初心忘るべからず

レーシングドライバーの年収と収入源は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさんこんにちは。レーシングドライバー菊池宥孝です。

現在僕は、プロを目指しているアマチュアレーシングドライバーの1人です。

今回のテーマは「年収」。プロのレーシングドライバーは数少ない限られた人しかなれません。例えば、世界最高峰であるF1ドライバーになれるのは世界で毎年20人だけ。国内最高峰であるスーパーGT500クラスに乗れるのは毎年30人のみになります。

F1ドライバーは超高級スーパーカーに乗っていたり、GTドライバーは高級車に乗っていたりと世間一般的にはレーシングドライバーは高額な年収を貰っていると認識されやすいのですが、実際のところ本当の高給取りは限られた一部のドライバーのみです。

そんな厳しい世界で活躍するレーシングドライバーの年収は一体いくらなのか?気になる方は多いと思います。

そこで今回は、レーシングドライバーの年収と収入源について説明していきたいと思います。




プロレーシングドライバーとしての年収

F1ドライバーの年収

F1ドライバーの年収

世界最高峰のF1ドライバー

まずは、F1ドライバーの年収を紹介します。2018年の上位トップ3人がこちら↓

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ) 約66億円
ルイス・ハミルトン(メルセデス 約55億円
キミ・ライコネン(フェラーリ 約44億円

下位3人はこちら↓

シャルル・ルクレール(ザウバー) 約1700万円
セルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ) 約1700万円
ブレンダン・ハートレー(トロ・ロッソ) 約4000万円

下位3人にランクインしたシャルル・ルクレールですが、彼は2019年からフェラーリに移籍します。順当にいけば近い将来トップクラスの年収を手にすることになるでしょう。年収最下位でもトップチームに移籍可能で夢のあるF1ですが、その年収はチームから支払われているものの、元を辿るとスポンサーマネーから支払われていることが多いです。スポンサーはドライバーがチームに持ち込んだり、チーム側が自ら獲得したりする場合があります。

最近は、チームに個人スポンサー(お金)を持ち込んでレースに出場しているペイドライバーが増えてきました。そして、そのお金の中から給料としてドライバーに支給されます。なので、「プロと呼べるか?」という点ではグレーゾーンですね。

ペイドライバーとは?

チームに個人スポンサー(お金)を持ち込んでシートを獲得したドライバーのことを「ペイドライバー」と呼びます。要するにお金を払って車に乗っている人です。カテゴリー問わずプロを目指してレースに出ているドライバーは皆、ペイドライバーだと見て良いでしょう。

F1でペイドライバーと呼ばれる人たちはF1のプロを目指しているからお金を払ってF1に乗っています。世界最高峰のF1でさえ、全員が完全なプロというわけではなく、ペイドライバーも混じっています。

ちなみにカテゴリーは違いますが、僕もお金を持ち込んで乗っているのでペイドライバーです。

 

スーパーGTドライバーの年収

スーパーGTのドライバー年収は?

出典元:スーパーGT公式サイト

国内最高峰のスーパーGTの場合はどうか?F1と違って公表していないのですが、GT500ドライバーのトップクラスが1億円。デビューしたての若者だと500万円ほどになるようです。GT500ドライバーの平均年収は約3000万円になります。

GT300クラスではほとんどのドライバーは年収を貰っていません。個人スポンサーの持ち込みや副業で得たお金をチームに持ち込んで乗っている、ペイドライバーがほとんどです。しかし、レースで腕を認められたドライバーは、良い条件で新契約を勝ち取ったり、レース以外の仕事を獲得出来る可能性があるため、自分の未来への投資としてレースに出場しています。

補足ですが、スーパーGTを華やかに彩るレースクイーンの方の中にはノーギャラで出演している方もいるようです。スーパーGTに出ることで人気が出たり、メディアに取り上げてもらって他の仕事に結びつけられたりするので、こちらも自分の未来への投資としてスーパーGTに出演しています。

レースクイーンの収入

出典元:スーパーGT公式サイト

 

アマチュアレーシングドライバーとしての年収

アマチュアレーシングドライバーの年収

プロを目指すアマチュアレーシングドライバー

僕のようにプロを目指している人や、趣味の一環としてレースに出場している人をアマチュアレーシングドライバーと言います。

アマチュアということは、レースで生活出来るほどの収入を得ることは出来ません。スポンサーの獲得や、他の仕事などによってお金を稼いでいます。

シートを獲得するために大金を支払い、クラッシュしたら全額自己負担しなければなりません。数百万円のクラッシュをしてしまう場合もありますが、レースに出場し続けます。

そのため、アマチュアレーシングドライバーを長く続けることはなかなか出来ません。

 

レーシングドライバー菊池実例

レーシングドライバー菊池宥孝

2018年の実例

僕の2018年のレーシングドライバーとしての収入は賞金約20万円とスポンサー収入約60万円です。

逆に、レーシングドライバーとしての支出は500万円くらいです。

大赤字ですね笑

プロのレーシングドライバーになりたいなら、この状態を数年間続ける覚悟が無ければいけません。

 

賞金では稼げません

レーサーは賞金では稼げません

先程の僕の実例でも紹介した通り、ほとんどのレースの賞金は良くて十数万円です。

各サーキットが主催するレースは、1位でも5〜10万円程度で、日本最高峰スーパーGTですらドライバーが受け取ることが出来る賞金は、1位でも30万円前後です。特別賞などもあるため、プラスαで受け取る可能性もありますが年間で8レースしか開催されないため、全て優勝したとしても240万円くらいになります。

ちなみに、チームとの契約によっては賞金が貰えない場合もあるようです。

 

レース以外の仕事

レース以外の仕事

出典元:スーパーGT公式サイト

ほとんどのレーシングドライバーが「賞金では稼げない」「サラリーマン並みの契約金」で夢が無いと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

日本を代表するレーシングドライバー、谷口信輝選手のレーシングスーツにはたくさんの個人スポンサーが入っていますし、最近では「ドライビングノート」というドライビングテクニックの本を出版し売れ行きも好調なので、さらに仕事も増えているのではないのでしょうか?

谷口信輝のドライビングノート

谷口信輝選手に限らず最近のレーシングドライバーは、ドライビングアドバイザーとしての収入が良いと聞きます。

僕はまだその立場ではないのですが、スーパーGTの著名なレーシングドライバーが、ポルシェなどを所有するお金持ちの方々のドライビングレッスンを1日担当すると数十万円の謝礼金が出ると聞きました。

これは売れっ子レーシングドライバーでなければ獲得出来ない仕事ですので、レーシングドライバーとして好成績を挙げる必要があります。また、ドライビングの先生であり、顧客に良いサービスを提供するという立場でもあるため、速さと同時に人間性も大切な要素になります。

ほかにも、GT500ドライバーの塚越広大選手は、カートコース「ラー飯能」のオーナーです。イベントがある日などは、自らコースに行って仕事をしています。

「塚越広大レーシングスクール」を開催するなど、精力的に活動しています。

 

まとめ

レーシングドライバーの年収は?

出典元:スーパーGT公式サイト

レーシングドライバーの年収の収入源は、契約金やレース以外での仕事です。

レースで好成績を収める事が出来れば腕の良いレーシングドライバーだと認められ、良い条件でメーカーやレーシングチームと契約出来たり、ドライビングアドバイザーの依頼も来ます。スポンサーのPRを上手に出来るレーシングドライバーにはスポンサーも付きやすくなり収入も増えるでしょう。

というわけで、レースは自分をPRするための公の場であると考えた方がしっくりきますね。

レースによってお金を稼ぐのではなく、レースによって収入源を確保しているという認識でレーシングドライバーの立場になってレースを観てみると違う楽しさが見えてきますよ。

このサイトの運営者である、レーシングドライバー菊池宥孝はレース活動をサポートして頂けるスポンサー様を必要としています。

まずは、僕の人間性を知って頂きたいので、直接お会いしたり、お電話したりしましょう。自己紹介ページも見て頂けると嬉しいです。

僕自身から提供出来るものは、企業様のPR活動を始め、節税対策などにも協力します。

詳しくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

スポンサーのお願い

このサイトの運営者である、レーシングドライバー菊池宥孝はレース活動をサポートして頂けるスポンサー様を必要としています。

まずは、僕の人間性を知って頂きたいので、直接お会いしたり、お電話したりしましょう。

僕自身から提供出来るものは、企業様のPR活動を始め、節税対策などにも協力します。

詳しくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です