にレースに参加するプラン
  • 一緒にイベントを開催するプラン

等をご提案させていただいております。

私の現状は、2021年もFIA-F4選手権の参戦に向けて準備を進めておりますが、予算が底をついている状況です。

そこで、スポンサー様にとっての負担と、私のレース活動を通した仕事の幅を広げるために、レーシングドライバー活動をするための会社を設立しました。

詳しくは、【2021年度のレース参戦企画書】【会社概要】をご覧いただけると嬉しいです。

「スポンサー様と一緒に楽しむ」をテーマにしております。よろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
みなさんこんにちは!レーシングドライバーの菊池宥孝です。僕のレース活動をサポートするメジャーCB株式会社の代表取締役でもあります。 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 ’15’16:ローカルカートレース ’17:全日本カート選手権FS-125クラス ’18’19:スーパーFJで四輪デビュー ’20:FIA-F4【ATEAM Buzz Racing #32】 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 それと、レーシングカート入門書も出版しました! 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です