初心忘るべからず

【不完全燃焼】2018.12.2.スーパーFJ 岡山国際サーキットシリーズ 第6戦 レースレポート

 
この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

2018.12.2.岡山国際サーキットで開催された、「スーパーFJ 岡山チャレンジカップ 第6戦」に参戦してきました!

レースウィークはタイムが遅かったのですが焦らずに、自分の走りの課題克服に取り組みレースを迎えました。

 

予選

1位 Best time 1’39.174(-0.288)

午前8時40分予選開始。コースコンディションはドライ。まだ路面温度は低く、朝陽が昇りきっていない日影が多い予選でした。

タイヤを発熱させるために、いきなり全開でアタックする車が多い中、僕は後方からスタートし、前車との間隔を大きく開けて最初の2周はタイヤを温めることに専念しました。

3周目からアタックラップ開始。前日練習で、なんとなく分かってきたことを形にしようと思って走りました。

個人的には、それほどうまく走れた気はせず、セットが決まった感じも無かったものの、自己ベストを大きく更新するタイムで前車との差もかなり縮まっていたので、この走り方で良いのかと思って走りました。

改善点

最終コーナーでリアを流しすぎてしまってロスしている周回が多かったです。

予選ベストラップオンボード動画

 

決勝

2位 Best time 1’39.495(+0.517)

午前11時43分スタート。コースコンディションはドライ。

スタートは若干ホイールスピンをしたため、2番手にインを取られそうになるも、ラインを塞ぎ切り抜けました。

しかし、アトウッドコーナーで少し向きを変えすぎてリアが流れ出してしまったのを抑えることが出来ず、バックストレートで並ばれて抜かれます。

抜かれた後は離されずに追いかけていたものの、パイパーコーナー入り口の縁石で3速が抜けてしまい離されてしまいました。

その後、同じ場所でギアが抜けたり、シフトダウンで入りにくくなったりという症状が出てしまい、精神的に良くない方向に行ってしまい、タイムが伸ばせず2位でフィニッシュしました。

改善点

3速が1回目に抜けた時点で、翌周以降はその縁石に乗らないという選択肢を取る発想が出せませんでした。

また、必要以上にミッションに気を取られてしまい、走りに集中出来ずにタイムを落としてしまいました。

決勝レースハイライト動画

 

総括

今回、岡山国際サーキットを走行するのは、8月に行われたサマーフェスティバル以来でした。

金曜日は、サマーフェスティバルの時以下の走りのレベルでタイムも遅かったです。しかし、もてぎのレースからの課題が分かっていたので焦ることなく克服に取り組み、レース前最後の走行枠で車の動かし方(特にリアの動かし方)で少しづつ良いポイントが分かってきました。そのため、走らせ方の方向性が分かってきた状態でレースを迎えられたことが初めてのポールポジション獲得に繋がったのだと思います。

レースに関しては、マシントラブル以上に精神的な弱さが2位という結果になってしまったのだと思います。

今回応援してくださった皆様、ありがとうございました。

次戦は、12月16日ツインリンクもてぎで開催される「日本一決定戦」に出場します。応援よろしくお願いします!

スポンサーのお願い

このサイトの運営者である、レーシングドライバー菊池宥孝はレース活動をサポートして頂けるスポンサー様を必要としています。

まずは、僕の人間性を知って頂きたいので、直接お会いしたり、お電話したりしましょう。

僕自身から提供出来るものは、企業様のPR活動を始め、節税対策などにも協力します。

詳しくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です