初心忘るべからず

2018 スーパーFJ 岡山国際サーキットシリーズ 第2戦 レースレポート

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
みなさんこんにちは!レーシングドライバーの菊池宥孝です。僕のレース活動をサポートするメジャーCB株式会社の代表取締役でもあります。 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 ’15’16:ローカルカートレース ’17:全日本カート選手権FS-125クラス ’18’19:スーパーFJで四輪デビュー ’20:FIA-F4【ATEAM Buzz Racing #32】 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 それと、レーシングカート入門書も出版しました! 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

2018.4.22.岡山国際サーキットで行われました、「岡山チャレンジカップ第2戦」に出場してきました!

・予選

4位 Best time 1’39.759秒(+1.095) *4輪脱輪ペナルティで1st.2ndベスト抹消

コースコンディションはドライ。
6台での予選でした。少し気温が低かったので全周回を全開で走りました。
予選なのでレースではありませんでしたが、序盤のタイムが全く出なくて後ろからすぐに追いつかれました。5周目以降は予定通りにタイムは上がっていき、ラスト1周では今持っている力は出し切ったと思える走りでした。
しかし、ラスト2周リボルバコーナー出口でギリギリ4輪脱輪してしまったため、その2周はタイム抹消となってしまいました。乗ってる感覚ではタイヤ半分は残してたつもりでしたが認識が甘かったです。

前日の練習の反省からフロント荷重を乗せすぎないように走りを変えましたが、再現レベルが低く改善できませんでした。

 

予選オンボード動画

 

・決勝

3位 Best time 1’40.376秒(+0.832)

コースコンディションはドライ。
スタートが上手く決まって前の2台を抜けると思い、2台の間を通過しようと考えました。しかし、予想よりスピードが伸びなくて閉められてしまいました。次にインを狙いましたが、力みすぎてしまいシフトミス。1コーナー出口までギアが入れられず、出遅れました。その間にアウト側で2台がクラッシュしたため、自分のミスは運良く帳消しにされ3位に上がりました。
しかし、予選で心配された序盤のペースは決勝でも改善されず、早い段階から離されてしまいました。そのまま、単独走行で3位フィニッシュとなりました。

予選以上に、フロント荷重が早く抜けるように意識して走りました。タイム差は縮まりましたが、まだまだトップとのタイム差があります。力む場面が多く、シフトミスも何回か出てしまいました。

 

決勝オープニングラップ動画

 

・レース総括

練習からのタイム差がそのまま出たレースでした。ロガー解析では1位のチームメイトとほぼ同じところに来ていますが、ロガーでは解析しきれない何かがあるからこその大きなタイム差だと思います。オンボード映像では、少しの違いがありました。次回のトレーニングで試します。
まだ、他にも改善点はあるはずですのでしっかり振り返ります。次戦は7月28日で、全日本F3 との併催となります。応援よろしくお願いします‼

よろしければご覧ください

このサイトの運営者であるレーシングドライバー菊池宥孝は、レース活動を支援してくださるスポンサー様を探しております。

私からは、

  • 一緒にレースに参加するプラン
  • 一緒にイベントを開催するプラン

等をご提案させていただいております。

私の現状は、2021年もFIA-F4選手権の参戦に向けて準備を進めておりますが、予算が底をついている状況です。

そこで、スポンサー様にとっての負担と、私のレース活動を通した仕事の幅を広げるために、レーシングドライバー活動をするための会社を設立しました。

詳しくは、【2021年度のレース参戦企画書】【会社概要】をご覧いただけると嬉しいです。

「スポンサー様と一緒に楽しむ」をテーマにしております。よろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
みなさんこんにちは!レーシングドライバーの菊池宥孝です。僕のレース活動をサポートするメジャーCB株式会社の代表取締役でもあります。 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 ’15’16:ローカルカートレース ’17:全日本カート選手権FS-125クラス ’18’19:スーパーFJで四輪デビュー ’20:FIA-F4【ATEAM Buzz Racing #32】 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 それと、レーシングカート入門書も出版しました! 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です