初心忘るべからず

【動画解説】レーシングカートで雨を走るコツ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさんこんにちは。レーシングドライバーの菊池宥孝です。

僕はレーシングカート時代(2015~2017年)、「さかなクン」と呼ばれるくらい雨が得意でした。

ドライコンディションで上位にいるドライバーが、レインコンディションになった途端、下位に沈んでくることは珍しくありません。そんな中、僕はレインコンディションで常に上位にいました。

そこで、当時考えていた僕のレインコンディションの走り方について、全て紹介します。この走らせ方が合うカート、合わないカートがある可能性もありますが、少なくとも僕が今までに乗ったカート(ビレル系、トニー系)では、速く走らせることが出来ました。

この2大メーカーで実証済みですから、客観的に見ても今回の情報の信憑性は高いです。しかし、他のメーカーのレーシングカートでも全く同じように当てはまるわけではありません。フレームのねじれ方の違いや、材質の違いだけでも、動きは大きく変わってきます。

他メーカーのカートに乗っている人は、今回の内容を自分のカートの特徴に当てはめて応用していきましょう。

記事の終わりには、実際に全日本カート選手権でレインコンディションを走った際のオンボード解説を用意しました。

「雨が降ると良い思い出がない」「雨の走らせ方がそもそも分からない」という方は、ぜひこの記事の内容を実践してみましょう。




レーシングカートの操作

レーシングカートの操作

まずは、ブレーキング・アクセルワーク・ハンドリングの基本的な操作方法について解説します。

僕が意識しているのは、以下の4点です。

  1. リアロックさせる
  2. フロント荷重を最大限乗せる
  3. 少し切り遅れるタイミングでグイッとハンドルを切り込む
  4. 向きが変わってからアクセルをジワジワ踏む

という感じです。では、一つ一つ解説します。

 

リアロックさせる

リアロックさせる

これは個人的にはノーベル賞並みの発見でした。

リアロックとは、ブレーキング時にリアタイヤがロックすることです。一般的にリアタイヤがロックすると制動距離が伸びてタイムロスになると考えられていますが、僕はリアロックによって

  • 素早く向きを変えられる
  • フロントを入れやすい

というメリットを見出しました。

ブレーキングの前に少しアウト側に荷重を乗せてから、一瞬リアタイヤをロックさせます。すると、一瞬でレーシングカートの向きが変わります。向きが変わるのを見越して、ブレーキを少しずつリリースしてハンドルを切り込んでいくとグイグイ曲がっていき、結果的にフロントも入りやすくなりました。

ブレーキの踏み方は、初期踏力は優しく「ギューッ」とロックするまで踏みます。いきなり、「パーンを」と強く踏むと全く止まりませんので、「ギューッ」を意識しましょう。そこからはフロント荷重を逃がさないようにリリースしていきます。

一般的なドライビングセオリーには反しますが、かなり突っ込んで曲げられるようになります。

 

フロント荷重を最大限乗せる

フロント荷重を最大限乗せる

滑りやすいレインコンディションでは、フロントタイヤを出来るだけ強く接地させます。そうすることで、曲げようとしたタイミングでレーシングカートがしっかり反応してくれます。

ここで気を付けておきたいポイントが、「セッティングによってフロント荷重を乗せすぎない」ことです。セッティング変更でフロント荷重を増加させても曲がるようになるわけではなく、「現状のセッティングから最大限のフロント荷重を生み出しましょう」という理論です。

そのためには、リアロックさせた後のブレーキのリリースやハンドルの切り方でコントロールする必要があります。

間違ったセッティングの具体例として、車高を上げるなどしてメカニカル的にブレーキング時のフロント荷重を増加させすぎると、S字や高速コーナーなどのブレーキを使わないコーナーの旋回性が悪化します。「車高を上げること自体は良いのですが、それによって他のコーナーでロスする場合があります」という意味です。

僕のレーシングカート時代の最後の方では、車高を上げなくてもハードブレーキング時に曲げられるようになり、その結果、高速コーナーでも曲がるセッティングで走ることが出来ました。大切なのはバランスです。

 

少し切り遅れるタイミングでグイッとハンドルを切り込む

少し切り遅れるタイミングでグイッとハンドルを切り込む

これは、ヘアピンなどの大きく曲がり込むコーナーで有効です。

サーキット走行では、「出来るだけ早くゆっくりとハンドルを切り始めましょう」と習うのですが、雨は違います。

少し突っ込みすぎくらいでブレーキングして、止まりきれないよ~からのグイッとハンドルを切ります。

特にヘアピンは、ライン上にラバーが乗っていてレインコンディションではグリップしません。そこで、思いっきり突っ込んでグイッと曲げることで、ラバーの乗っているポイントを避けることが出来ます。

 

向きが変わってからアクセルをジワジワ踏む

向きが変わってからアクセルをジワジワ踏む

レインコンディションで向きが変わる前からアクセルを少しづつでも踏んでしまうと、リアの旋回性が落ちてしまいます。

ブレーキングでしっかり向きが変わって、あとは前に進むだけという姿勢になってからアクセルを優しく踏み始めましょう。誰よりも早く真っすぐ立ち上がれるように意識します。

 

体で感じるポイント

体で感じるポイント

レインコンディションを走る際に体で感じるポイントがあります。これを感じ取ることが出来ないと、「何を改善させたら良いの?」、「セッティングが分からない」という状況になって進められなくなります。

僕が意識するのは以下の3点です。

  1. フロントタイヤのグリップ感
  2. インリフトを引き出す
  3. 体を使って荷重コントロール

では、解説していきます。

 

フロントタイヤのグリップ感

フロントタイヤのグリップ感

フロントタイヤのグリップ感は、ハンドルの重さで分かります。

ハンドルが重ければ重いほど、グリップしていると考えて大丈夫なのですが、アライメントによってハンドルの切り始めでグリップしたり、切り込んでいった先でグリップしたりと、変化がありますのでセッティングに騙されないようにしましょう。

先ほどの解説と重複しますが、「現状のセッティングから最大限のフロント荷重を生み出しましょう」という意味で考えてください。

 

インリフトを引き出す

インリフトを引き出す

みなさんはインリフトしたときの感覚は分かりますか?

イン側のリアタイヤが浮くので、イン側のお尻が浮くような感覚になります。滑りやすいレインコンディションでは、より一層インリフトによって曲げていく必要がありますので、どのタイミングでインリフトしたのかを感じ取れるように練習しましょう。

インリフトさせっぱなしだと曲がらないので、インリフトを押さえつけるようにお尻に力を入れるのがコツです。

練習方法としては、強くブレーキングをした際にハンドルもグイッと切り込むとインリフトします。慣れてくると、「今は㎝くらいインリフトしたな」などと分かるようになってくるので、繰り返し練習しましょう。

 

体を使って荷重コントロール

体を使って荷重コントロール

前回、腹筋を使って曲げましょうという記事を公開したのですが、レインコンディションでは少し違う体の使い方をします。腹筋を使うというのは共通項目なのですが、意図的に荷重を振り分けることがレインコンディションでは有効です。

  • コーナー進入時にはアウト側のフロントタイヤ
  • コーナー立ち上がり時にはリアタイヤ

に意図的に荷重をかけます。そうすることで、「良く曲がり、良く進む」ようになります。

コーナー進入時の荷重の乗せ方は、頭と肩をアウト側のフロントタイヤに近づけます。コーナー立ち上がり時には、アウト側の背中をシートに強く押し付けてリアタイヤに力が伝わるようにします。

前回の腹筋の使い方も同時に出来ると、かなり良く曲がりますので下記の記事も読んでみましょう。

 

雨のライン取り

雨のライン取り

雨が降ってくると必ず聞くのが、「ラインはどうしたら良いのかな?」「ここはアウト・ミドル・アウトのラインが良い」などという会話です。

しかしこれは半分不正解で、半分正解です。初心者が鵜呑みにしてしまうと何も考えずに走ってしまい成長が止まってしまいます。

ラインなんてその時々のコンディションによって大きく変わります。何がそこまで影響するのかというと、

  • 雨量
  • ラバーの量

です。雨がたくさん降っていれば水が少ないところがグリップしますし、レース路面などでラバーがライン上にたくさん乗っている時は、ラバーの上が滑りやすくなります。

なので同じコーナーでも、アウト・アウト・アウトが良かったり、アウト・ミドル・アウトが良かったり、ミドル・イン・ミドルが良かったりと、その時々のベストなラインは変わってくるので、自分で考えながら走らなければいけません。

要は、グリップするところを走れば良いだけです。速く進入出来て、立ち上がりでトラクションがかかりやすいところ。

僕は、立ち上がりでは差が生まれにくいと考えていて、「速い進入>速い加速」の意識で走っています。立ち上がりは周りと同じくらいだったらそれで良いという感じです。

レインコンディションでは、ドライバーごとにライン取りが微妙に変わってきますので、速いドライバーの後ろでライン取りを参考にすると良いです。

 

水たまり攻略法

水たまり攻略法

レインコンディションで厄介なのが、水たまりです。

水たまりの入り方が悪いとスピンしてしまったり、挙動が大きく乱されてしまいます。これを一般的には、「ハイドロプレーニング現象」と呼びます。

本当は通りたいラインなのに水たまりがあって、どうしても通りたい場合の対処法を紹介します。

  • ハンドルを強く押す
  • ブレーキを強く踏む
  • アクセルとブレーキの両踏み
  • 川状になっていたら真っすぐ超える

これらをすることによって、水たまりの上でもレーシングカートが安定します。

普通の水たまりであれば、ハンドルを強く押すことで何事もなく通ることが出来ます。これが、大雨で川状になってしまうと、リアタイヤの接地を得るためにも、アクセルやブレーキでトラクションを得る必要があります。また、斜めに川を越えようとすると確実にスピンしてしまうので、川に対して真っすぐ乗り越えましょう。

 

動画解説

こちらは、実際に僕が鈴鹿サーキット国際南コースで全日本カート選手権FS-125クラスを走っている動画です。タイムトライアル前の公式練習でしたが、タイヤを使い切ってしまって浅溝のレインタイヤで走っています。

浅溝のレインタイヤは、新品のSLレインタイヤより少しグリップする程度になっているので、SLレースで雨を走る際の参考にして下さい。

 

まとめ

まとめ

最後にここまでの話をまとめます。

レーシングカートで雨を走る際に実践すべき項目は、

  1. リアロックを有効活用
  2. フロント荷重を最大限乗せるブレーキング
  3. ヘアピンは切り遅れ気味にグイッとハンドルを切り込む
  4. 向きが変わってからアクセルを優しく踏む
  5. フロントタイヤのグリップ感を感じ取る
  6. インリフトを引き出す操作
  7. 体を使って各タイヤの荷重をコントロールする
  8. 臨機応変なライン取り
  9. ハイドロプレーニング現象を抑える走り方

これらが出来るようになれば、レインコンディションでも速く走らせることが出来ます。一気に全部出来るようにせずに一つ一つ練習しましょう。

そして、みなさん雨が降ってくると練習を中止することが非常に多いです。確かに、レインタイヤは耐久性が低くコストパフォーマンスが悪いですが、練習しないことには速くなることはありません。

僕が雨で速く走れたのは、「みんな練習しない時でも練習したから」です。練習したか?しなかったか?。ただそれだけの違いなので、みなさんも雨が降ってきたからと言って、走らないなんてことは今すぐ止めましょう。タイヤがもったいないなら、スリックタイヤで走れば良いじゃないですか。

そして、いくらこの記事を見たところで練習に取り組むことがなければ、「知っているだけ」の状態になり、実践する機会がないため自分のものにはなりません。

知識を得たら実践して、それを改善していくことが上達への第一歩です。

僕がメカニックとして教えてきた方々には、「分かりやすい説明でタイムが上がった」と言ってもらえるのですが、そこからさらに練習していく中で、僕も知らなかったことを発見出来るかもしれません。

是非この記事の内容をお役立てください。

今回の記事が、あなたのレーシングカートライフのお役に立てたら嬉しいです。

写真提供:rino 様、K-TEC PHOTO 様、FUKAYA 様、久家 様、槙 様、(順不同)

 

オススメの記事

 

▼アクセルとブレーキの両踏みをマスターするなら▼

スポンサーのお願い

このサイトの運営者である、レーシングドライバー菊池宥孝はレース活動をサポートして頂けるスポンサー様を必要としています。

まずは、僕の人間性を知って頂きたいので、直接お会いしたり、お電話したりしましょう。

僕自身から提供出来るものは、企業様のPR活動を始め、節税対策などにも協力します。

詳しくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です