初心忘るべからず

F1バーレーンGPのコース情報を解説します

 
バーレーンGPのコース情報
この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさんこんにちは。レーシングドライバー菊池宥孝です。

今回はF1バーレーンGPが開催される「バーレーンインターナショナルサーキット」のコース情報を詳しく解説していきます。

このバーレーンGPは、夕方~夜にかけてレースが開催される「トワイライトレース」です。しかし、フリー走行で夕方に走行出来るのは1セッションのみとなっており、予選・決勝が開催される時間帯にセッティングを合わせるのが非常に難しいサーキットとなっています。

日が沈んだバーレーンGPでは、チタンプレートが採用されたF1が火花を散らしながら走る様子をより一層鮮明に見ることが出来るため、迫力があります。特に、ストレートエンドのブレーキングポイントや高速コーナーではダウンフォースによって地面に車が押し付けられるためかなりの火花が散ります。他にも、1コーナーブレーキングポイントのイン側は路面がバンピーでオーバーテイクした際にかなりの火花が飛び散るためカメラマンにも人気のスポットです。

F1に全く詳しくない方でも火花を散らしながら走っているのを見ると「めっちゃ火花出てるじゃん!!」とそこだけを楽しみに見入る方もいました(笑)

では早速バーレーンGPについて解説していきます。



バーレーンインターナショナルサーキットってどんなコース?

バーレーンインターナショナルサーキットってどんなサーキット?

出典元:F1 2018

バーレーンGPの舞台となる「バーレーンインターナショナルサーキット」は基本的にはストップ&ゴーのレイアウトとなっています。

長い直線が4本あり、それを繋ぐのが低速コーナーです。高速コーナーは、5コーナー・6コーナー・7コーナー・12コーナーです。

リアタイヤに負荷がかかりやすいサーキットで、リアタイヤのマネージメントがレースを戦い抜くうえで大切な要素になります。レースでは2ストップ作戦が主流です。

開幕戦のオーストラリアGPもストップ&ゴーのレイアウトですが、バーレーンとの違いはターンアングルです。オーストラリアの「アルバートパークサーキット」は、90°コーナーのようなターンアングルの小さいコーナーが中心となっていますが、「バーレーンインターナショナルサーキット」は、150°くらいのターンアングルの大きなコーナーが中心となりますので、同じストップ&ゴーのレイアウトだからといって、戦闘力の高い車がオーストラリアGPとバーレーンGPで同じになる可能性は低いでしょう。

この2つのサーキットは違う種類のコースであると考えて良さそうです。

コース周辺の砂は飛びにくいように作られているものの、根本的に砂漠のど真ん中に作られたサーキットであるためラインを外すと砂が舞うので、砂対策も重要な作業になるでしょう。

バーレーンGPのランオフエリアはとても広いため、マシントラブルやミスが起きても大クラッシュには繋がりにくく、ブレーキングの限界を知るのも他のサーキットに比べて簡単です。開幕戦が開催されるオーストラリアGPよりも癖が無いサーキットでF2も開催されるコースでもあるため、経験の浅いルーキーでも結果を出しやすいサーキットと言えます。

 

オーバーテイクポイント

オーバーテイクポイント

出典元:F1 2018

通常F1では、前を走る車に近づくとダウンフォースが失われるためレースになると、なかなかオーバーテイク出来ないといった現象が起こります。しかしバーレーンインターナショナルサーキットは、ストップ&ゴーのレイアウトで、ダウンフォースの影響を受けにくい低中速コーナーの後に長いストレートがあるため、オーバーテイクが比較的容易で多くのバトルシーンを観ることが出来ます。

バーレーンGPコース図

出典元:F1 2018 バーレーンGPコース図

個人的には、1コーナー・4コーナー・11コーナーはレース中にオーバーテイクしやすいコーナーになります。

接戦や混戦の時には、8コーナー・10コーナー・13コーナー・14コーナーでも頻繁にオーバーテイクが観られますので、そこもチェックしておくべきでしょう。

 

F12018で走ってみた

というわけで実際に走ってみました! ※ゲームで

真っすぐ止めたり、真っすぐ加速したり出来るところが少なく難しいです。動画の内容と被りますが、各コーナーごとにポイントをまとめました。

  • 1.2.3コーナー
1.2.3コーナー

出典元:F1 2018

1コーナーは小さく旋回して2.3コーナーで早くアクセル全開にしたい。

  • 4コーナー
4コーナー

出典元:F1 2018

切り遅れないように進入。最後の3速のシフトダウンでさらに向きを変える。

  • 8コーナー
8コーナー

出典元:F1 2018

突っ込みすぎないように立ち上がり重視で。

  • 9.10コーナー
9.10コーナー

出典元:F1 2018

ハードブレーキングはフロントタイヤがロックするため、80%くらいのブレーキング。ブレーキだけでは曲がりにくいのでシフトダウンで向きを変える。

立ち上がりの縁石に乗るとトラクションがかからないので乗らない。

  • 13コーナー
13コーナー

出典元:F12018

切り遅れないように浅めにターンイン。3速のシフトダウンでさらに向きを変える。

  • 14.15コーナー(最終コーナー)
14.15コーナー

出典元:F12018

立ち上がりの縁石に乗りすぎてバランスを乱さないように。

 

シンプルに見えて奥が深いコース

シンプルに見えて奥が深いコース

出典元:F1 2018

実際に走ってみて最初の第一印象は、「繊細なアクセルワークが必要だな」と感じました。ステアリング舵角が残ったまま立ち上がるコーナーが多いため、かなり慎重にアクセル操作をしないとリアタイヤが空転して大幅にロスしてしまい、コーナーとコーナーの間も短く、1つのコーナーで操作が遅れると次のコーナーでツケが回ってきます。

ブレーキングでも真っすぐ踏めないコーナーが多く、弱いブレーキで向きを変えなければならないため、シフトダウンを利用して曲げる必要があります。しかし、もっと高いギアで向きを変えられれば、さらにタイムアップする可能性があるので必ずしもこの走りが良いわけではありません。

個人的には、開幕戦オーストラリアのアルバートパークサーキットではシフトダウンを利用して曲げるコーナーはほとんどなかったため、「同じストップ&ゴーのレイアウトでも全然違うなあ」と身をもって感じました。

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

この記事がF1バーレーンGPの楽しみ方を増やすきっかけになれたら嬉しいです。

スポンサーのお願い

このサイトの運営者である、レーシングドライバー菊池宥孝はレース活動をサポートして頂けるスポンサー様を必要としています。

まずは、僕の人間性を知って頂きたいので、直接お会いしたり、お電話したりしましょう。

僕自身から提供出来るものは、企業様のPR活動を始め、節税対策などにも協力します。

詳しくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です