初心忘るべからず

【さかなクンになろう】レーシングカートのレインセッティングのコツ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさんこんにちは!レーシングドライバー菊池宥孝です。

みなさんは普段、雨が降った日に練習しますか?

よく見受けられる光景として、雨が降ると練習しているドライバーは減ってしまいますが、意識の高いドライバーたちは率先して走っています。僕もプロを目指して始めた意識高い系ドライバーなので、雨が降ろうと雪がうっすら積もっていようと関係なしに走ってきました。

雨を速く走るには練習するしかありませんが、マシンのセッティングによっても大きくタイムが変わってきます。

いくら上手いドライバーだって、全く接地感のないセッティングでは速く走らせることは難しいですし、あまり上手くないドライバーでも、安心して攻め切れるセッティングなら結構速く走らせることが出来ます。

実際に僕が初心者の頃、初めてのレインコンディションレースでセッティングがハマって、当時のSS全国チャンピオンを抑えてタイムトライアル2番手を獲得しました。

全国チャンピオンより僕の方が下手くそだったのは言うまでもありません。

それなのに、セッティングがハマってしまうとタイムが出ます。ぶっつけ本番でしたが、レインコンディションのベースセッティングを施してくれた当時のメカニックさんには感謝しかありません。

これがレーシングカートの面白いところです。

このようにセッティングがハマることは滅多にありませんが、ある程度ちゃんと走るところまで持っていくことは出来ます。

そのために必要なのがベースセッティングです。

「雨が降ったら、とりあえずこのセッティング」というものを知っていれば、その時々の細かい変化にも柔軟に対応出来ます。

そこで今回は、レーシングカートのレインセッティングについて解説して行こうと思います。

◆サクッと上達する記事たち→https://note.com/race_hirokikuchi/m/m0b1a7a2a8f6a




クラスによってベースセッティングは異なる

クラスによってベースセッティングは異なる

X30クラスとSSクラスではベースセッティングが大きく異なる

最初に言っておきたいのは、「レインコンディションのベースセッティングに絶対はない」ということです。

クラス・カテゴリーごとに最適なベースセッティングは異なります。

僕がYAMAHA-SSクラスで使っていたベースセッティングと、X30クラスで使っていたベースセッティングは大きく違うものでした。

具体的には、YAMAHA-SSクラスの方がタイムがセッティングに左右されやすかったです。

反対にX30クラスは、フレームメーカーにもよりますがドライのセッティングにリアロングハブだけ付けてしまえば、それなりに走らせることが出来ました。ある程度はドライバー側の操作で対応出来るということです。

なぜ違ってくるのでしょう?

 

ベースセッティングを決めるコツ

ベースセッティングを決めるコツ

僕が乗っていて感じたのは、マシンの重量とスピード域が違うと、フレームにかかる負荷や動きが全く変わってくるということです。

スピード域が高く重量も重いX30クラスは、荷重がかけやすく曲げるのが簡単なため、ドライバー側の操作で対応しやすい場合が多く、スピード域が低く低重量なYAMAHA-SSクラスは、荷重がかけにくく曲げるのが難しいため、曲がりやすいセッティングにしなければいけませんでした。

曲がりやすいセッティングとは、旋回性が高く長い時間曲がり続けられるセッティングのことです。

YAMAHA-SSクラスで使用されるKT100エンジンはパワーが低いエンジンですので、トラクションはそれほど重要ではありません。

とにかく旋回性を重視したセッティングにしていきましょう。

しかし、ドライコンディションのような考え方で旋回性を高めてもレインコンディションでは上手くいかないことが多いです。

レインではレインなりの旋回性を高めるセッティングがありますし、コースレイアウトや雨量によっても変わってきます。

ここから先はキクブログnextで解説していきます。良かったら見てみてください。

◆続きは…

【基礎編】レーシングカートのレインセッティングhttps://note.com/race_hirokikuchi/n/n661ab7e0d109

【実践編#1】雨量と気温に合わせたカートのレインセッティングhttps://note.com/race_hirokikuchi/n/n76f09b324139

【実践編#2】コースレイアウトによって変わるカートのレインセッティングhttps://note.com/race_hirokikuchi/n/n2bccac7ab763

基礎編の目次紹介

  • SSクラスのベースセッティングはこれだ!
  • フロント周りのセッティングは?
  • リア周りのセッティングは?
  • フレーム剛性のセッティングは?
  • レインはどのように考えてセットアップするの?
  • セットアップの時に必ず意識しておくべきポイント

写真提供:FUKAYA 様、K-TEC PHOTO 様、rino 様

スポンサーのお願い

このサイトの運営者である、レーシングドライバー菊池宥孝はレース活動をサポートして頂けるスポンサー様を必要としています。

まずは、僕の人間性を知って頂きたいので、直接お会いしたり、お電話したりしましょう。

僕自身から提供出来るものは、企業様のPR活動を始め、節税対策などにも協力します。

詳しくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です