初心忘るべからず

レーシングカートのトレッドと剛性を解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
みなさんこんにちは!レーシングドライバーの菊池宥孝です。僕のレース活動をサポートするメジャーCB株式会社の代表取締役でもあります。 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 ’15’16:ローカルカートレース ’17:全日本カート選手権FS-125クラス ’18’19:スーパーFJで四輪デビュー ’20:FIA-F4【ATEAM Buzz Racing #32】 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 それと、レーシングカート入門書も出版しました! 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさんこんにちは!レーシングドライバー菊池宥孝です。

今回はレーシングカートのスタンダードなセッティングである、「トレッドと剛性」について解説します。

みなさん、トレッドや剛性のセッティングは、どのような基準で決めていますか?

  • ブレーキの踏みやすさ
  • トラクションのかかり具合
  • グリップ感

などなど、様々な基準で決めていると思います。

例えば、リアトレッドを広げるとブレーキが踏みやすくなったり、リアトレッドを狭めるとリアの挙動が不安定になったりと、比較的簡単に違いを感じることが出来ますが、あまりにもベーシックなセッティングなので、よくいじる人、あまりいじらない人と分かれます。

リアトレッドや剛性の正解を探すのは非常に奥が深く、僕自身しっかりと方向性を理解出来てきたのは、レーシングカートのメカニックをするようになってからです。

それまでは、体で感じたフィーリングからセッティングを考えてきましたが、それだけでは良い方向にセットアップを進められないこともあり、よく迷子になっていました。

実際にほとんどの人が、「タイムが出たから」「グリップ感があるしよく曲がるから」などと、感覚に頼ってセッティングを判断しています。

それが悪いとは思いませんが、昔の僕がそうであったように、悪い方向に進んでしまった場合に迷子になってしまうことがあります。

頭の良いメカニックさんがいて、ドライバーが症状を正確に伝えられたら大丈夫なのでしょうが、そのような環境にいない多くのドライバーは、自分で仕組みを理解してセットアップを進めていかなければなりません。

そんな人たちの助けになりたいのがキクブログです。

今回はレーシングカートのセッティング、「トレッドと剛性」について解説します。

 

▼実践で使えるカート入門書▼

created by Rinker
秀和システム
¥2,420 (2021/06/12 14:01:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

▼上級者向けカート実用書▼

 

剛性は標準セットから

剛性は標準セットから

シャフトの硬さやフロントスタビライザーなどでレーシングカートの剛性を変更することが出来ます。

ただ、あまりにも標準セット(新車時の状態)から逸れた剛性ではいけません。

レーシングカートのベースセッティングがしっかり出来ていれば、剛性を大きく変えることなくタイムが出るレーシングカートを作ることが出来ます。

しかし、完全な標準セットで走ることも滅多にありません。

  • フロアパネル緩め
  • シートステー緩め
  • スタビライザーの変更
  • シャフトの変更
  • ハブの変更
  • ナックル周りの剛性変更

などなど、剛性に関するセッティング変更は数多くありますが、どんな場合も標準セットから変えて行くのが基本です。

もし、最初から剛性をいじくり倒したセッティングで走り始めると、肝心のレースウィークでセッティング迷子状態になるので絶対に止めましょう。

 

リアトレッドは1400mm

リアトレッドは1400mm

次はリアトレッドについてです。

セッティングの中でもリアトレッドは、大きな変化を感じ取れる部分になります。

乗り方やコンディションにもよりますが、リアトレッドは基本的に1400mmです。

昔のレーシングカートは、リアトレッドを狭めることも多かったようですが、最近のレーシングカートはリアトレッドをどんどん出す方向性に変わってきています。

相当古いレーシングカートでない限り、リアトレッドは1400mmを目安にして良いでしょう。

 

僕が2度目に優勝した時のリアトレッドは1380mm

僕が2度目に優勝した時のリアトレッドは1380mm

ざっくりと、ここまでの内容を整理します。

  • マシン剛性は標準セットから
  • ドライのリアトレッドは1400mmが目安

といった内容でした。

しかし、僕がYAMAHA-SSで2度目の優勝をした時(ドライコンディション)のリアトレッドは1380mmです。

何故でしょう?

僕のリアトレッドが何故1380mmだったのかは、続きの記事で解説します。他にも、リアトレッド1400㎜でセッティングを合わせるためのコツや、実践で使える知識も解説しています。

そして、今回は基礎編と実践編に分けました。分けた理由は、

  1. 基礎となる仕組みを理解したいとき
  2. 実際にどのような応用が出来るのか知りたいとき

と、それぞれみなさんのニーズに合わせて記事を分けた方が見やすいかなと思ったからです。

今回の場合は、キクブログnext内のタグ検索で「レーシングカートとトレッド」「レーシングカートと剛性」と検索してもらえれば、タグ内容に関連した記事が絞り込めるようにしました。これからは、そんな感じで見やすいブログを目指していきます。

実践編もくじ紹介

  • なぜリアトレッドを広げるとアンダーステアになるのか?
  • なぜリアトレッドを狭めるとオーバーステアになるのか?
  • 曲がり込むコーナーに合わせたトレッド
  • リアトレッド1400㎜が良い理由
  • リアトレッド1400㎜のフィーリングが悪い時の対処法
  • なぜトレッドを狭めたのに勝てたのか?
  • 今の路面に最適なトレッドと剛性を見つけるためのコツ

◆続きは…

【基礎編】レーシングカートのトレッドと剛性→https://note.mu/race_hirokikuchi/n/nf2417e856fa5

【実践編】レーシングカートのトレッドと剛性→https://note.mu/race_hirokikuchi/n/nc6a6998f3725

 

関連記事

 

 

よろしければご覧ください

このサイトの運営者であるレーシングドライバー菊池宥孝は、レース活動を支援してくださるスポンサー様を探しております。

私からは、

  • 一緒にレースに参加するプラン
  • 一緒にイベントを開催するプラン

等をご提案させていただいております。

私の現状は、2021年もFIA-F4選手権の参戦に向けて準備を進めておりますが、予算が底をついている状況です。

そこで、スポンサー様にとっての負担と、私のレース活動を通した仕事の幅を広げるために、レーシングドライバー活動をするための会社を設立しました。

詳しくは、【2021年度のレース参戦企画書】【会社概要】をご覧いただけると嬉しいです。

「スポンサー様と一緒に楽しむ」をテーマにしております。よろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
みなさんこんにちは!レーシングドライバーの菊池宥孝です。僕のレース活動をサポートするメジャーCB株式会社の代表取締役でもあります。 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 ’15’16:ローカルカートレース ’17:全日本カート選手権FS-125クラス ’18’19:スーパーFJで四輪デビュー ’20:FIA-F4【ATEAM Buzz Racing #32】 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 それと、レーシングカート入門書も出版しました! 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です