初心忘るべからず

【保存版】レーシングカート上達へのテクニックまとめ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさんこんにちは!レーシングドライバー菊池宥孝です!

今回は、【初心者がレーシングカートを上達するまでのステップ】を、初心者レベルからステップアップ出来るように、レーシングカートのテクニックについて解説した記事をまとめていきます。

本ブログ、「キクブログ」のレーシングカート関連の記事は、初心者の人が分かりやすく読める内容が多く、さらにそこから上級クラスで勝てるようになるまでの少し難しい内容までを、読み進めて行けるように作りました。

この記事を元に、みなさんレーシングカートのテクニックを磨いて、より一層楽しんでいきましょう!

 

レーシングカート初心者がすぐに使えるテクニック

カート初心者 テクニック

レーシングカート初心者や、レンタルカート初心者がすぐに使えるテクニックについて短く簡潔に解説しています。

記事後半では、上級者でもついついやってしまいがちなことも解説しました。

ベテランや、ビギナークラスでなかなか優勝出来ない人も「知らないor忘れていた」と言ってしまうテクニックです。初心者だけではなく、最近伸び悩んでいたり、成績が下降してきた人も、初心に帰るつもりで読んでみると再発見があるかもしれません。

基本をおろそかにして上達してしまうと、その後の伸びしろに大きく影響してしまいますので、この記事で紹介するテクニックを忘れないように練習しましょう。⇓

 

レーシングカートの体の使い方

レーシングカートの体の使い方

ドライコンディションとレインコンディションの体の使い方についての記事です。

よく、「もっと体を使って乗れ」と言われることがあると思いますが、具体的に「何を?どうやって?」使って乗れば良いのか分からない人がほとんどです。

実際に僕も「体を使えてない」と、何度も指摘され続けてきましたが、全く理解不能でした(笑)

下手に体を使おうとするとタイムが落ちてしまうので、初心者の頃は何もせずに乗っていました。しかし、練習で走り込んでいくうちに、上手く体を使うコツが何となく分かってきました。

今では、初心者の人に体の使い方を教えると理解しやすいらしく、すぐにタイムアップしてくれます。

この記事は、僕がレーシングカートを上達するまでの過程で学んだ、体の使い方について分かりやすく解説しています。⇓

 

レーシングカートの雨の走り方

↑動画リンクになっています。

レーシングカートのレインコンディションの走り方を解説した記事です。動画でも解説しています。

僕がYAMAHA-SSクラスで、まだビリの方を走っていた頃のレースのことですが、当日はレインコンディションでした。

ドライコンディションの前日練習では、トップと1秒以上差を付けられていて、今回もどこまで差を縮められるのかが課題となりそうな予感でした。

しかしタイムトライアルが終わって、18台いる中で、まさかの2位。その年のSL全国大会で優勝したドライバーよりもレーシングカート初心者の僕が、あろうことか前に来てしまいました(笑)

レースは、ドライコンディションになり結果的に9位まで落ちてしまいましたが、そのレース以来、レインコンディションの走り方のコツを掴んで、他のコースでも上位に食い込むようになりました。

なぜ速く走れるのか分かっていなかったのですが、経験を積むにつれて、自分の走り方の良い部分と悪い部分が分かるようになってきました。

  • 操作方法
  • 体の使い方
  • ライン取り
  • 水たまりの攻略

について、僕がレーシングカートで走る中で学んだレインコンディションの走り方について解説しています。⇓

 

0.1秒タイムアップする㊙テクニック!?

0.1秒タイムアップする裏技テクニック!?

㊙と書いておきながらネタバレになりますが、レーシングカートを曲げるために必要な【腹筋】についての記事です。

キクブログでは、体の使い方について様々な記事で解説してきましたが、最終的には腹筋がレーシングカートを走らせるうえで最も大切なコツになります。少々難しい内容になりますが、これが出来るようになると、そこからさらに応用して速さに結び付けられるキッカケが見つけやすくなります。

僕が腹筋の使い方の理解を、かなり出来たのは四輪デビューしてからです。

しばらくレーシングカートに乗っていなかったため、現役レーシングカーターの頃よりも、筋力と体力も落ちた状態で全日本カート選手権のレース前練習に行った際に、「楽に速く乗れないのだろか?」と考え、今までの体の使い方を元にいろいろ試したら、多くの発見がありました(笑)

ヘロヘロになりかけながらも良いタイムで走っていたので、効果はあるテクニックです。⇓

 

初心者から初優勝までの半年間の練習方法

初心者から初優勝までの半年間の練習方法

僕がレーシングカートを始めてから初優勝するまでの半年間に、あれこれ工夫しながら試した練習法や、急激にタイムアップしたメンテナンスについての記事です。

かなり真面目に書きました。

多くの人があまりやろうとしない一風変わった練習法もあります。走り方だけではなく、初心者がおろそかにしがちなメンテナンスについても解説しています。

初心者から中級者に進みたい人には特にオススメの記事です。⇓

 

おまけ

おまけ

おまけ記事です。

カート界のモナコと個人的に言っている、サーキット秋ヶ瀬の走り方について解説しました。

ここまでの記事で得た知識を元に、「実際のサーキット走行でどのように応用していくのか?」を考えながら読んでみてください。

みなさんのホームコースの攻略にも役立つ内容が入っているかもしれません。⇓

 

書籍紹介

レーシングカートのテクニックについて、詳しく書かれた本を紹介します。

今回紹介するのは、【レーシングカートテクニック 完結編】です。レーシングカートに詳しくて、既に読んだことがある人も多いと思います。

著者の鈴木立一さんは、レーシングカート界で名の知れた方で、僕がYAMAHA-SSクラスで優勝争いをしたドライバーのチーム監督でした。何度かお話させていただいたのですが、本当にレーシングカートに詳しくて、「この本を読んで正しい知識を付けて欲しい」という理念を持って執筆されたようです。

改めて現在読み返しても、違う視点からの発見も多く、見ていてとても面白い本です。

この本は、レーシングカートを練習しながら少しづつ読み進めて行くことをオススメします。レーシングカートのドライビングテクニックから、マシンセッティングまで幅広く濃密に網羅された内容です。

 

まとめ

今回は、キクブログで紹介するレーシングカートのテクニックについてでした。この記事を元に、一つ一つステップを踏んでいくことによって着実に上達していける内容です。

まとめ記事になっていますが、ここからさらに内容を充実させていこうと思っていて、キクブログを読みながら、みなさんのレーシングカートライフがより良いものになるように、これからも発信する予定なので参考にしてみてください。

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

ご意見、ご要望がありましたら、気兼ねなくお問い合わせください。それでは!

スポンサーのお願い

このサイトの運営者である、レーシングドライバー菊池宥孝はレース活動をサポートして頂けるスポンサー様を必要としています。

まずは、僕の人間性を知って頂きたいので、直接お会いしたり、お電話したりしましょう。

僕自身から提供出来るものは、企業様のPR活動を始め、節税対策などにも協力します。

詳しくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です