初心忘るべからず

サーキット走行でライン取りが変わるのは何故なのか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは!レーシングドライバー兼レーシングブロガー?の菊池宥孝です。 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 ’15’16:ローカルカートレース ’17:全日本カート選手権FS-125クラス ’18’19:スーパーFJで四輪デビュー ’20:FIA-F4【ATEAM Buzz Racing #32】 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 それと、レーシングカート入門書も出版しました! 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさんこんにちは!レーシングドライバー菊池宥孝です。

サーキット走行の基本と言えば、アウトインアウトですよね?

アウトインアウトのラインで走ることによって、ボトムスピード(旋回速度)が上がって、1周を速いタイムで走ることが出来ます。

「言われなくても分かっているよ」といった声が聞こえてきますが、コーナーによってはアウトインミドルだったり、ミドルインアウトだったりと変わってくることがあります。

例えば、筑波サーキットの1コーナーはミドルインアウトで走っている人が多いですよね?

なぜこのようにライン取りは変わってくるのか?

  • コーナーの形状
  • ラインの組み立て方
  • 路面状況

など、いろいろな要素によってライン取りは変わります。今回は、この【ライン取り】について解説します。




アウトインアウトのライン取りにも違いがある

アウトインアウトのライン取り

説明不要だと思いますが、サーキット走行の基本ラインはアウトインアウトです。

一つのコーナーのRを最も大きく取ることが出来るこのラインは、ボトムスピードを速くすることが出来るためサーキット走行の基本と言える走らせ方です。実際にほとんどのコーナーは、アウトインアウトのラインで走ります。

ただし、同じアウトインアウトの中でもドライバーによって、少しずつライン取りや走らせ方などが違ってくるので、レースマニアや実際にレースに出ている人は、これらの小さな変化に気づくと面白さが倍増します。

小回りで最短距離を走るドライバーから、ワイドなラインでボトムスピードを優先するドライバーまで、十人十色の走らせ方が見れるでしょう。

特に同じ車種で競われるワンメイクレースなどは、このような違いを楽しめます。FIA-F4やスーパーFJ、86/BRZレース、ヴィッツレース、ポルシェカレラカップなど、国内でも多くの台数が参加するレースが開催されているので、観たことのないレースがある人は一度観戦してみるとハマってしまうかもしれませんね。

ワンメイクレースは見れば見るほど面白いです!

 

アウトインミドルのラインとは?

アウトインミドルのラインとは?

出典元:http://www.okayama-international-circuit.jp/index.html

アウトインミドルのラインは、次のコーナーまでが短かったり、S字1個目などのコーナー出口でアウト側に行くことによるデメリットがある場合に取るラインです。

僕が2018.19年に走り込んだ岡山国際サーキットの後半セクションは、アウトインミドルのラインを取るコーナーが2つありました。どちらも次のコーナーまでの距離が短いコーナーです。

他にもアウト側の路面状況が悪いなど、コンディションの変化によってライン取りが変わることもあり、レースが進むにつれて各ドライバーがどのような走らせ方をしているのか?を観るのも面白いですね。

 

ミドルインアウトのライン取りとは?

ミドルインアウトのライン取りとは?

出典元:https://www.tsukuba-circuit.jp/guide/img/cource-spec_01.svg

ミドルラインで進入するコーナーはあまりありませんが、つくばサーキットの1コーナーはミドルインアウトの代表例ではないでしょうか?

ただ、上手い人たちのラインはミドルインアウトに見えるアウトインアウトです。反対に、タイムがあと一歩伸び悩んでいるように見える人は、真面目にミドルインアウトのライン取りをしています。

今まで真面目にミドルインアウトのライン取りをして伸び悩んでいた人は、この視点を持ってみるのをオススメします。

 

なぜコーナーによってライン取りは変わるのか?

なぜコーナーによってライン取りは変わるのか?

ここまで、アウトインアウト・アウトインミドル・ミドルインアウトのライン取りについて解説してきました。

正直、当たり前のことですので知っている人は知っているのでしょうが、馬鹿正直にこのライン取りをしたから速く走れるわけではありません。

アウトインアウト・アウトインミドル・ミドルインアウトの中でも、さらに細かい微妙なライン取りの変化や優先するものの違いでタイム差が表れます。

冒頭で僕が言った、

  • 同じアウトインアウトの中でもドライバーによって、少しずつライン取りや走らせ方などが違ってくること。
  • 小回りで最短距離を走るドライバーから、ワイドなラインでボトムスピードを優先するドライバーまで、十人十色の走らせ方があること。

が分からなければ、タイムを出すことは出来ません。筑波サーキットの1コーナーは、普通のアウトインアウトであるのも同様です。

このアウトインアウトの微妙な違いのテクニックを、キクブログnextの方で解説しています。下の「続きは…」のリンクからよかったら見てみてください。ではまた!

▶続きは…
【すぐに実践!】5つのライン取りを使い分けよう→
https://note.com/race_hirokikuchi/n/n71e1bc4e6eac

 

スポンサーのお願い

このサイトの運営者である、レーシングドライバー菊池宥孝はレース活動をサポートして頂けるスポンサー様を必要としています。

まずは、僕の人間性を知って頂きたいので、直接お会いしたり、お電話したりしましょう。

僕自身から提供出来るものは、企業様のPR活動を始め、節税対策などにも協力します。

詳しくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは!レーシングドライバー兼レーシングブロガー?の菊池宥孝です。 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 ’15’16:ローカルカートレース ’17:全日本カート選手権FS-125クラス ’18’19:スーパーFJで四輪デビュー ’20:FIA-F4【ATEAM Buzz Racing #32】 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 それと、レーシングカート入門書も出版しました! 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です