初心忘るべからず

レーシングドライバーになるには【現役レーサーが語る】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

皆さんこんにちは。レーシングドライバー菊池宥孝です。今回はレーシングドライバーになるには、どうしたら良いのかについてお伝えしていきたいと思います。

20歳からレーサーを目指すために大切な3つのポイントを動画で解説しました↑

つい最近、レーシングドライバーを目指そうかと考えている方からお問い合わせを受けました。

  • 練習頻度はどれくらいですか?
  • 今までお金はどれぐらい使いましたか?
  • スポンサーを集める方法は何ですか?

等々。

理不尽なこともある厳しい世界で生きるには覚悟と勇気が必要です。現在の年齢から考えられるレーシングドライバーまでの道のりについても、僕から答えられることは全て答えました。

結果的に彼は、レーシングドライバーになるには現状では厳しいと判断し、いずれなれるようにコツコツ頑張ると言っていました。それも正しい判断です。

僕がレース業界に入ってから5年経ちましたが、業界にいなければ知ることがなかったであろうたくさんのものを見てきました。

今回は、僕が今まで見てきたレース業界の経験から、プロのレーシングドライバーになるには、どのようなルートがあるのか解説していきます。



メーカー系の育成ドライバーになる

メーカー系の育成ドライバーになる

F1に繋がるSRSは人気がある

代表的なのはメーカーの育成ドライバーになって、FIA-F4などから参戦するルートです。順調に行けば、F4→F3→F2→F1または、F4→F3→スーパーGT→スーパーフォーミュラ、と階段を駆け上がることが出来ます。

日本国内では、ホンダならSRS-F、トヨタならFTRSといったオーディションがあります。ここ数年は、F1に行きたいからホンダを受けるドライバーが多いです。また、ホンダの方が受講資格が緩く、佐藤琢磨選手のような前例もあるため、モータースポーツ未経験ながら受ける生徒も一定数います。

また、マツダでも、ロードスターのワンメイクレースを中心にドライバー育成をしています。

 

ホンダ系育成ドライバー

ホンダ系育成ドライバー

2019年はホンダ系育成ドライバーがFIA-F4を席巻した。 出典元:https://fiaf4.jp/pages

まずは2019年現在、最もシートを狙うドライバーが多いのがSRS-Fです。

受講資格は、

  • 16歳〜23歳
  • 16~17才は、JAF公認カートレース経験者
  • 18歳以上は、自動車普通運転免許所有者(AT限定を除く)

と、間口の広いスクールになっています。

実際に僕も受けたので分かりますが、完全実力主義です。初心者でも受けることが出来ますが、最終的にスカラシップを獲得するためには、相当の努力と多くの練習量が必要となります。

建前として、「同じような実力ならば、経験の浅い方を取る」と言っていますが、そもそも同じような実力と言う評価は、ほぼほぼあり得ません。なぜなら、受講生を点数化して評価するため、全く同じタイムや伸びしろ、運動能力である事は考えられないからです。

合否に大きく関わるのは、速さです。

未経験の割にまずまずのタイムを出す生徒と、経験豊富で速いタイムを出す生徒がいたら、確実に後者が選ばれます。

未経験の割にまずまずのタイムだったのは僕のことです。当時23歳だったので年齢によって落とされた可能性もありますが、純粋に速さが足りていなくて落ちたと受け止めています。

受けるのであれば、速さを身に着けてから受けましょう。一つの目安として、スーパーFJで上位を走れるようになれば、最終選考には残れる可能性は高いです。そこからは各々の頑張り次第ですが。

最近の流れは、「カートに乗りながらフォーミュラカーで練習して、速さを身に着けたらスクールを受講する」というのが主流です。

若いレーシングカートドライバーは、中学生くらいからフォーミュラカーに乗って練習しています。その中で勝ち抜くためには、どれだけ多くの練習を積み重ねられたかが重要です。

 

トヨタ系育成ドライバー

トヨタ系育成ドライバー

FIA-F4初代チャンピオンの坪井選手。今では国内トップドライバーの1人に数えられる存在。 出典元:https://fiaf4.jp/pages

こちらもSRS-Fと同じく、若いレーシングカートドライバーが受講しています。SRS-Fに比べて四輪やフォーミュラカーの経験が浅いドライバーが多くいます。

受講資格は、

  • カートレース経験のある14歳以上のドライバー

のみです。

書類選考でオーディションに参加する12人が選ばれるのですが、トヨタ系のレーシングカートチームから多く受講しているので、コネも重要なポイントです。

しかし、最終的には速いドライバーが受かっているので、SRS-Fと同じく速さが重要な選考基準になります。

 

マツダ系育成ドライバー

マツダは、ロードスターを使用したワンメイクレースを世界的に力を入れています。日本だと、

  • ロードスターパーティレース

に力を入れています。

さらに、女性ドライバーの育成に熱心で、レーシングドライバー井原慶子さんをトップとした女性ドライバー部門があり、各地のパーティレースなどに参戦しています。

女性がレーシングドライバーを目指すなら、マツダの育成プログラムが充実していてオススメです。しかし、制約も多いようなので契約前にしっかり話を聞きましょう。

ちなみに井原慶子さんは、尊敬の意味を込めて「かなりぶっ飛んだ方」です。笑

レースクイーン出身でありながら、25歳からレースを始めて、F3の強豪チーム(カーリンモータースポーツ)のオーディションに合格し、当時F1に最も近いカテゴリーであるイギリスF3で多くの入賞を記録しました。

僕がレースを始める前に井原慶子さんの本を読んだことが、僕のレーシングドライバーへの決意を後押ししてくれたので、レーサーを目指す決心がつかない人は是非とも呼んでみましょう。


井原慶子(著)崖っぷちの覚悟

女性レーサーとして25歳でレースを始め、「年齢の壁・性別の壁・国籍の壁」全てをはねのけて世界で活躍した理由が分かる本です。

 

最近流行のeスポーツ

最近流行のeスポーツ

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=tY6rH2xiTf8

eスポーツという言葉はご存知でしょうか?

簡潔に説明すると、年収1億円を超えるプロゲーマーが存在する世界で、一昔前から世界的に流行っているのですが、日本ではなかなか認知が進んでいませんでした。

日本で「ゲームも立派なスポーツだ」という風潮は、本当に最近出てきたものです。この分野は世界的にはすでに発展しているので、今後日本でも急速に発展を遂げるでしょう。

最近では人気レースゲーム、「グランツーリスモSPORT」が国民体育大会の競技に認定されています。さらに、グランツーリスモの世界チャンピオンは、FIAの表彰式に招待されて、F1ワールドチャンピオンとともに表彰されます。

グランツーリスモシリーズからは、GTアカデミーというオーディションから、過去に何人ものレーシングドライバーを輩出してきていて近年では、ヤン・マーデンボロー選手が、GT500やスーパーフォーミュラに参戦しています。

競技人口が多いため厳しい世界ですが、金銭的な都合でレースが出来ない環境なら、ここからレーシングドライバーを目指すのは賢い判断です。

最近は、マックス・フェルスタッペンやランド・ノリスなどのF1ドライバーが、iRacingというシミュレーターソフトで大会に出場していてeスポーツの人気を高めています。




注目度の高いレースでコツコツ頑張る

注目度の高いレースでコツコツ頑張る

出典元:https://toyotagazooracing.com/jp/86brz/

メーカー系の育成に入らなかったドライバーでもレーシングドライバーになれます。そのためには、注目度の高いレースに出場して、コツコツと結果を残し続ける必要があります。

そこで評価を少しずつ上げることが出来れば、自分から売り込めばシートを獲得出来たり、上位カテゴリーからお声がかかったり、少しずつですがステップアップすることが出来ます。

テレビで頻繁に目にするドライバーは、メーカー系のドライバーが多いのですが、谷口信輝選手のようにコツコツと実績を積み重ねて、遅咲きでありながらレース界で大きな地位を獲得したドライバーも多いです。

では具体的にどのようなレースに出場すべきなのでしょうか?代表例として、

  • FIA-F4
  • スーパー耐久
  • 86/BRZレース

が挙げられます。

これらのレースの注目度は非常に高く、メーカー系のレーシングドライバーと戦うレースでもあるので、実力を示す絶好のチャンスです。ここで注目されると、スーパーGTなどにステップアップするチャンスが訪れます。

では、それぞれのレースについて説明します。

 

FIA-F4とは

FIA-F4とは

出典元:https://fiaf4.jp/pages

FIA-F4は、国内最高峰、観客動員数も1大会8万人を集めるスーパーGTのサポートレースです。

これほど多くの観客や関係者の前でレースをする機会は他になく、プロを目指す若手がアピールする絶好のチャンスと言えます。

ここで、実績を残したドライバーは海外のF3にステップアップしたり、GT300にステップアップしたりと、様々なルートが見えてきます。

メーカー系の育成ドライバーではないドライバーも、GT300にステップアップしているので、結果さえ出せば評価されるレースです。

ただ、レベルも本当に高いので、中途半端な姿勢では結果なんて出せません。

 

スーパー耐久とは

GTマシンから市販車まで、数多くの車両が参加出来る耐久レースです。レースは、3時間×2レースや、5時間~24時間レースなど、耐久レース方式で開催されています。

スーパーGTで走っている車種や、86やフィットなどの市販車がレースをしていて、多種多様な車を観戦出来ることもあり、非常に人気が高いシリーズです。

ドライバーは4人まで登録することが出来、若手ドライバーが実力を示すチャンスがあります。

 

86/BRZレースとは

86/BRZレースとは

出典元:https://toyotagazooracing.com/jp/86brz/

TOYOTA 86とSUBARU BRZで争われるワンメイクレースです。プロレーシングドライバーが参戦するプロフェッショナルクラスと、アマチュアレーシングドライバーが参戦するクラブマンシリーズに分かれています。

参戦の敷居が低く、国内Aライセンスがあれば参戦可能です。そして、プロフェッショナルクラスには、アマチュアレーシングドライバーの参戦も許されているので、挑戦的なアマチュアレーシングドライバーは、プロクラスに参戦することも出来ます。

86/BRZレースにはプロのレーシングドライバーも気を抜いて参戦すると負けてしまうことがある、本気のレースがあります。

ここに若手ドライバーが参戦して、プロドライバーたちを驚かせる走りを魅せたら、次のステップが開かれます。

 

MX-5カップとは

MX-5カップとは

出典元:https://mx-5cup.jp/

マツダロードスター(通称MX-5)を使用したワンメイクレースで正式名称は、「GLOBAL MX-5 CUP」です。こちらもワンメイクレースであることが大きな魅力ですが、さらに高額賞金と世界一決定戦が開催されていることもプロレーシングドライバーを目指す若者にとっては大きな参戦意義になっています。

※2019年の国内シリーズは開催中止になりました。

 

全てを解決するのはお金

全てを解決するのはお金

ここまで色々とプロのレーシングドライバーまでの道のりを説明してきましたが、最後に全てを解決するとっておきのレーシングドライバーへのなり方を紹介します。

それは、「お金持ちになること」です。

いまや、F1ドライバーになるためにパパが80億円を用意する時代です。さらに、中堅F1チームを買収してシートまで獲得します。

ここまで出来れば、F1引退後もプロのレーシングドライバーとして歩むことは容易です。

これは少し大げさな例ですが、GT500などに乗っているレーシングドライバーは、裕福な家庭や一般的な家庭では出せないレース資金を用意出来る家庭出身が多いです。幼少期からレーシングドライバーを目指すには、それなりの家庭環境が重要です。

一般的にお金でシートを獲得するペイドライバーは嫌われていますが、僕は、お金でシートを獲得して這い上がっていくのは良いことだと思っています。現に、ペイドライバーだったのに数年後には実力派ドライバーになっていることがほとんどですし、豊富な資金力を持ちながら速くなれないのなら、根本的な何かを間違えているので練習方法を変えれば良いだけの話です。

というわけで、今現在レース資金が用意出来ない状況なのであれば、1000万円貯めて起業してしまうのが手っ取り早い方法です。起業して利益を出せば、経費としてレースに参戦出来るので節税効果もあります。貧乏で速いドライバーはたくさんいますが、自力で金持ちになった速いドライバーならカッコいいじゃないですか。

先日、「〇〇は、家を売った1000万円で今年のレースに参戦するらしい」という噂を聞き、「下位カテゴリーで最後のお金を捻出しても意味無いのに」と僕は思ってしまいました。まあ、人それぞれ考え方は違うので、応援していますが。

何事も5~10年後を見据えて活動するべきです。たとえお金持ちになるのが30歳だったとしても、レーシングドライバーとして十分にやっていけます。

 

まとめとQ&A

長々と書きましたが、僕のことを書いていませんでした。レーシングドライバーを目指そうと考えている方からの質問の一部ですが、

Q:練習頻度はどれくらいですか?

A:レース前に1~2日間の練習と、レースウィークのみです。

 

Q:今までお金はどれぐらい使いましたか?

A:2015年から宿泊費・交通費込みで約2500万円です。(2019年現在)

 

Q:スポンサーを集める方法は何ですか?

A:「狭く深く」が基本だと考えていますが、まだまだ人間力が足りていないので勉強中です。

 

最後に話の内容を整理すると、

  • メーカー系の育成ドライバーになる
  • eスポーツから育成ドライバーになる
  • 注目度の高いレースでコツコツ頑張る
  • お金持ちになる

この4つのルートが、今現在考えられるプロのレーシングドライバーへの道のりです。

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

この記事がレーシングドライバーを目指す皆さんのお役に立てたら嬉しいです。実際にレースを始めてから役に立つ記事も多いので、その時は参考にしてください。僕が先にステップアップさせてもらいますが!笑

ではまた!

写真提供:槙 様

スポンサーのお願い

このサイトの運営者である、レーシングドライバー菊池宥孝はレース活動をサポートして頂けるスポンサー様を必要としています。

まずは、僕の人間性を知って頂きたいので、直接お会いしたり、お電話したりしましょう。

僕自身から提供出来るものは、企業様のPR活動を始め、節税対策などにも協力します。

詳しくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です