初心忘るべからず

【完全ガイド】レーシングカートを始めるまで

 
この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさんこんにちは。レーシングドライバー菊池宥孝です。

今回は、「これからレーシングカートを始めたい」と思っている人に向けて、「レーシングカートを始めるまでの流れはどうしたら良いのだろう?」「どんな準備をすれば良いのか?」など、始めるまでの流れと手順が分からない人に向けて、「何をしたら良いのか?」についてまとめました。

また、「もし出来そうもなかったらどうしよう?」と不安を感じている方も、事前に出来るか出来ないかを判断する基準を解説しますので、そちらを参考にしましょう。

レーシングカートを新車で購入した場合、組み立てから納車までの日数がかかります。レーシングカートの組み立ては、非常に繊細な取り付けが求められるため、部品が揃ってから丸一日かけて組み立てる必要があります。そして、レーシングスーツなどの装備品も、在庫の欠品などで届くのが遅れることが頻繁にあります。

ショップの作業日程やサポート日程、装備品が全て揃うまでの期間、などの兼ね合いもありますので購入後、2~3週間で始められると考えた方が良いです。

というわけで、2~3週間でレーシングカートを始めるまでの流れを紹介します。

レーシングカートには、どれくらいお金がかかるのか知りたい方はこちら↓

 

レーシングカートを始めるまでの流れ

レーシングカートを始めるまでの流れ

まずは、レーシングカートを始めるにあたっての一般的な順番を紹介します。

  1. レンタルカートに乗ってみる
  2. 装備品を購入する
  3. ショップを探す
  4. レーシングカートを購入する
  5. 始めるまでの準備をする

という流れが一般的です。

ちなみに僕は、3→4→2→1という順番でした。5「始めるまでの準備をする」は何をしたら良いのか分からなかったので、フィジカルトレーニング以外はしていません(笑)。衝動的に買い物をするタイプではないのですが、「レーサーになる!」と大きな決意を持っているのであれば、逃げ場の作れない状況を作るのも良いかもしれません。

大学生が100万円ぶち込んで全て揃えたらやるしかないですもんね(笑)

ただ、今回は一般的な流れで紹介しています。順番を変えるか変えないかは自由にしてもらって結構ですが、この5つのステップを踏んで始めることが望ましいです。

 

レンタルカートに乗ってみる

レンタルカートに乗ってみる

一般的にレンタルカートとは、レーシングカートより遅いレンタルで乗れるカートのことを指します。

  • 始めようか迷っている人
  • 始めるまでに練習したい人

は是非一度乗ってみるべきです。

レンタルカートに乗って恐怖感を感じる場合は、無理に始めずにしばらくレンタルカートで慣れてからレーシングカートに乗りましょう。

レンタルカートとレーシングカートの基礎テクニックは同じです。具体的には、フレームの基本的な動きはレーシングカートと同じですし、タイヤを使い切るイメージの練習にもピッタリです。

家庭用ゲーム機などで練習するよりも、遥かに良い練習なので、レーシングカートを始める前に一度は乗っておきたい乗り物です。

 

装備品を用意する

装備品を用意する

レーシングカートはレンタルカートと違って、しっかりした装備品がなければ乗れません。

ここでは、必ず必要になる装備品と、実際に僕がレーシングカートを始めてから、どうしても必要だと思って購入したものまで紹介します。

装備品は、各ショップ在庫を抱えてないため、メーカー取り寄せとなります。そして、海外メーカー主体のレース界では、国内のメーカーや代理店が在庫を豊富に抱えているわけではなく、本国取り寄せになる場合が多いです。

そのため人気商品は、届くまでに時間がかかります。当然ですが、安価な商品でデザイン・質が良いものほど早く売れてしまうので、早く注文すべきです。

 

必要最低限の装備品

ヘルメット

ヘルメットは頭を守る大切な装備品です。

ヘルメットメーカーは多数ありますが、アライヘルメットはデザインも良く、最もポピュラーな選択肢になります。

2019年度から、全日本カート選手権の規則が変更され、15歳未満のドライバーはジュニア用カートヘルメットの着用が義務付けられています。15歳以上のドライバーは、四輪用・カート用の着用が許されます。ローカルレースでもこのレギュレーションが適用される可能性がありますので、これから始める人は全日本カート選手権のレギュレーションに合わせておきましょう。

そして、ディフューザーの取り付けも純正で最初から付いているもの以外は禁止されました。

 

15歳以上であれば、以下のカート用ヘルメットや、四輪用ヘルメットが使用可能です。↓

アライヘルメット SK-6
【Amazon】アライ (ARAI) SK-6 PEDカート競技専用ヘルメット

【楽天市場】アライ (ARAI) SK-6 PEDカート競技専用ヘルメット

純正のディフューザーが付いたカート用ヘルメット。価格も安く、社外のディフューザーが禁止されているため、人気商品です。

アライヘルメット GP-6S
【Amazon】アライ(ARAI) GP-6S 高性能スタンダード(4輪競技用) 

【楽天市場】アライ(ARAI) GP-6S 高性能スタンダード(4輪競技用) 

四輪用ヘルメットのベーシックグレード。カートも乗るけど四輪も乗りたい人は、こちらがオススメです。

 

レーシングスーツ

レーシングスーツ、グローブ、シューズは数多くのメーカーがあるので、いろいろと調べると良いでしょう。

  • スパルコ
  • アルパインスターズ
  • OMP
  • CLA

などが代表的なメーカーです。ちなみに、レーシングカートメーカーのレーシングスーツは、ネット上で新品は入手出来ません。例えば、僕が着ていたリカルドカートのレーシングスーツは、リカルドカートを販売しているショップからしか購入出来ないということです。

僕は、アルパインスターズの「KMX-9」というレーシングスーツを練習用に着ていました。生地も薄く、安価でデザインも良かったです。

アルパインスターズ KMX-9
【Amazon】(alpinestars アルパインスターズ) カートスーツ KMX-9 V2 SUIT

【楽天市場】(alpinestars アルパインスターズ) カートスーツ KMX-9 V2 SUIT

サイズ表記ですが、170㎝60㎏の僕は、48だと少し大きく感じ、46だと少しきつく感じました。最近は、少しきつめのサイズ感でスタイリッシュに着こなすのが主流です。

 

レーシンググローブ

レーシンググローブは、大きく2つの種類に分けられます。

  • 内縫い
  • 外縫い

の2種類です。これは、縫い目が内側にあるか、外側にあるかの違いになります。

縫い目が内側にある内縫いでは、指と指を密着させやすいという利点がありますが、握る際の指の動きを抑えてしまうので、疲れやすいです。

反対に、縫い目が外側にある外縫いでは、指と指は密着させにくいですが、ストレスフリーで握ることが出来るので疲れにくいです。

僕は、指を密着させないので、疲れにくい外縫いを選んでいます。特にこだわりがなければ、外縫いを選んでおけば間違いありません。

アルパインスターズ TECH1-KX

【Amazon】alpinestars(アルパインスターズ) TECH 1-KX GLOVES

【楽天市場】alpinestars(アルパインスターズ) TECH 1-KX GLOVES

こちらは、外縫いのレーシングカート用グローブです。耐久性も良く長持ちします。

 

レーシングシューズ

僕のレーシングシューズは、とにかく底が薄いものを選んでいました。理由は、レーシングカートのアクセルペダルは非常に軽いため、底が分厚いものだと、繊細なアクセルワークが分かりにくくなってしまうからです。

カートでは3メーカーのシューズを履いてきましたが、プーマのレーシングカート用シューズが断トツで底が薄かったです。歩いているだけでもアスファルトの凹凸を繊細に感じ取れる優れもので、人気商品である上に生産終了してしまったため、在庫が非常に少ない商品です。

このシューズならアクセルペダルを繊細に感じ取ることが出来ます。

 

結果的に必要になった装備品

僕は必要最低限の装備品でレーシングカートを始めましたが、しばらく乗っていると必要だと感じて購入したものがあります。これから紹介するものは、「あってもなくても良いもの」ですが、レーシングカートに乗っている人のほとんどが使用しているものです。

 

ミラーバイザー

純正のヘルメットには、クリアバイザーが付属しています。しかし、日中は太陽が眩しくて視界が悪くなるうえに、外から顔が丸見えになっていて少し恥ずかしいです。

ミラーバイザーを使用すると、ペイントしていない白いヘルメットなら、なおさら使用した方が見栄えが良いです。

GAZE ミラーバイザー ロゴあり
【楽天市場】GAZE ミラーバイザー 16SPL アライヘルメット GP6シリーズ用

【楽天市場】GAZE ミラーバイザー 16SPL アライヘルメット CK-6S用 

ロゴありのミラーバイザーです。ロゴは、中からほとんど見えませんが目を凝らすと透けて見えます。僕はこちらを使用していますが、ロゴが視界に入って邪魔だとは全く感じませんでした。

 

プロテクター

最初は何も付けずに練習していた僕ですが、練習しているうちに、あばら骨を痛めてしまいました。そこで、あばら骨を守ってくれる「リブプロテクター」と呼ばれるものを購入しました。

最初に購入したものは安価な1万5千円ほどのものでした。しかし、フィット感が悪いうえに衝撃吸収性も悪く、再びあばら骨を痛めます。

そこで、思い切って少し高い「EXGEL リブプロテクター」を購入しました。すると、今までヒーヒー言いながら乗っていたコーナーリングで、全く痛みを気にすることなく乗ることが出来ました。

これは、ジェルが入ったリブプロテクターで衝撃吸収性に優れたものです。ベーシックグレードでもフィット感も良く十分にあばら骨を守ってくれるので、これを持っていれば間違いありません。

 

フェイスマスク

ヘルメットをかぶった際に髪の毛が引っ張られたり、前髪が邪魔になったりするのですが、フェイスマスクをかぶることによって、髪の毛をまとめることが出来、走行時に支障が出なくなります。また、汗も吸ってくれるので、アンダーシャツのような役割を果たし、ヘルメットを清潔に保つことが出来ます。

 

お世話になるチームを探す

ある程度始める準備が出来たら、お世話になるショップ選びです。

レーシングカートを始めるにあたって、ショップ選びは非常に重要なポイントです。

「近場でいいや」「安そうなところ」などで探してしまうと、ろくにサポートも受けられず、無駄な買い物になってしまいます。

まずは、自分の目標に合わせてチーム選びをしましょう。

  • 強豪
  • 中堅
  • 楽しくワイワイ

など、ショップによって特色が違ってきます。自分に合ったショップ選びをしましょう。

絶対に選んではいけないショップは、

  • サポートが適当
  • 自己中心的な接客

このようなショップは、やめておくべきです。詳しいショップ選びについては、別記事で解説しています。

 

レーシングカートを用意する

レーシングカートを用意する

ショップを選んだら次はカート選びです。

レーシングカートと一言で言っても、多くのレーシングカートメーカーがあります。各メーカー少しずつ特性が違いますが、速く走らせる技術ならどんなメーカーでも練習になります。

それ以上にショップ選びの方を重視しましょう。

中古のレーシングカートを選ぶ場合は、正確に状態を見極める必要があります。フレームが少しでも曲がっていたり、フレーム修正をしたことがあるカート、オークションやフリーマーケットアプリでの購入は絶対に避けましょう。

もし、どうしても欲しいなら、実際に見に行って自分の目で確かめてから購入してください。レーシングカートの見極め方は、以下の記事で解説しています。↓

 

プラスαで出来ること

プラスαでレーシングカートに乗るまでに出来ることがあります。

  • 本を読む
  • 動画を見る
  • 基礎体力を付ける

この3点に可能な限り時間を費やしましょう。レーシングカートは、乗っていない時に何が出来るかが重要です。経験がない頃は、「とにかく知ること、慣れること」が重要で、レーシングカートに乗り始めてからは、意識的に実践出来ると効率良く上達出来ます。

 

本を読む

レーシングドライバーの本を読む

本に関しては、始める前に読んでおきたい本と、練習しながら読み進めたい本があります。

最低限ここで紹介する2つの本を読めば、レース界の基本的な流れが分かりますし、カートの技術的な部分で迷うことも激減します。新しいことに挑戦するときは、何が正解で何が不正解なのか、分からないことだらけです。

まずは、この2つの本があれば大丈夫です。

カートを始める前に読みたい本

元F1ドライバーのタキ井上こと井上隆智穂さんが執筆した本です。F1を含め、F1に行くまでの経験が事細かに書かれています。お金が全てではないと素直に納得出来ます。僕はお金が全てだと思っていたので、考えを改めさせられました。プロを目指して始める人は絶対に読んでおくべき一冊です。

カートの練習をしながら読み進めたい本

レーシングカート界で知らない人はいない鈴木立一さんが執筆した本です。レーシングカート時代、僕とトップ争いをしたこともあるドライバーのチーム監督で何度かお話させて頂いたのですが、本当にレーシングカートに詳しく、「正しい知識を広めたい」という世直し的な考えをお持ちの方です。

初心者の頃は理解出来ない内容もありますが、練習していく中で、「ああ。こういうことだったのか!」と理解しながら読み進められる本です。少しずつ読み進めたり、振り返ったりしながら読むことをオススメします。

 

動画を見る

レーシングカートは奥が深いスポーツです。簡単な仕組みで作られた乗り物だと言われていますが、速く走らせるためには、繊細な領域で乗りこなせるようにならなければなりません。

本当に細かい部分で、速い人と遅い人の差が生まれます。初心者の頃は、何が違うのか分かりません。

ただ、一つだけ初心者でも違いが分かることがあります。それは、「姿勢」です。レースへの取り組み方とかそういったものではなく、レーシングカートに乗っている時の姿勢です。

体を使うとか、ブレーキング操作とか、そんなものは乗ってみないと分かりません。

しかし、乗っている時の姿勢というのは、外から見なければ分かりません。全日本カート選手権のトップドライバーと、そうでないドライバーは、レーシングカートに乗っている時の姿勢が違います。

とりあえず「トップドライバーの姿勢をコピー」して走ることを意識します。また、カートレースの駆け引きも学べるので、レーシングカートのレース動画は何度も繰り返し見て研究しましょう。

 

基礎体力を付ける

レーシングカートは体を使うスポーツです。

最低限の基礎体力がなければ、速く走らせることが出来ません。レーシングカートを自由自在に操るためには、余裕を持って乗れる筋力が必要になりますし、真夏に行われるレースでは炎天下に耐える体力が必要になります。

ほとんどの人が伸び悩む原因が、基礎体力不足から来ています。

いくら技術があっても、体力が持たなければ速く走れません。レーシングカートを始める前に少しでも、基礎体力を付けておきましょう。

 

まとめ

まとめ

今回紹介した項目は、レーシングカートを始めるまでにやっておきたい内容です。もう一度まとめますと、

  • レンタルカートに乗ってみる
  • 装備品を購入する
  • ショップを探す
  • レーシングカートを購入する
  • 本を読む
  • 動画で研究する
  • 体力トレーニングをする

最後の3つは必ずしもやらなくて良い項目ですが、確実にスタート地点とその後の成長率を上げることが出来ます。

そして、レーシングカートは楽しむものです。これだけは忘れずにレーシングカートを始めてみましょう。楽しむことが上達に繋がりますし、楽しくてしょうがないと思えたら、次の練習が待ち遠しくて「前回の練習の反省から新しいことを試そう」とか「今度のレースは絶対に勝てるように練習しよう」などと、モチベーションが高まります。

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

この記事がみなさんのレーシングカートを始めるきっかけになってくれたら嬉しいです!ではサーキットでお待ちしています!

スポンサーのお願い

このサイトの運営者である、レーシングドライバー菊池宥孝はレース活動をサポートして頂けるスポンサー様を必要としています。

まずは、僕の人間性を知って頂きたいので、直接お会いしたり、お電話したりしましょう。

僕自身から提供出来るものは、企業様のPR活動を始め、節税対策などにも協力します。

詳しくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です