初心忘るべからず

【2020年版】3種類のノイズボックスの特徴を理解して新レギュレーションに対応する【レーシングカート】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさんこんにちは!レーシングドライバー菊池宥孝です。

2020年4月から適用される、SLカートレースの新レギュレーションによってKT100エンジンのノイズボックスがYAMAHA純正品以外、使用不可能になることをご存知の方は多いと思います。

これまで国内の多くのサーキットでは、「お弁当箱」や「ウーパー」と呼ばれるCIK公認のノイズボックスが主流でしたが、2020年4月からは、これらが使用不可能になります。

僕が現役でYAMAHA-SSクラスに出場していた頃は、サーキット秋ヶ瀬では「YAMAHA純正ノイズボックス」、榛名モータースポーツランドやツインリンクもてぎ北ショートなどの中高速サーキットでは「お弁当箱」を使用していました。

もし僕が、レーシングカート初心者の頃にレギュレーションが変わってしまっていたら、キャブセットから、ギアとジャバラの組み合わせまで、全てが1からの再スタートになってしまうこの状況に対応出来なかった可能性が高いです。

しかし、一見難しそうなノイズボックスの違いも、仕組みを知っていればレギュレーション変更による対策も簡単になります。

今回は、みなさんが2020年の新レギュレーションに上手く対応出来るように、代表的な3種類のノイズボックスの特徴を解説します。

◆レースを深く知る記事はこちら→https://note.com/race_hirokikuchi/m/m0b1a7a2a8f6a

ズバリ!3種類のノイズボックスの特徴

お弁当箱(KG)

お弁当箱(KG)

一般的には、「お弁当箱」で馴染みのあるKGのノイズボックスです。

このノイズボックスの特徴は、

  • 低速トルクが太い

ことです。

実際に使ってみると、コーナーの立ち上がり2~3秒のトルクが太く、みるみる加速するように感じます。

僕は、ほとんどのレースで「お弁当箱」を使用していた、お弁当箱のヘビーユーザーです。

 

ウーパー(RR ASR)

ウーパー(RR ASR)

一般的には、「ウーパー」と呼ばれる、RRのノイズボックスです。

このノイズボックスの特徴は、

  • 中速のトルクが太い

ことです。

コーナーの立ち上がり2~3秒後にトルクが太くなり始め、それなりにストレートエンドまでパワーが維持出来ます。

ほとんどのドライバーは、中・高速サーキットでのノイズボックスの選択肢を「お弁当箱」か「ウーパー」のどちらかで戦います。

 

YAMAHA純正

YAMAHA純正ノイズボックス

YAMAHA純正のノイズボックスです。

このノイズボックスの特徴は、

  • 高速の伸びが良い

ことです。

低・中速のトルク感は劣りますが、ストレートエンドまでの伸びが良いのが特徴です。

僕は、低速サーキットであるサーキット秋ヶ瀬で、「YAMAHA純正ノイズボックス」を使用していました。

 

エンジンに入る空気が違う

エンジンに入る空気が違う

今回紹介したノイズボックス以外にも、何種類か様々な形のものがあります。

これらの違いは、ノイズボックスが吸い込む空気の量とタイミングによるものです。

例えば「お弁当箱」の場合、アクセルの踏み初めに入る空気の量が多いため低速トルクは太くなりますが、高速域になると入ってくる空気の量が少なくなるため高速域の伸びが悪く感じます。

反対に、「YAMAHA純正ノイズボックス」の場合、アクセルの踏み初めに入る空気の量が少ないため低速トルクは細くなりますが、高速域になると入ってくる空気の量が多くなるため高速域の伸びが良くなるわけです。

これらのポイントを押さえて、「YAMAHA純正ノイズボックス」しか使用出来なくなる新レギュレーションにも上手く対応していきましょう。

とは言うものの、「実際に今までのノイズボックスからどのような方向性に変えていけば良いのか分からない」という人は多いです。

そこで今回は、ノイズボックスの新レギュレーションに対応するためのエンジン回りのセッティングについてキクブログnextの方で解説しました。気になる人は見てみてください。

◆続きは…
【レーシングカート】ノイズボックスの新レギュレーションに対応するセッティング→https://note.com/race_hirokikuchi/n/n037902b19736

目次紹介

  • エンジン回りのセッティングで意識すべきポイント
  • ギアセッティングはどうなる?
  • ジャバラセッティングはどうなる?
  • オイル混合比は変わるの?
  • 絶対に忘れないで欲しいポイント

写真提供:FUKAYA 様、榛名モータースポーツランド 様、久家 様

スポンサーのお願い

このサイトの運営者である、レーシングドライバー菊池宥孝はレース活動をサポートして頂けるスポンサー様を必要としています。

まずは、僕の人間性を知って頂きたいので、直接お会いしたり、お電話したりしましょう。

僕自身から提供出来るものは、企業様のPR活動を始め、節税対策などにも協力します。

詳しくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です