初心忘るべからず

カート初心者がすぐに使えるテクニック

 
カート初心者 テクニック
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
みなさんこんにちは!レーシングドライバーの菊池宥孝です。僕のレース活動をサポートするメジャーCB株式会社の代表取締役でもあります。 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 ’15’16:ローカルカートレース ’17:全日本カート選手権FS-125クラス ’18’19:スーパーFJで四輪デビュー ’20:FIA-F4【ATEAM Buzz Racing #32】 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 それと、レーシングカート入門書も出版しました! 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

皆さんこんにちはレーシングドライバー菊池宥孝です。

たびたびこのブログでは、レーシングカートで実践できるテクニックについて紹介してきたのですが、「腹筋の使い方をイメージしても上手く出来ない」「初心者には難しいのではないか?」と考えている人も多いかと思い、今回は初心者がすぐに簡単に実践できるテクニックを紹介していきます。

今回紹介するテクニックをオススメするのは、【レーシングカート初心者】【レンタルカート初心者】です。始めたばかりの頃は、正解だと思っていることが間違いであったり、客観的に自分の走りの課題を理解出来ていなかったりと、狭い視野になってしまいがちです。

初心者が、ついついやってしまいがちな走り方を具体例とともに解決策まで解説していこうと思います。

そして、レーシングカートの入門書を出版しました。レース環境の作り方から、入門者がすぐに実践出来るドライビングテクニックについて解説しています。現役ドライバーならではの目線で解説していますので、カートを始めたい人はもちろんのこと、カート入門者にオススメの1冊です。

▼レーシングカート入門者にオススメの1冊▼

created by Rinker
秀和システム
¥2,420 (2021/10/27 15:37:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

乗車姿勢を意識する

乗車姿勢を意識する

僕のブログでよく紹介する、「体の使い方」についてです。腹筋の使い方としても紹介しました。しかし、「これらの内容では初心者にわかりにくいのではないか?」と考え、さらに簡単に実践出来るように説明します。

そこで、初心者が最も意識してほしい体の使い方は、「脇を締める」ということです。

よく、コーナリング中などに脇が開いてしまうドライバーを見かけます。これでは、余計な力がハンドルに伝わって正確な操作ができなくなったり、重心が安定せずに不安定なコーナリングになってしまったりします。

そこで、脇を締めるという意識を持って乗りましょう。

脇を締めることによって、ハンドルに対して力みが無くなり、自然と腹筋や体幹を使ってコーナリング出来るようになります。

最初は、意識していても脇が開いてしまうことが多いでしょう。しかし、コーナリング中も、「あー、脇が開いてしまったな」と感じることが出来る位余裕が生まれれば合格点です。

脇が開いていることを、修正しなければいけないと言う意識を無意識にでも出来るように頻繁に意識していきましょう。これだけでも、十分に効果があるので試してみてください。



視点が近すぎる

視点が近すぎる

カート経験が浅いと、走行中に見ている視点が2〜3メートル前ということがよくあります。

実際に僕もレーシングカートに乗り始めた頃、視点が2メートル前位だったのを覚えています。視点を遠くに移そうとしても治りませんでした。

「どうしたら視点を遠くに移せるのだろうか?」と色々と考えたのですがなかなか解決出来ません。試行錯誤していく中で1つだけ解決策を見つけることが出来ました。

それは、「間接視野で近くを見る」ことを覚えられた時でした。基本的な視点を遠くに意図的に持っていき、間接視野で縁石など近くを見ることを練習しました。具体的には、

  • コーナー進入前にクリップを確認
  • ターンインを始めたら立ち上がりのアウト側の縁石に視点を移す
  • 意図的にヘルメットの角度を上げる

この3点を違和感を感じながらも意図的に練習しました。なかなか慣れないと思いますが、しばらく継続すれば出来るようになります。



突っ込みすぎ

突っ込みすぎ

次に、旋回速度を上げていこうとして、突っ込みすぎになってしまうドライバーもたくさんいます。

旋回速度を上げようと意識すると、ブレーキを奥にすると言う意識が働いてしまいます。しかし、ブレーキングポイントが奥になってしまうと、カートが曲がろうとしているのにブレーキを引きずっている状態になり、カートが曲がりません。

カートが気持ちよく曲がるには、フロント荷重できっかけを作り、ブレーキをリリースしながらリアタイヤの縦グリップを逃していく必要があります。

少し難しい話になりますが、リアタイヤの縦グリップとは、減速するためのグリップということです。

縦+横= 100が最大グリップになります。縦グリップに100使ってしまうと、横グリップに使える分が無くなってしまいます。そのため、ブレーキングで縦に100使ったところから、横に100使えるようにブレーキをリリースしていくのです。

そう考えると、旋回速度を上げたければ「いかに早くブレーキをリリースできるか?」に意識を集中させていけば良い、ということになります。

難しくてよく分からないという人は、「ブレーキを残しすぎないようにコーナリングする」という意識で大丈夫です。

※関連記事→新品タイヤでタイムが落ちる理由【レーシングカート初心者あるある】

 

まとめ

今回はカート初心者の人がやりがちな間違った乗り方の代表例を紹介しました。

  • 正しい乗車姿勢
  • 視点を遠くに
  • 突っ込みすぎない

まずは、この3点から取り組みましょう。これらは、自覚が無い場合がほとんどですので、外から撮ってもらった写真や動画で客観的に見ると分かりやすいです。

初心者の人は、この3点がそれなりに出来るようになるだけで、かなりのタイムアップに繋がりますので、是非やってみてください。

それではまた!

写真提供:FUKAYA 様、久家 様

 

▼入門者向けのカート実用書▼

created by Rinker
秀和システム
¥2,420 (2021/10/27 15:37:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

▼上級者向けのカート実用書▼

 

関連記事

 

 

 

よろしければご覧ください

このサイトの運営者であるレーシングドライバー菊池宥孝は、レース活動を支援してくださるスポンサー様を探しております。

私からは、

  • 一緒にレースに参加するプラン
  • 一緒にイベントを開催するプラン

等をご提案させていただいております。

私の現状は、2021年もFIA-F4選手権の参戦に向けて準備を進めておりますが、予算が底をついている状況です。

そこで、スポンサー様にとっての負担と、私のレース活動を通した仕事の幅を広げるために、レーシングドライバー活動をするための会社を設立しました。

詳しくは、【2021年度のレース参戦企画書】【会社概要】をご覧いただけると嬉しいです。

「スポンサー様と一緒に楽しむ」をテーマにしております。よろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
みなさんこんにちは!レーシングドライバーの菊池宥孝です。僕のレース活動をサポートするメジャーCB株式会社の代表取締役でもあります。 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 ’15’16:ローカルカートレース ’17:全日本カート選手権FS-125クラス ’18’19:スーパーFJで四輪デビュー ’20:FIA-F4【ATEAM Buzz Racing #32】 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 それと、レーシングカート入門書も出版しました! 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です