初心忘るべからず

レーシングカートが「跳ねる・バタつく」時の対処法【テクニック編】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさんこんにちは!レーシングドライバー菊池宥孝です。

先日、久々にレーシングカートに乗らせてもらいました。サーキット秋ヶ瀬で、10㎏のジャケットを着用し、セミハイグリップタイヤで走行したのですが、ものすごいバタつきに苦戦したので、今回は「レーシングカートがバタつく時の対処法」をテーマにします。

レーシングカートがバタつくとは、コーナリング中にタイヤが引っ掛かってしまって、レーシングカートがバタバタと跳ねる症状です。まだ、この症状を経験していない人も、いずれ経験する時が来るので、事前に予習しておきましょう。

レーシングカートがバタつく大きな要因は、

  • 急激なグリップの上昇
  • ドライバーがグリップに合わせ切れていない

ほとんどのバタつきが、この2点によって起きています。僕が久々にレーシングカートに乗った際のバタつきは、「ドライバーがグリップに合わせ切れていない」のが原因です。過去、僕がレーシングカートに乗ってバタつきを感じたのは、

  • MOJO路面が出来た時(急激なグリップの上昇)
  • 初めて全日本FS125のハイグリップタイヤで走った時

です。先日は久々にレーシングカートに乗ったこと、タイヤがセミハイグリップタイヤであったこと、から僕がグリップに合わせ切れていないことは明確でした。

ただ、体力が限界を迎える前までは、走りの改善点はあったものの良いタイムで走れていたので、バタつきに対する対処は出来ていたと考えられます。

 

一点心残りがあるのは、【健康オタク】なのに体力が持たなかったこと。

いくら10㎏のジャケットを着て、セミハイグリップタイヤで走ったとしても、体力だけは持たせたかった…

「1ヒート30周以上走ってから戻ってきて」とオーナーさん言われ、半日で120周以上走らせてもらいましたが、90周くらいで限界突破しました(笑)

この記事を読んでくれているみなさんも、機会があったらぜひ、【10㎏のジャケット+セミハイグリップタイヤ】で走ってみてください。僕が散々重要だと言っている、【腹筋】がものすごく鍛えられます。

ブリジストンのセミハイグリップタイヤは、SL17に近いフィーリングですので、SL17の新品を使いこなすための練習にはちょうど良いですし、割と長持ちします。

話は逸れましたが、今回はレーシングカートがバタつく時の対処法を解説していきます。




腹筋を使う

腹筋を使う

腹筋と骨盤を使って曲げる

「また腹筋かよ!」と言われそうですが、本当に効果があるから言っています。

先日乗った際に、バタつきを抑えるのに苦戦したのは、10㎏のジャケットによって上手く体(腹筋や骨盤)を使うことが出来なかったのが原因の一つです。

体重が重い人は、想像以上のGを感じながら走っているんですね。あの重さを体験してみて、「ダイエットすれば速くなる説」が思い浮かんだので、誰か実践してくれる70㎏以上の人募集します(笑)

他記事でも解説しましたが、腹筋を含め骨盤や肩などの上半身を上手く使うことによって、レーシングカートは驚くほどスムーズに曲がっていきます。

それは、レーシングカートがバタついてしまうときでも一緒です。

もし、腹筋を使ってもバタついてしまう時は、バタつきを抑え込むために使います。

バタついている時のタイヤからの衝撃は、ドライバー側にも加わります。その衝撃に耐えられずに受けてしまった場合、シートの外側に体重が素早く何度もかかり、アウト側のタイヤにも力が加わってしまうため失速してしまいます。コーナリング中にアウト側に体重を乗せると、グリップしているように感じるもののフレームがしなりすぎて失速するのと同じ原理です。

それを防ぐためには、バタついてしまった時も体の軸がブレないように乗り、適切な荷重バランスが配分出来る姿勢を取り続けなければなりません。

さらに、レーシングカートが曲がろうとするタイミングを体で感じ取ることも出来ます。

その結果、ちょうど良いタイミングで【止める・曲げる・加速する】という操作が出来るようになるわけです。←ココ重要

つまり、レーシングカートを速く走らせるための基本中の基本は全て、「腹筋を上手く使う」ことから来ていると言えます。これが出来ていなければ、いくら操作が上手くても優勝するのは困難です。

実際に10㎏のジャケットを着用してレーシングカートに乗った時、体の余裕がなくなってしまい、レーシングカートが曲がろうとするタイミングを体で感じ取ることが困難に感じました。

ということは、レーシングカートに乗った時に体力に余裕がない人は、体を鍛えることによってタイムアップに繋がるポテンシャルを秘めているとも言えます。僕が全日本カート選手権で苦労したのも、ハンドルにしがみついているくらいギリギリだった「ヨボヨボな体力」が大きな原因だったということです。

一番の腹筋の鍛え方はレーシングカートに乗ることですが、普段の生活からでも簡単に鍛えられる方法もあります。

僕は、全日本カート選手権に出ていた頃よりも現在の方がレースに必要な筋肉が増えました。そのためのトレーニング法や、体の使い方についての記事はあるので、まだ読んだことがない人は見てください。(記事の最後にリンクを貼っておきます)

 

アクセルを踏むタイミングを変える

アクセルを踏むタイミングを変える

次に紹介するのは、「アクセルを踏むタイミングを変える」テクニックです。

通常みなさんは、クリップ付近でブレーキからアクセルに踏みかえると思うのですが、レーシングカートがバタつく時は、そのアクセルオンによってバタつきます。

「腹筋を使ってもバタつくんだけど…」

こうなったら、

  • アクセルオンを遅らせる
  • アクセルオンを早める

を試してみましょう。

ほとんどの場合、アクセルオンを遅らせることで解決出来ますが、稀にアクセルオンを早めた方が良い場合もあります。

アクセルオンを早めてバタつかないようにするためには、【適度なインリフト】が必要です。そのためには、アクセルを踏みながらステアリング舵角を少し入れておくことでインリフトを誘発させます。

レーシングカートの構造上、ステアリングを切っている間はイン側のリアタイヤが浮きやすくなっているので、その特性を利用してアクセルを踏んでいきます。

加速途中ではステアリング舵角によって多少抵抗感はあるものの、インリフトを使って滑らかに加速していくと、思ったよりも滑らかに立ち上がることが出来ます。

ただ、この状態で加速しなければならないのは末期です(笑)。基本的にはアクセルオンをワンテンポ遅らせることでほとんど解決します。

クリップを過ぎるまでアクセルオンを遅らせることで、加速時のフロントタイヤのバタつきを抑えて滑らかな加速を実現させることに繋がります。

アクセルオンを遅らせる時のポイントは、「アクセルをスイッチのように踏む」ことです。ジワジワ優しく踏んでも、レーシングカートは向きが変わりきっているので、アクセルの踏み始めからリアタイヤの加速方向のグリップには余裕があります。

そのため、クリップを過ぎて向きが変わりきったら「ドン」とアクセルを思いっきり踏んじゃいましょう。

すると、「ポン」と押し出すようにスムーズな加速をしていきます。

 

セッティングで対応するには

セッティングで対応するには

「ドン」とか「ポン」とか、擬音を使ってさらっと簡単そうに走らせ方をまとめてみましたが、実際に乗るとなかなか再現出来ないと悩む人は多いです。

また、走り方どうこうで解決出来ないほどのバタつきも起きます。具体的には、MOJO路面のような単純にグリップが上昇したレース路面で曲がろうとすると、レーシングカート全体が大きく「バッタンバッタン」と跳ねる症状です。

そんな悩みを解決するのがセッティング変更です。走りの改善から取り組もうとしても思うようにいかない時は、セッティング変更で対処します。

セッティング変更が上手くいくと、全くバタつかずにいつも通りの感覚で乗ることが出来たり、自分の走りの足りないピースを簡単に見つけ出せたりと、新たな感覚を見つけ出すチャンスもあります。

「セッティング変更は逃げるな」と豪語する老害みたいな人もいますが、やりすぎにならない限り、問題ありません。大事なのは、「常に運転を上手くなろう」と意識していく姿勢です。

この意識のもとで、セッティング変更をすれば上達のためのセッティング変更になります。

頑なに同じセットで走り続けるよりも、「行き詰まったらセッティング変更→何か発見してから再び走り込む」を繰り返した方が効率良く速くなります。

ここから先の、レーシングカートがバタつく時のセッティング変更についてはキクブログnextで解説していきますので、気になる人は見てみてください。最後には、とっておきの走らせ方も解説します。

◆続きはこちら→https://note.mu/race_hirokikuchi/n/nd99ced4a8534

 

写真提供:榛名モータースポーツランド 様、K-TEC PHOTO 様

スポンサーのお願い

このサイトの運営者である、レーシングドライバー菊池宥孝はレース活動をサポートして頂けるスポンサー様を必要としています。

まずは、僕の人間性を知って頂きたいので、直接お会いしたり、お電話したりしましょう。

僕自身から提供出来るものは、企業様のPR活動を始め、節税対策などにも協力します。

詳しくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です