初心忘るべからず

【裏ワザ】新車のレーシングカートを15万円安く買う方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさんこんにちは。レーシングドライバーの菊池宥孝です。

早速ですが、みなさんはレーシングカートを新車で買う場合、定価で買っていますか?

ほとんどの人が定価で買っていますよね。実際に僕も定価で新車を買っていました。

しかしながら、タイトルにあるように15万円安く買える裏技が存在するのです。

僕も「現役でレーシングカートをやっていた時代に気が付いていればなぁ」と今更ながら考えてしまいますが、終わってしまったことは仕方がないので、みなさんには僕と同じ失敗をしないで欲しいと思い、今回公開することにしました。

もし新車ではなく、より価格の安い中古で状態が良いレーシングカートをお探しの方がいらっしゃいましたら、別の記事で選び方を詳しく解説していますので是非ご覧ください。

関連記事【中古のレーシングカートの選び方】必ず知っておきたい事まとめ




新車なら型落ちがお買い得

新車なら型落ちがお買い得

目次を見て、「なんだ、型落ちかよ」と思った方。そのままページを閉じて結構です。興味のある方だけそのまま進めてください。

レーシングカートは毎年、日本の代理店が海外から仕入れてきて日本国内で販売しています。

流通の流れは、仕入れた代理店から各カートショップにレーシングカートが流れていきます。ここで売り切れる場合もあれば、売れ残る場合もあります。

売れ残ったレーシングカートはどうなるのか?

僕が知る限り、代理店に戻すことは出来ません。各レーシングカートショップが在庫として抱えることになります。在庫を売り切ることが出来なくても、翌年には新型のレーシングカートを仕入れることになるのです。

ショップ側としては、「どうせ売れない在庫があるのなら、安くしてでも売ってしまいたい」と思うのは当然ではないでしょうか?

そのため、売れ残った型落ちのレーシングカートが在庫してある場合、値下げして売ってくれるショップがあるのです。

 

型落ちだからといって性能が落ちるわけではない

型落ちのレーシングカートだからといって性能が落ちるわけではない

目次とは矛盾しますがレーシングカートは一般的に、年式が新しくなるほど性能は上がります。各レーシングカートメーカーがヨーロッパのレースで開発を続けて最高のシャーシを毎年作り上げています。

しかし、ここ数年では年式が新しくなったにも関わらず、性能は変わっていない車両が多く存在します。

この辺りのデータは、各レーシングカートの取り扱いショップで詳しいデータを持っているので直接問い合わせてもらうのが効果的です。

僕が知っている、「ビレルART」「リカルドカート」は2017年モデルと2018年モデルで車体側には全く変更点がありません。唯一変わったのが、カウルの形状です。

しかし、2018年型カウルの評価が空力面などで悪く、ヨーロッパのワークスチームでは2018年型から2017年型に変更されています。

新車が一番性能が良いというのは当たり前の事です。しかし開発が進みすぎた結果、年式の新しさが必ずしも性能に直結するとも限らないのが最近のレーシングカートの流れなのです。

 

値下げ情報

値下げ情報

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

2019年1月現在、僕が知っているレーシングカートショップでは新車で、「2017年式 リカルドカート」を15万円値引きしています。既に数は少ないので、お早めにご連絡下さい。↓

レーシングカートショップガレージC:TEL 048-826-6886

→在庫確認・無料相談

スポンサーのお願い

このサイトの運営者である、レーシングドライバー菊池宥孝はレース活動をサポートして頂けるスポンサー様を必要としています。

まずは、僕の人間性を知って頂きたいので、直接お会いしたり、お電話したりしましょう。

僕自身から提供出来るものは、企業様のPR活動を始め、節税対策などにも協力します。

詳しくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です