初心忘るべからず

【FIAF3から学ぶ】初優勝した角田裕毅のレーステクニック

 
この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

皆さんこんにちは!レーシングドライバー菊池宥孝です。FIA-F3イタリアGP(モンツァ)は皆さんご覧になったでしょうか?

日本人ドライバー角田裕毅選手が初優勝を成し遂げました。

レインコンディションから徐々に乾いてくる難しいコンディションに上手く対応した優勝です。

強豪チームとは言えないチームで、シーズン序盤は特に予選の速さやセッティングに課題を抱えていると話していましたが、シーズン後半になって予選で速さを発揮し始め、ベルギーGPでは2位表彰台に立ちました。

そして今回、イタリアGPでは、レース1で3位、レース2で優勝と言う結果です。2019年のFIA-F3選手権の中で、最も成長を感じるドライバーだと評価を受けてもおかしくない後半戦の成績ですね。

彼の凄いところは、ドライビングのみならず良いデータが少ないチームのマシン開発にも貢献していると言うこと。

通常、このような若手が競い合うカテゴリーでは強豪チームに入らなければ優勝出来ないと言う、ある意味チーム力勝負のような現象が起きています。

例えば、今年のFIA-F3選手権をリードした上位勢は、プレマパワーと言う強豪チームのドライバーばかりです。

プレマパワーはFIA-F3新規参入チームですが、2016年はピエールガスリーがGP2チャンピオン、2017年はシャルル・ルクレールがFIA-F2チャンピオンを獲得している強豪チームです。

もちろんドライバー力が高いとも言えますが、他カテゴリーであっても歴代の速いドライバーたちの蓄積されたデータと経験を持っているチームは、新規参入カテゴリーでも高い確率で速いマシンを作り上げることが出来ます。

下位カテゴリーの若手は、1年で好成績を収めて次のステップへ移りたいと考えるため、強豪チームは誰もが狙いに行くシートです。

なので角田裕毅選手が、イェンツァーモータースポーツから今シーズンの参戦を発表したのは個人的に大きな驚きでした。

結果的に、セットアップの方向性が見えてきて成績も向上していることから、角田裕毅選手とチームの努力によって今回の優勝も勝ち取ったと言えます。

今回は、FIA-F3イタリアGPの角田裕毅選手のドライビングから、僕たちが学ぶべきドライビングテクニックについて紹介していきたいと思います。




性格悪そうなバトル強さ

性格悪そうなバトル強さ

出典元:FORMULA 1

まずはなんといっても、角田選手のバトル強さです。

彼はバトル時に、ルールの範囲内で他の海外のドライバーよりも厳しいラインで幅寄せをしていました。

さらに、誰よりも深いブレーキングが出来ており、強さと同時に上手さも際立ったバトルだったと思います。

僕は、相手選手に「ぶつかるんじゃないか?」と思わせるようなギリギリの駆け引きを”良い意味”で、「性格悪そうなバトルだな」と感じました。

これは、最近のフェラーリのルクレールにも共通していることなのですが、バトルで駆け引きをしている相手に、「コイツは安全な奴だ」と思われたら無理なオーバーテイクを許しやすくなります。

個人的には、ルクレールがイタリアGPで取ったバトルは、ハミルトンの行き場を無くしていたので、ペナルティに相当すると思いましたが、危険なブロックをしてでも1位を死守したことで、これから先、他のドライバーたちは警戒せざるを得なくなりました。

僕は、「速くて危なくてリタイアしないヤツ」が最強だと考えています。最も大切なのはリタイアせずにポイントを稼ぐことですが、ナメられてはいけません。

チャンピオンシップ上位を争うならなおさらです。

もちろんルールの範囲内で安全に配慮したバトルが前提になります。後方を走っているドライバーがそんな危険なバトルをしても、ただの「遅くて危ないヤツ」になってしまいますよね?

もし接触してリタイアしたら、上達する貴重なチャンスすら無くなってしまうので後方を走っているドライバーは、「速くなるためにどうしたら良いか?」を第1に考えるべきです。

なので、速さを手に入れてから、ナメられないバトル展開を学んでいくのが最も効率が良い学習手順になります。

 

海外ドライバーに勝るブレーキングテクニック

海外ドライバーに勝るブレーキングテクニック

角田選手は、長いホームストレートの後の1コーナーでのブレーキングをオーバーテイクポイントに絞っていました。

このレース全体のドライバーの中でも、1コーナーで角田選手のブレーキングに勝るドライバーはいなかったように見受けられます。

そして僕が特に注目したのは、ブレーキング時のライン。イン側のラインからアウト側にかけて移動しながらブレーキングしていました。

これは、水が少ないラインを選択しようとして選んだラインだと思われます。

オーバーテイク時にも同じラインでイン側から差すのですが、その場合は相手へのスペースの残し方が絶妙に厳しいラインになりました。角田選手のオーバーテイクは、

  1. 相手がアウト側で粘った場合ギリギリ白線の上を少し超えるくらいまで相手のラインを潰す
  2. 相手もリタイアしたくは無いのでギリギリの所で躊躇する
  3. その結果、相手にかぶせられることもなくクロスラインをかけられることもない完璧なオーバーテイクが出来る

という攻防が何度か展開されました。

角田選手のバトルは海外ドライバー以上にギリギリの攻防で仕掛けています。前回のベルギーGPでも、ストレートでギリギリのライン取りをして、相手を抑え込んでいます。

無線で相手は角田選手の動きを批判していましたが、ペナルティは出されませんでした。そのギリギリを付くのが非常に上手いドライバーです。

相手からすると厄介なドライバーですね。

 

落ち着き過ぎなレース展開

落ち着き過ぎなレース展開

早い段階で2番手に浮上した角田選手ですが、その時点ではトップのドライバーはかなり良いペースで走行していて、じわじわと離されていき、最大3秒程度まで引き離される展開でした。

しかし、ペースの良かった1位のドライバーは乾きつつある路面には少々オーバーペースだったようで、レース後半に入るとみるみるペースダウンし、角田選手が優位な状況でレース後半のバトルに持ち込むことが出来ました。1位のドライバーも駆け引きが上手くハイレベルなバトルを見せましたが、さすがにタイヤが厳しそうで角田選手にオーバーテイクを許しました。

角田選手は、序盤に引き離された時も落ち着いており、レース後半でもタイヤが残るように注意しながら走行していたと考えられます。

もし、自分が同じような状況だったらどうでしょうか?

大半の人は、トップを追おうとするあまり、オーバーペースになってしまうことでしょう。

僕もそうなってしまうと思います。

FIA-F3の初優勝がかかった場面で、レース終盤を見据えたペースコントロールは見事だっとしか言いようがありません。

 

完璧な駆け引きをしたドライバーがいた

完璧な駆け引きをしたドライバーがいた

出典元:FORMULA 1

角田選手のレース運びは素晴らしいものでした。

もう1人、個人的に素晴らしいバトルをしたドライバーがいます。僕は、「やっぱ海外で戦ってきたドライバーは違うな」と思いました。

そのバトルは、僕たちが出ているような四輪レースや、レーシングカートレースでも応用が効くテクニックだったので、キクブログnextで解説していきます。

今回のレースのようにレインタイヤで走行するドライ路面では、グリップが低くドライバーのミスが分かりやすい挙動を示すため、ドライビングテクニックを学ぶためには格好の教材となります。

バトルテクニック以外にも、”あるドライバー”が優れていた四輪を上手く走らせるためのドライビングテクニックなども解説しているので、気になる人は続きをご覧ください。

◆続きはこちら→https://note.mu/race_hirokikuchi/n/naa66f0002cc7

 

スポンサーのお願い

このサイトの運営者である、レーシングドライバー菊池宥孝はレース活動をサポートして頂けるスポンサー様を必要としています。

まずは、僕の人間性を知って頂きたいので、直接お会いしたり、お電話したりしましょう。

僕自身から提供出来るものは、企業様のPR活動を始め、節税対策などにも協力します。

詳しくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です