初心忘るべからず

レーシングカートとタイヤ空気圧の関係

 
この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさんこんにちは。レーシングドライバー菊池宥孝です。

レーシングカートで走るとき、みなさんはどれくらいタイヤの空気圧を気にしていますか?

  • タイヤの暖まるタイミング
  • ベストラップの速さ

この2点で決める人がほとんどです。なかには、「一度も見たことがない」「とりあえず1.0でいいや」などと全く気にしないで走っている人もいます。昔の僕はそんな感じでした。そもそも、「空気圧を変えたらベストラップが上がった」となった時に、「なぜタイムが上がったのか?」を意識している人はどれくらいいますか?

「コーナーでタイムが上がったのか?」「ストレートでタイムが上がったのか?」ということを意識していかないと、後々分からなくなってしまいます。

レーシングカートと地面を繋ぐ役割を持つタイヤの空気圧は、タイムに最も直結するポイントになります。

もしあなたが、「タイヤの空気圧は0.8」などと勝手に思い込んでいるのであれば、それは大きな間違いです。タイヤの暖まりだけではなく、コンディションによっても変えなければなりません。

今回は、レーシングカートのタイヤの空気圧について解説していきます。

 

意外な空気圧効果

意外な空気圧効果

タイヤの空気圧による効果は冒頭で述べた、「タイヤの暖まるタイミング」「ベストラップの速さ」だけではありません。

  • 転がり抵抗
  • ステア特性

にも影響します。厳密には

僕の例を挙げると、全日本カート選手権でハイグリップタイヤを使用していたころ、路面にラバーが乗ってきてレーシングカートが曲がりにくくなってきました。ハイグリップタイヤの空気圧は、温間0.6~0.8が目安です。しかし僕は、決勝レース前に温間1.0を狙って空気圧を調整しました。

いざレースが始まってみると、コーナー進入時に向きが変わりやすくなり、コーナー立ち上がりで抵抗感なく前に進むようにもなりました。

このレースは、タイムトライアルと予選ではトップと0.4秒差を付けられていましたが、決勝レースでは0.1秒差まで縮まりました。重い路面で、向きを変えるのに苦労していたり、なかなか前に進まないといった症状が出たりしていたら、シャーシセッティングではなく、空気圧でマシンの特性を変える方がタイムに変化が出やすいのでオススメです。

 

レインタイヤの空気圧は幅が広い

レインタイヤの空気圧は幅が広い

写真提供:rino 様

次はレインタイヤの空気圧です。一般的なレインタイヤの空気圧は約1.1~1.5です。しかし、この空気圧の範囲外に合わせなければ速く走れない時が存在します。

レインタイヤの空気圧を決めるうえで必要なものが、

  • コース
  • 気温
  • 雨量

です。

コース(アスファルト舗装)によってある程度、基本的な空気圧が決まっています。例えば、スポーツランドSUGOでは、他のサーキットに比べて低めの空気圧の方がタイムアップに繋がることが多いです。

そういったデータは、実際に走って集めなければなりません。チームがデータを持っていることもあるので、チームに所属している人は聞いてみましょう。

そして、最適な空気圧を見つけるうえで最も大切なのが、「気温・雨量」です。気温が低い時や雨量が多い時は、空気圧を高めに設定します。

例えば、冬のレインコンディションを走った際に空気圧を色々と試したのですが、一般的な1.1~1.5の間では全くグリップしませんでした。

そこで思い切って、4.0まで入れてみました。そしたら、物凄くグリップするようになり、練習走行日でしたがぶっちぎりのトップタイムを計測しました。

なぜぶっちぎりだったのかは簡単で、「誰も試していなかったから」です。

レインコンディションのレースでぶっちぎりで速いドライバーが現れますよね?それは、誰も試さなかったことにチャレンジして新たな発見をしているという場合があります。常識の範囲外で性能を発揮するコンディションが少なからずあるので、レインタイヤの空気圧は広い視点で考えるようにしましょう。

 

一般的なタイヤ空気圧

一般的なタイヤ空気圧

一般的なタイヤの空気圧について紹介します。あくまでも目安ですので、ここから大きく外れた空気圧が良い場合もあります。

今現在、走っている基本空気圧が大きく外している場合は、見直しましょう。

  • ドライタイヤ:SL17等の、ローグリップタイヤは温間0.7~0.95を目安にします。さらにローグリップなタイヤであれば、温間1~1.3が目安になります。
  • レインタイヤ:SLレースで使用されるレインタイヤは、温間1.1~1.5を目安にしましょう。

もちろん、ここから大きく外れるコンディションもあります。何かしっくり来ないなと感じたら、基準より低め・高め、両方とも試すべきです。

 

安いエアゲージは使うな

安いエアゲージは使うな

タイヤの空気圧なんて測れれば何でも良いと思っていませんか?

そのような考えは絶対に止めましょう。

安いエアゲージは精度が良くありません。チームの人から「温間0.8が良いよ」と聞いて自分のエアゲージで調整したら、実は0.9だったということもあります。また、4.0など大きな値を測れないものや、空気圧が高くなるにつれて誤差が大きくなるものなど、安価なものはレーシングカートの空気圧測定にはオススメ出来ません。

ただ、20000円を超えるような高価なものが良いというわけでもなく、信頼出来る品質の良いものであれば問題ありません。

僕が使用しているものは、「BRIDGESTONE(ブリヂストン)レーシングエアゲージ」というものです。これは、ブリヂストンのエアゲージで、非常に信頼性が高いものになります。

4.0kPaまで測ることが出来て、使い続けていくうちに発生する誤差もほとんどないものになります。かれこれ、3年以上使用していますが全く問題ありません。価格も9601円と安価ではないものの購入しやすい価格になっています。

また、空気圧測定で正確なデータを取りたい人は、放射温度計も準備しましょう。僕は、路面温度を測ったり、タイヤの「外側・真ん中・内側」と3つの部分で温度を測ってデータを取っていました。

使い方としては、どれか1輪だけ温度に差がある場合に、「ドライビングなのか?」「空気圧なのか?」と考えるきっかけになります。調子が良い時は4輪ともほぼ均等に温度が上がるので、とても良い目安になります。

放射率を変更できるものなら、タイヤだけではなく、銅や鉄の温度も測ることが出来るのでオススメです。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)レーシングエアゲージ
【Amazon】BRIDGESTONE(ブリヂストン)レーシングエアゲージ

これを持っていれば間違いナシの安価で品質の良い優れモノ。

シンワ測定 放射温度計 C レーザーポイント機能付 放射率可変タイプ

【Amazon】シンワ測定 放射温度計 C レーザーポイント機能付 放射率可変タイプ

放射率が変更可能な放射温度計。タイヤやアスファルトだけではなく、放射率の低い銅や鉄も測ることが出来ます。レーザーポインター付きでどこの温度を測っているのか一目で分かります。

 

まとめ

今回は、レーシングカートと空気圧の解説でした。空気圧の変更によって、

  • タイヤの暖まるタイミング
  • 転がり抵抗
  • ステア特性

に変化をもたらすので、レースで路面が重くなってきた時に空気圧を上げてみるのも一つのアイディアです。

また、レインコンディションでは、一般的な空気圧を大きく外れた場合に性能を発揮する場合があります。誰も試していないところがチャンスです。

一般的な空気圧の目安はSLタイヤですと、ドライタイヤが温間0.7~0.95。ローグリップなSLタイヤは1.0~1.3。レインタイヤは1.1~1.5。といったところになります。

最後に、「安いエアゲージは使わない」という点を意識してもらえれば、レーシングカートと空気圧の関係がより正確に理解出来るようになりますのでお気を付けください。

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

この記事がみなさんのレーシングカートライフのお役に立てたら嬉しいです。

スポンサーのお願い

このサイトの運営者である、レーシングドライバー菊池宥孝はレース活動をサポートして頂けるスポンサー様を必要としています。

まずは、僕の人間性を知って頂きたいので、直接お会いしたり、お電話したりしましょう。

僕自身から提供出来るものは、企業様のPR活動を始め、節税対策などにも協力します。

詳しくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です