初心忘るべからず

【タイヤラバーとタイヤカス】路面コンディションの変化に対処するには?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさんこんにちは!レーシングドライバー菊池宥孝です。

今回は路面コンディションの変化についてです!

サーキットを走るクルマの台数が増えれば増えるほど、タイヤラバーやタイヤカスが増えていきます。

このタイヤラバーやタイヤカスによってグリップが高くなったり、グリップが低くなったりと、路面コンディションは変化していきますが、この変化を予測することは初心者や経験の浅いドライバーにとって難しいものです。

ただ、「どのような時にどのような方向性にコンディションが変化するのか?」あらかじめ知っておけば、ドライビングなりセッティングなり色々と対策を打てます。

それでは、実際にどのように変化するのか解説していきます。




路面コンディションが変わるとは?

路面コンディションが変わるとは?

多くのクルマが走ると路面コンディションは変化していく

 路面コンディションが変わるという表現は、プロのレーシングドライバーたちのコメントでよく聞く内容です。

国内最高峰のスーパーGTでは、「自分のタイヤに付いたタイヤカスが取れない」と言ったコメントが多く放送されていますよね。

タイヤカスが自分のタイヤに付いてしまうと本来のグリップを発揮出来ずタイムが大きく落ちます。

僕自身も、ロングランの練習走行でタイヤカスが取れなくなり、突然グリップを失ったこともありました。

また、多くのレーシングカーが走ると、タイヤラバーが徐々に路面に載っていき、コース上の走行ラインを歩くと「ペタペタ」と靴が張り付くくらいゴムが載っています。

このように、同じサーキットでも走行台数や走る時間帯によって、路面の状況は刻一刻と変わるため、どんな変化にも器用に対応出来るドライバーはレースでも好成績を収めます。

 

どんな変化が起きるのか?

では実際に、「路面コンディションの変化とはどういうものなのか?」解説していきます。

 

タイヤラバーが載った路面

タイヤラバーが載った路面

タイヤラバーが載った路面はズバリ、【走りにくい】のが特徴です。

一般的には路面にタイヤラバーが載っているとグリップが上がってタイムアップすると思われていますが、それは半分正解で半分不正解です。

ステアリングの切り込みに対してリアタイヤが路面に張り付いて曲がらないアンダーステアを感じたり、ステアリングの切り込みにフロントタイヤが反応しないアンダーステアを感じたり、と基本的にクルマは曲がらない方向性に変化します。

さらに、「どのカテゴリーのタイヤラバーが多く載っているか?」によって、自分が使っているタイヤとの相性で、強く影響を受けるものや、あまり影響を受けないものがあり、レースウィーク中は各チーム・ドライバーたちの頭を悩ませます。

 

タイヤカスが多い路面

タイヤカスが多い路面

タイヤカスについてはスーパーGTの番組などでよく聞く内容ですよね。

タイヤから剥がれたゴムが、大きな消しゴムのカスのようになって走行ラインから外れたところに溜まっていきます。

本当に消しゴムのカスが黒く大きくなったようです。

走行中にタイヤカスの多い路面を走ると、タイヤカスが自分のタイヤにくっついてしまい、タイヤの接地面が減ってしまいグリップが著しく減少します。

「タイヤカスの上をなるべく走らないようにする」

これは、ドライバーにとって当たり前のことです。

そして、走行ライン上を走っていてもタイヤカスが付いてしまうことはあります。

タイヤカスが付いたタイヤ

タイヤカスが付いたタイヤ

付いてしまったタイヤカスを剥がすためには、速く走る(グリップを使い切る)ことが重要です。

乗っているカテゴリーにもよりますが、ピットインする前にゆっくり走ると半周ほどでタイヤカスがこびりつきます。

レーシングスピードで走行中であっても同じで、グリップの限界までタイヤを使い切れないことでタイヤカスは溜まっていきます。

結果的には、グリップを使い切れていないことが原因でタイヤカスが取れなくなるので、「タイヤカスが取れない」と問題が起きたら、「グリップを使い切るためにはどうしたら良いか?」を考えてみると答えが見えてきます。

 

路面コンディションの変化に対応するには?

路面コンディションの変化に対応するには?

ローカルレースも走行ライン上にタイヤラバーの艶が出来上がる

このように路面コンディションの変化によってドライビングの難易度が上がるため、上手く対応出来るドライバーだけがタイムアップして、対応出来なかったドライバーはタイムダウンします。

また、新品タイヤを入れてタイムダウンするドライバーも割と多く、経験の浅い(まだ実力が備わっていない)人ほど悩みがちな課題ですが、経験豊富なドライバーであってもタイムダウンすることがあり、グリップレベルや路面コンディションの変化は本当に難しい領域です。

路面コンディションの変化は、ローカルレースでも同様に起きています。スーパーGTやF1ほどのタイヤラバーやタイヤカスはないものの、路面にタイヤラバーの艶が出てきたり、小さなタイヤカスが溜まったりと、変化が起きます。

僕自身レースキャリア5年と、経験豊富なわけでも経験が浅いわけでもない微妙な経験年数ですが、コンディションの変化によってタイムダウンすることは今もあり「まだまだだな」と痛感させられるのが現状ですが、路面コンディションの変化に対処するためには、

  • 路面コンディションの変化を予測して上手く対応する手段を持っておく
  • タイヤのグリップを限界まで使い切ってタイヤカスが付かないように走る

ことが重要です。

まずは、路面コンディションの変化を予測出来ていれば、「〇〇な路面のドライビングはこうする」「●●な路面ではこうする」と冷静に対処出来ます。

僕は今まで、

  • 全日本F3路面
  • 灼熱のレース路面
  • ラジアルタイヤのタイヤカスだらけの路面

などを経験してきました。もちろん全日本カート選手権でのスペシャルタイヤ路面やFIA-F4が大量に走った路面も経験してきましたが、最も難しかったのはラジアルタイヤのタイヤカスだらけの路面です。

スーパーFJのレースと同時開催されるローカルレースでは、ほとんどのカテゴリーでラジアルタイヤを使用します。

そこをスーパーFJのスリックタイヤで走ると、とにかく滑って曲がらなくなるのです。

路面コンディションの変化に対して、具体的にどのように予測してドライビングすれば良いのか?

今回はドライビングの変化について、キクブログnextに移動して解説します。

続きは…

【万能ドラテク】いつでも使える!路面コンディションの変化に対処できる走り方(スーパーFJ編)→https://note.com/race_hirokikuchi/n/nd87bc77b5ac6

 

写真提供:1honechan 様、飯田 様

 

スポンサーのお願い

このサイトの運営者である、レーシングドライバー菊池宥孝はレース活動をサポートして頂けるスポンサー様を必要としています。

まずは、僕の人間性を知って頂きたいので、直接お会いしたり、お電話したりしましょう。

僕自身から提供出来るものは、企業様のPR活動を始め、節税対策などにも協力します。

詳しくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です