初心忘るべからず

【初出版!】イラストマニュアル・はじめてのレーシングカートってどんな本?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは!レーシングドライバー兼レーシングブロガー?の菊池宥孝です。 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 ’15’16:ローカルカートレース ’17:全日本カート選手権FS-125クラス ’18’19:スーパーFJで四輪デビュー ’20:FIA-F4【ATEAM Buzz Racing #32】 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 それと、レーシングカート入門書も出版しました! 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさんこんにちは!レーシングドライバー菊池宥孝です。

先日、僕の書いたレーシングカート入門書、「イラストマニュアル・はじめてのレーシングカート」が全国の書店やAmazonなどの通販サイトで発売されました!

この本は、「レーシングカートを始めてみたいけど始め方が分からない」「おじさんでもレーシングカートって楽しめるの?」「はじめてみたけど、上達のコツが分からない」などなど、レーシングカートを始めてみたい人や、レーシングカートの入門者の疑問に応える1冊になっています。

もともと僕は20歳だった2015年からレーシングカートを始めましたが、大人になってから始めた分、試行錯誤を繰り返して少しづつ上達してきました。無駄になった試みも多かったですが(笑)

その経験を生かして、はじめたのがキクブログです。キクブログでは、初心者向けにレーシングカートの情報などを発信しています。さらに、初心者向けの情報だけでは満足出来ない人向けに、キクブログnextという中上級者向け月額制ブログも発信しています。

今回僕が書いた本は、初心者~入門者向けの内容です。

レーシングカートを始めるまでの、「金銭面、環境面、道具の揃え方」などの具体的な流れと、レーシングカートをはじめてから速く走るために必要な技術的解説を、初心者や入門者でも理解しやすいように解説しています。

ここでは、【イラストマニュアル・はじめてのレーシングカート】にどんなことが書いてあるのかを、お伝えしていこうと思います。

▼イラストマニュアル・はじめてのレーシングカート▼

created by Rinker
秀和システム
¥2,420 (2020/11/27 17:10:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

レーシングカートを始めるまでの流れ

レーシングカートを始めるまでの流れ

レーシングカートと一括りでまとめても、その中には、「キッズカート、カデットクラス、大人の入門者クラス、SSクラス、水冷125㏄クラス、OKクラス」など多種多様なクラスが存在します。

これらの「どのクラスで、どれくらい走るのか?」によって必要な予算は変わりますし、メンテナンスで意識することも変わってきます。また、「どんなレベルの人が楽しむのに向いているのか?」も当然ですが変わります。

そして実際に始めるとなると、「ショップ選び、トランポ選び、カートや装備品などの道具選び」などなど多くの選択をしなければなりません。これらは、各々の楽しみ方でベストな選択肢が変わります。何を選んでも一緒ではありません。

ここで多くの入門者は迷いを持ってしまいます。

レーシングカートショップに全て任せっきりでも良いのですが、後悔のない買い物をするためにも自分の判断で選ぶ目線は大切です。

第1編では、レーシングカートを始めるまでの疑問点や流れが解説してあるので、実際に始める前に読んでおくと役立つ内容になっています。

  • 10人のドライバーたちのカートライフ
  • 装備品の選び方
  • 各カテゴリーのレベルや予算、楽しみ方
  • 自分に合ったレーシングカートショップの選び方
  • 新車と中古で違うカート選び
  • 予算や用途で変わるトランポ選び

 

レーシングカートを始めてから使える実践知識

レーシングカートを始めてから使える実践知識

続いては実践で使える知識編。

実際にレーシングカートを始めたら、出来ることなら最初から速く走りたいですよね?

しかし、まだ乗ったことがないレーシングカートを速く走らせるイメージをすることは非常に難しく、いざ乗ってみると「全然違うじゃん…」となってしまう人は多いです。

そんなことが起きないように、実践編では初心者がすぐに使える内容を解説しています。

あれこれ広く浅く解説した内容ではなく、初心者や入門者に必要な知識だけを深く解説しているのですぐに実践出来るでしょう。

まず第1章は、レーシングカートのドライビングテクニックについてです。大きなサーキットを走る四輪カテゴリー(フォーミュラカーや箱車)であれば、ブレーキング、アクセルワーク、ハンドル操作などが主なドライビングテクニックのテーマになります。

しかし、レーシングカートではさらに、体の使い方やキャブレター調整なども必要です。そして、滑りやすいレインコンディションを走ってみると、「走らせ方のイメージが全く湧かない」と悩みます。このように、ドライビングテクニックは奥が深く、上達に時間が掛かってしまいがちなテーマです。そんなドライビングテクニックも初心者でも理解出来るように解説しました。

第2章はセッティングの基礎理論です。初心者がやってしまいがちなセッティングの落とし穴は、「間違った方向性に向かっていることに気付かず進めてしまったセッティング」です。

「初心者は基本セッティングのまま走り込め!」とよく言われるのは、ドライビングテクニックを磨くことで速くなるタイムアップ幅が大きいのと同時に、間違ったセッティングを覚えてしまうことを防ぐ意味合いがあります。

ただ、せっかくこの本を手に取ってくださった方には、セッティングの基礎理論と、上達に繋がるセッティングの考え方についても分かりやすく解説しました。

続いて第3章では、レースにおけるメンタルコントロール。第4章では、カートレースの戦い方をローカルカートレースと全日本カート選手権に分けて解説しました。つまり、「一通り読んでおけば、いざレーシングカートを始めた時に困らない実践知識」を凝縮した内容になっています。

  • ドライビングテクニックの基礎
  • レインコンディションのテクニック
  • 体の使い方
  • キャブレター調整
  • ドライビングを探求するうえで大事な考え方
  • セッティングの基礎理論
  • レインコンディションのセッティング
  • ドライバーのメンタリティー
  • ローカルレースの戦い方
  • 全日本カート選手権の戦い方
  • その先に…

 

レーシングカートを始めたい人、入門者の人たちが楽しめる本です

レーシングカート初心者が楽しめるように書きました

今回の執筆において、僕が最も大事にしたことは、「実際にレーシングカートに乗るイメージが膨らむように」書くことです。

現役のドライバーが書いている本ですので、ドライバーならではの視点を中心にからレーシングカートに触れています。

第1編では、10人のカートドライバーが登場しますが、十人十色の楽しみ方をしています。実際にあったエピソードに基づいて書いていますので、自分に似ている人物を探してみましょう。

  • レンタルレースガイ
  • 節約男子
  • 家庭バランスオジサン
  • ガチオジサン
  • 非日常追求女子
  • ほのぼの親子
  • ガチ親子
  • 青筋ガチ勢
  • リターン組
  • 第二の人生組

あなたに当てはまる人物がいるはずです。そのドライバーになりきって読んでみてください。

この本がレーシングカートの入り口になれたら嬉しいです。

▼イラストマニュアル・はじめてのレーシングカート▼

created by Rinker
秀和システム
¥2,420 (2020/11/27 17:10:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

出版に協力いただいた皆様

・株式会社アウティスタ 様
・株式会社アライヘルメット 様
・EIKO.co.,Ltd 様
・A1市街地レースクラブ 様
・エンパイヤ自動車株式会社 様
・株式会社加地 様
・久家 均 様
・サーキット秋ヶ瀬 様
・株式会社スクアーロ 様
・住友ゴム工業株式会社 様
・株式会社タジマモーターコーポレーション 様
・一般社団法人 日本自動車連盟 様
・Buzz Factory株式会社 様
・株式会社ぴぃたぁぱん 様
・株式会社ブリヂストン 様
・有限会社ベア 様
・本田技研工業株式会社 様
・茂原ツインサーキット 様
・レーシングカートショップガレージC 様

ありがとうございました!

スポンサーのお願い

このサイトの運営者である、レーシングドライバー菊池宥孝はレース活動をサポートして頂けるスポンサー様を必要としています。

まずは、僕の人間性を知って頂きたいので、直接お会いしたり、お電話したりしましょう。

僕自身から提供出来るものは、企業様のPR活動を始め、節税対策などにも協力します。

詳しくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは!レーシングドライバー兼レーシングブロガー?の菊池宥孝です。 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 ’15’16:ローカルカートレース ’17:全日本カート選手権FS-125クラス ’18’19:スーパーFJで四輪デビュー ’20:FIA-F4【ATEAM Buzz Racing #32】 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 それと、レーシングカート入門書も出版しました! 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です