初心忘るべからず

【レーシングカート】旋回させるブレーキで重い路面を攻略する

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
みなさんこんにちは!レーシングドライバーの菊池宥孝です。僕のレース活動をサポートするメジャーCB株式会社の代表取締役でもあります。 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 ’15’16:ローカルカートレース ’17:全日本カート選手権FS-125クラス ’18’19:スーパーFJで四輪デビュー ’20:FIA-F4【ATEAM Buzz Racing #32】 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 それと、レーシングカート入門書も出版しました! 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさんこんにちは!レーシングドライバー菊池宥孝です。

先日、息子さんと親子でカートをしている読者の方からこんな質問を頂きました。

「夏場になってタイムが伸び悩んでいます。コーナー進入は慎重に、クリップできちんと向きを変えるようにアドバイスしています。外から見てるとコーナーでスピードを落としすぎな感じです。」

といった質問です。

このように、ラバーが載った重い路面や夏場の暑いコンディションでタイムが伸び悩む状況は、初心者から上級者まで誰しもが一度は経験します。

こちらの方には、少しアドバイスをさせて頂いたのですが、次回の練習では0.5秒もタイムアップしたようです。

もちろん本人の工夫と頑張りがあってのタイムアップですが、自分のアドバイスを聞いてくれた人がタイムアップしているのを見ると非常にやりがいを感じます。

僕は、初めて全日本カート選手権に出場した年の、第2戦本庄サーキットでこの症状を経験しました。

本庄サーキットの路面はバンピーでありながらグリップレベルが高いのが特徴です。練習走行時から僕は、コーナー進入時のリアの張り付きに苦労しました。

この症状は、ドライバーは曲げようとしているのにリアタイヤがへばりついてしまって曲がらなくなる症状で、コーナリングスピードの低下に繋がります。

路面のグリップレベルとラバーの載り具合で、リアタイヤの張り付き度合いは変化しますが、多かれ少なかれラバーが載った重い路面では、このような症状が出ています。

当時、僕はどう対処したら良いのか分からずにレースを迎え、タイムトライアルでトップの0.901秒落ちの23位、ビリから3番目という、なんとも酷い結果を残してしまいました。

決勝も18位で終わり、ファステストラップの0.168秒落ちまでは挽回しましたが、ペースは悪くスリップストリームでなんとか出したタイムだったので、良いところなしのレースになりました。

対処法の方向性を理解出来たのは、翌年にレーシングカートからフォーミュラにステップアップしてからになります。

レーシングカートの重い路面対策として、フォーミュラで学んだ走らせ方を少し活かせるような気がして、翌年に本庄サーキットで開催された全日本カート選手権のレース前練習に混ざりました。

「この走らせ方ならグリップが高い路面でも上手く旋回させられる」というイメージを持って走った結果、前年より旋回スピードが明らかに高くなりました。

エンジントラブルで2ヒートしかまともに走れませんでしたが、トップから0.2秒落ちくらいのタイムでした。

タイムトライアルビリ3で練習から遅かった前年に比べれば、前年のフレームとタイヤでこれくらい走れれば進歩したと言って良いでしょう。

  • レースや夏場の重い路面になると、上手く曲げられない
  • 平日などの台数が少ない路面は得意なのに、レースになるとタイムが伸びない

そんな人は、今回解説する走らせ方を意識して、レーシングカートの旋回性を高めるとタイムアップに繋がります。

それでは解説していきます。



ブレーキリリースを早める

ブレーキリリースを早める

結論から入ります。レーシングカートの旋回性を高めるためには、「ブレーキリリースを早める」ことを意識しましょう。

ブレーキリリースを早めることで、タイヤを横に使う時間が増えるため、止めるブレーキから旋回させるブレーキに素早く移ることが出来ます。

皆さんは、フルブレーキングしながら曲がろうとすると、リアタイヤが重くへばりついたような感覚を感じることがありませんか?

その感覚は正しくて、

  • フルブレーキングで止める時間
  • ブレーキリリースで旋回させる時間

を別々に分けて考えるべきです。

レース路面や夏場の暑いコンディションでは、溶けた柔らかいラバーによってレーシングカートの動きが重くなりやすいうえに、少しのフルブレーキングで減速出来ます。

ただでさえ重いレーシングカートの動きを、フルブレーキングによって止めすぎたり押さえつけたりしてしまっていては、曲がって行くわけがありません。

レーシングカートの動きが重いなら、もっと軽く曲がれるような操作をドライバー側が意識的に実践していきましょう。

だからこそ、ブレーキリリースを早めて旋回させる時間を早めることが、重い路面でのタイムアップに繋がるのです。

とはいうものの、単純にブレーキリリースを早めるだけではタイムアップしない場合もあり、「曲げよう曲げよう」と意識的に操作しても、逆に曲がらなくなることもあります。

そして、フルブレーキングとブレーキリリースを別々に考えることが悪い方向に行ってしまうこともあります。

ブレーキリリース踏力の細かい調整や考え方は、ドライバーがどれだけ意識的に操作しているかがタイムアップに欠かせないポイントになるため、練習から重点的に取り組みたいところです。

このブレーキリリース踏力の考え方や細かい踏力調整についてはキクブログnextで解説していきます。

◆続きはこちら→https://note.mu/race_hirokikuchi/n/nc7df75bbb979

 

関連記事

 

 

よろしければご覧ください

このサイトの運営者であるレーシングドライバー菊池宥孝は、レース活動を支援してくださるスポンサー様を探しております。

私からは、

  • 一緒にレースに参加するプラン
  • 一緒にイベントを開催するプラン

等をご提案させていただいております。

私の現状は、2021年もFIA-F4選手権の参戦に向けて準備を進めておりますが、予算が底をついている状況です。

そこで、スポンサー様にとっての負担と、私のレース活動を通した仕事の幅を広げるために、レーシングドライバー活動をするための会社を設立しました。

詳しくは、【2021年度のレース参戦企画書】【会社概要】をご覧いただけると嬉しいです。

「スポンサー様と一緒に楽しむ」をテーマにしております。よろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
みなさんこんにちは!レーシングドライバーの菊池宥孝です。僕のレース活動をサポートするメジャーCB株式会社の代表取締役でもあります。 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 ’15’16:ローカルカートレース ’17:全日本カート選手権FS-125クラス ’18’19:スーパーFJで四輪デビュー ’20:FIA-F4【ATEAM Buzz Racing #32】 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 それと、レーシングカート入門書も出版しました! 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です