初心忘るべからず

【お金がない】大学生がレーシングカートを始めるには?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさんこんにちは!レーシングドライバー菊池宥孝です。

今回は、大学生がレーシングカートを始めるまでの流れや、本当に始められるのか迷いを持った人向けの内容です。

「大学生になったし、バイトを始めてレーシングカートを始めたい!」「レーシングカートってお金がかかるイメージが…」「レンタルカートで我慢しようかな」

などなど、レースが好きな人なら、大学生になったら何かに挑戦してみたいですよね。

僕自身、レーシングカートを大学3年生から始めて今に至ります。

大学生活は人生の夏休みとも言われますが、その延長線上で趣味の範囲内で楽しく始めることも出来るのがレーシングカートの魅力です。

実際に大学生がレーシングカート部を創設して楽しく活動していますし、中途半端にスポーツカーを購入して一般道で危険な運転をするくらいなら、サーキットの中をレーシングカートで限界走行する方がはるかに大人でカッコイイ遊び方です。

今回は、お金に余裕がない大学生でも出来るレーシングカートの始め方を紹介していきます。




レーシングカートってどんなスポーツ?

レーシングカートってどんなスポーツ?

レーシングカートの始め方の前にサラッと、「レーシングカートがどんなものなのか?」説明します。

レーシングカートは、走って曲がって止まるだけの機能しか持ち合わせていない乗り物です。

地面に座っているくらいの低さで限界走行を楽しめるので、入門クラスであっても体感速度は200km/h以上になります。

  • 硬いシート
  • サスペンションなし
  • パワーステアリングなし
  • エアコンなし

といった快適に乗るための装備は持ち合わせていませんが、その分、路面の細かな凹凸や勾配、タイヤが滑っていくフィードバックが感じ取りやすいです。

そして重心が低いため、遠心力や縁石からの突き上げなどで体に掛かる負担が大きく、走行後には体がフラフラな状態になる人も多いです。

実際にどんな感じなのか?

レーシングカートの入門カテゴリーに乗った際の、ドライバー視点の動画をご覧ください。

「楽しそう!」と思った人!是非始めましょう!

 

お金を用意する

お金を用意する

ここからが本題です。レーシングカートを始めるにあたって最もネックなポイントがお金です。

世の中の大半のことはお金で解決出来ますがレーシングカートも同様で、「お金をかければかけるほど有利な世界」と言われます。レーシングカートを始めるための初期費用を簡単にまとめると、

  • 新車のレーシングカート60万円
  • 新品エンジン10万円
  • レーシングギア一式12万円
  • 工具類5万円
  • その他諸々

全て新品で揃えると、入門カテゴリーであっても初期費用で100万円ほどかかってしまいます。

反対に、レースで好成績を収めるのは難しくなりますが、全て中古で揃えると40万円くらいから始められます。

ヤフーオークションやメルカリなどで、10万円以下の激安レーシングカートが販売されていますが、真っすぐ走らないのは当たり前で、メンテナンスも行き届いていないのでオススメ出来ません。

レーシングカートに安心して乗るための最低購入金額ラインは20万円から。信用出来る販売店で選びましょう。

金銭的に余裕がない大学生がレーシングカートを始めるには、全部コミコミで40万円の初期費用をボーダーラインにしてください。

大学生は、「暇があっても金がない」と言われますが、“暇な時間”を上手く活用して、お金を稼ぎましょう。

中古のレーシングカートの選び方を詳しく解説した記事もあります。



レーシングカートショップを探す

レーシングカートショップを探す

ショップには頼れるメカニックさんがいます。

レーシングカートのショップはたくさんありますが、大学生にオススメのレーシングカートショップは、ローカルレースに力を入れているショップです。

ショップは大きく分けて2つ。

  • 全日本カート選手権で勝利を目指す強豪チーム
  • ローカルレースでワイワイ楽しむ地元チーム

に分かれます。

強豪チームであれば戦闘力の高いレーシングカートが提供されますが、それと引き換えに潤沢な資金が必要です。

金銭的に余裕がない大学生が趣味で楽しむためには、お金をかけないで何度も乗った方が絶対に楽しいので、ワイワイ楽しむ地元のチームをオススメします。

詳しくは、レーシングカートのショップ選びについて解説した記事を参考にしてください。

 

レーシングカートを購入する

レーシングカートを購入する

先ほども解説しましたが、レーシングカートの購入は初期費用の多くを占めます。

  • 20万円の中古を購入するか?
  • 60万円の新車を購入するか?

「楽しむこと」を第一に考えるのであれば、中古で十分です。

差額の40万円で1年くらいは趣味として十分に走れます。

プロを目指さないのであれば、20万円の中古レーシングカートで走り込んで、お金に余裕が出てきた社会人になってから新車のレーシングカートを購入してみて、ハイレベルなレースに挑戦する計画でも良いですね。

さらに、趣味として楽しむ人が多く出ているレースであれば、中古のレーシングカートでも十分に戦えるので、レースで楽しく順位争いがしたいなら、耐久レースやレンタルレーシングカート専用レースに参加することをオススメします。

ようは、プロやカートの全国チャンピオンを目指している人たちと同じ戦場に立たなければ差が出にくく、レースでバトルを楽しめるのです。

趣味とは言え、ボロボロに負けるのが楽しい人は滅多にいません。それが楽しい人はプロを目指すべきメンタルを持っています。

僕もプロを目指していたとはいえ、ぶっちぎりのビリだったころは辛かったです。笑

 

レーシングギア一式を購入する

レーシングギア一式を購入する

レーシングカートを購入したら、レーシングギア一式(装備品)を購入しましょう。

大まかな価格ですが、

  • ヘルメット5万円
  • レーシングスーツ5万円
  • レーシングシューズ1万円
  • レーシンググローブ1万円

で必要最低限の装備を揃えられます。

後々、あばら骨を守るプロテクターなどが欲しくなると思いますが、まずは走るために必要な最低限のレーシングギア一式を揃えましょう。

詳しくは、レーシングカートを始めるまでの完全ガイド記事や、タイムアップに繋がるレーシングシューズの選び方を解説した記事があるので参考にしてください。

 

トランポや工具類を揃えよう

トランポや工具類を揃えよう

トランポがあればどこにでも遠征できます。

ここまで紹介してきたものが揃っていれば、とりあえず始めることは出来ます。

ただ、サーキットまで運んでメンテナンスしなければ走り出すことが出来ません。

  • レーシングカートを運ぶ車(トランポを用意。またはショップのトラックを借りる)
  • レーシングカートで走る準備(自分の工具で整備。またはメカニックさんを呼ぶ)

が必要です。

最安でやりたいのであれば、自分でトランポと工具類一式を購入しましょう。

トランポは、5ナンバーサイズミニバンの3列目シートを取り外して5人乗り仕様にするのがオススメです。

ハイエースは意外と維持費が安くて良いのですが、初期費用がかなり高額なので大学生にはオススメ出来ません。

僕は、ボロボロのステップワゴンを譲ってもらえたので、それでレーシングカートを運んでいました。ボロボロ過ぎて見栄えは最悪でしたが、最終的にはボロボロで水色のステップワゴンが僕のトレードマークになりました。笑

多少古くても、国産のミニバンは安くて壊れにくいのでオススメです。

工具類は、高価なものを購入する必要はありません。楽天市場などで売っている工具セット一式を用意しておけば大丈夫です。

あとは、20ℓのガソリン缶、ケミカル類、ウエスなどが必要です。詳しい準備リストは各レーシングカートショップで教えてくれますし、困っていたら周りの人が助けてくれます。

 

揃えるのが面倒ならレンタルもオススメ

揃えるのが面倒ならレンタルもオススメ

レンタルレーシングカートレースも開催されています

趣味だけど本気で取り組みたい人は、自分で全て購入して始めるのをオススメしますが、レーシングカートを始めるまでの流れを見て「ちょっと全部を揃えるのは面倒だなー」なんて思った人もいると思います。

そんな人は、全部レンタルでやってしまいましょう。

  • レーシングカート
  • レーシングギア一式
  • 運搬

全てレーシングカートショップに任せるのも一つの選択肢です。

自分の身一つでサーキット入りして、用意されたレーシングカートとレーシングギアで走り出します。レーシングギアまで用意してもらえるので、待遇はプロ以上です。笑

価格も1日2万円くらいで楽しめるので、気軽にレーシングカートを楽しみたいのであれば、レンタルレーシングカートもオススメです。

埼玉県さいたま市にある、下記のショップはレンタルレーシングカートプランをやっているので、気になる人は一度乗ってみましょう。

  • 1日レンタル15000円+走行料
  • 半日レンタル10000円+走行料
  • 初心者1時間枠6500円+走行料

※走行料は約2000円~6000円です。

詳しくはショップまで→レーシングカートショップ ガレージC

他にも全国各地にレーシングカートショップはあるので、お近くの気になるショップを見つけたら聞いてみましょう。

【結論】お金がなくてもなんとかなる

【結論】お金がなくてもなんとかなる

勝つだけがレースではありません。

ここまで、大学生がレーシングカートを始めるまでの流れを解説しました。

どうでしょう?

初期費用は少し高額ですが、維持費に関しては結果を求めない限り、それほどかかりません。年間20~40万円くらいで十分に楽しめます。

お金が無くなってきたら休止すれば良いだけなので、あまり考えすぎないように。

せっかくの大学生活なので、自分がやりたいことをやって後悔すべきです。若いからどんな失敗も良い経験になります。

そして、レーシングカートを趣味にしている、【おじさん世代】の方たちは、企業の経営者や変わった職種の方が多く、世間話だけでも非常に面白くて勉強になります。

僕自身、この方たちと出会ってから考え方が変わりました。普通の大学生活と就活では経験出来ないことです。

この経験を生かして就活するだけでも周りと差別化できます。

この人たちと関われただけでも、レースを始めて本当に良かったと僕は思います。社会勉強の一環も兼ねて、大学生からレーシングカートを始めるのは本当に良い経験になるので、迷っている人は、まずはやってみましょう。

実際に始めてみて、上手くいかないなあと思ったら、僕のブログを参考にすれば何とかなります。その時はまたよろしくお願いします!笑

写真提供:FUKAYA 様、久家 様

スポンサーのお願い

このサイトの運営者である、レーシングドライバー菊池宥孝はレース活動をサポートして頂けるスポンサー様を必要としています。

まずは、僕の人間性を知って頂きたいので、直接お会いしたり、お電話したりしましょう。

僕自身から提供出来るものは、企業様のPR活動を始め、節税対策などにも協力します。

詳しくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です