初心忘るべからず

【コスパ抜群のトランポ】ステップワゴンがレーシングカートのトランポで断然オススメ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさんこんにちは。レーシングドライバー菊池宥孝です。

新年が明けて、モータースポーツシーズンも始まろうとしています。中には、「今年はトランポを購入して日本全国走り込むぞ!」と意気込んでいる方も多いのではないでしょうか?

レーシングカートやバイクを積むトランポといえば、

  • トヨタ ハイエース
  • ニッサン キャラバン

商用バンと言えば、この2車種に絞られる事でしょう。僕自身、レーシングカートに乗っていた時代(2015~2017年)は、サーキットに行けば8割以上のユーザーがハイエースかキャラバンで運搬していました。残りの2割は、トラックやミニバンでの運搬でしたね。

僕も、「自分でレーシングカートを運んでいろんなサーキットで走り込みたい!」と考え、トランポ探しを始めました。

当時僕は大学4年生。レーシングカートに乗り続けるのに精一杯で、お金が全くありませんでした。周りは富裕層の家庭ばかり。ハイエースくらい即決で買える人たちでした。最初は、高値で売れるハイエースを買って2年後に売ればトータルで安い買い物になると思ったのですが、ハイエースを買えるお金すら持っていないとすぐに気づき諦めました(笑)

当時ミニバンワンボックス専門店でアルバイトをしていたので、様々なミニバンを見て何が良いか荷室寸法を隅々まで計測し、維持費から故障のリスクのデータまで全てを集めました。

その結果、ホンダRF型ステップワゴンが最もコスパが良いトランポになると知り、ステップワゴンをトランポにして全国各地に行くようになりました。

今回は、維持費が安く、大きな荷物が積める「コスパ最強なトランポ」はRF型ステップワゴンである理由を、他車種との比較や実際の荷室寸法の画像をもとに解説していきたいと思います。




他のミニバンじゃダメなの?

他のミニバンじゃダメなのか?

ニッサン E51型エルグランド

まずは、「なぜステップワゴンなのか?」「他のミニバンの何がダメなのか?」を説明します。

アルファード、エスティマ、エリシオン、エルグランドなどの3ナンバーサイズミニバンは、床面の高さや厚い内張など、室内空間がトランポとして使いにくく、購入価格もステップワゴンに比べて高額なため、割愛させて頂きます。

では、「税金・寸法・排気量」がほぼ同じである5ナンバーサイズミニバン、セレナ・ヴォクシー・ノアなどとステップワゴンは比較されますが、この中でもステップワゴンをオススメします。

その理由を解説します。

 

故障のリスク

まずは、維持する上で最も大きな支出となるのが、故障した時の修理金額です。故障は大きく分けて2つあり、

  1. 動ける故障
  2. 動けなくなる故障

に分かれます。

1つ目の動ける故障とは、「パワースライドドアが開かなくなった」「エアコンが効かない」などの快適装備の故障に当てはまります。これらは壊れたとしても移動可能なのでトランポとして使う車なら仕方ないと割り切れます。

2つ目の動けなくなる故障とは、「エンジンブロー」「ミッションブロー」など、走行不能になる故障です。これらは壊れた場所から移動が出来なくなるため、トランポとして使う車にはあってはならない故障です。

今回は「トランポとして使う車」についての内容ですので、快適装備が壊れたとしても走行可能な状態であれば、大事なレースにも間に合うので大丈夫です。

しかし、エンジン・ミッションなど動くために必要な部品が壊れた場合、大事なレースに間に合わなくなるため、絶対に避けたい故障になります。

 

C24型セレナの故障事例

C24型セレナの故障事例

ニッサン C24型セレナ

販売価格はRF型のステップワゴンと同等で、走行距離が少ないものが多く出回っている印象があるC24型セレナ。フルモデルチェンジされたC24型からCVTミッションに変更されています。

しかし、そのCVTミッションが弱く、さらにエンジン不調も多いという事は業界では非常に有名です。

  • 加速しない
  • 高速道路で急減速
  • エンジンをかけたらギアが入らない

このような症状はCVTミッションの故障です。修理代が中古で20万円以上、リビルト品で30万円以上、新品で40万円以上と高額な修理代がかかります。

実際にお客様の下取り車で乗ることがあるC24型セレナですが、下取り数日後に動かなくなったり、走行距離75000㎞でミッションが滑り始めて買い替えたりと、かなりの確率でミッションにトラブルを抱えています。

CVTは突然故障する場合も多く、走行不能な故障ですので注意して下さい。

エンジン不調については、タイミングチェーンの故障が多いです。

タイミングチェーンといえば、10万キロ越えでも交換不要で丈夫なイメージがあると思いますが、C24型セレナの場合はタイミングチェーンが緩みやすい弱点があります。チェーンが緩むと、アイドリング不安定、吹け上がりの不調に繋がり、10~15万円の修理代がかかります。

 

C25型セレナの故障事例

C25型セレナの故障事例

ニッサン C25型セレナ

デザインが新しく感じるため、中古でも人気の高いC25型セレナ。CVTミッションとエンジンの問題は改善されましたが、C25型セレナではラジエーターの水漏れという問題を抱える車が多くなってしまいました。

ラジエーターとは、エンジンを冷やすための装置です。走行中にエンジンの持った熱を冷やす働きをするのですが、ラジエーター内部の水が漏れてしまうとエンジンを冷やすことが出来なくなり、放っておくとエンジンブローに繋がり、ラジエーターの修理代+エンジン載せ替えが必要になります。

ラジエーターの水漏れを早期発見出来れば冷却水をつぎ足しながら走行可能なのですが、酷い水漏れの場合だとつぎ足してもすぐに減ってしまうため走行困難に陥ります。さらに、エンジンブローしてしまった場合、走行不能になりレースに間に合わなくなります。

補足として、ラジエーターの交換で済んだ場合の修理代ですが、

  • ディーラーでの交換費用:約8万円
  • 民間工場での交換費用:約3万円

となります。この価格の差は、ディーラーでは純正のラジエーターを使用するため、社外品を使う民間工場に比べて3倍近くの差が出てくるためです。

他にも、エンジンマウントが弱かったり、足回りの異音も出やすいです。重い荷物を運ぶトランポとしては耐久性が心配される車です

 

60系ノア・ヴォクシーの故障事例

60系ノア・ヴォクシーの故障事例

トヨタ 60系ノア・ヴォクシー

トヨタというブランド力から、人気のある60系ノア・ヴォクシーですが、この型のエンジンの異音や不具合が多いことは業界では有名な話です。一般的にはトヨタの車は丈夫だと言われていますが、この60系ノア・ヴォクシーに搭載されているエンジン(平成13年~平成19年)は、中国工場で生産され、精度があまり良くありません。リコールにはしませんでしたがトヨタのキャンペーンと称して無償修理といった形で修理していました。

具体的には、

  • エンジンを吹かした際に白煙が出る
  • エンジンからガチガチと異音がする
  • エンジンから大きな振動が車内に伝わる
  • アイドリング中にエンジンが止まる

白煙と異音の症状は、悪化するとエンジンブローに繋がります。エンジンの載せ替えは安くても20万円以上はするので注意して下さい。

 

セレナ・ノア・ヴォクシーの購入価格

  • C24型セレナ:20~30万円
  • C25型セレナ:30~130万円(距離・グレードによって大きく変わります)
  • 60系ノア・ヴォクシー:30~80万円
  • RF3型ステップワゴン:15~35万円

2019年1月現在、ボリュームゾーン(相場内)の価格はこれくらいです。

 

安くて丈夫な車はRF型ステップワゴン

安くて丈夫な車はRF型ステップワゴン

ホンダ RF型ステップワゴン

今回比較対象として出した車は、平成13年~平成20年くらいの中古車です。この年代の中では、ステップワゴンRF型は購入価格が安く、ダントツで故障リスクの少ない車で中古車業界のプロから見てもオススメの中古車になります。

 

ステップワゴンの購入価格と維持費

ステップワゴンは購入価格+維持費の安さが魅力的です。

ちなみに僕は、走行距離16万㎞で納車して20万㎞で乗り換えるまでオイル交換とブレーキパッド交換のみで走りました。ネット上に沢山の口コミがありますが、かなり丈夫な車で、中古車業界でも耐久性の評価が非常に高いです。弱点は、HIDライトの光度が低いため、特に社外品だと車検が通りにくい場合があります。

 

ステップワゴンの購入価格

ステップワゴンの購入価格

ホンダ RF3型ステップワゴン

今回僕が紹介しているのは「RF3型 ステップワゴン」です。

2019年1月現在、乗り出し価格15~35万円が主流です。走行距離15万㎞以上で探すと乗り出し20万円前後でかなり安く出回っています。しかし、年式が古く走行距離が多い車両は当たり外れがあるのでしっかりと知識を付けてから選ばなければ痛い目に遭いますので、中古車選びを勉強してから見に行きましょう。

ネットに騙されない本当の中古車選び

僕に中古車のノウハウを教えてくれた方が書いた本です

 

ステップワゴンの実燃費

トランポとして使うなら気になるのは燃費ですよね?

僕はレーシングカートの運搬兼、通勤用として使用していましたが、街乗り7.5km/l前後・高速12km/l前後でした。

完全なトランポ用として使うのであれば、高速道路を使う方がほとんどだと思いますので、かなり燃費の良い車であると言えます。

念のため、みんカラのユーザーが投稿した口コミを紹介します。

街乗りリッター6キロ、高速でリッター10キロ程度です。正直燃費悪いと思いますが、買い換えるよりも安いのでこのまま乗り続けます。高額修理が発生したら乗り換えるかも

 

街乗り9キロ前後、高速12キロくらいです。正直、もうちょっと高速の燃費が落ちてもいいんじゃないかとは思います。

 

おとなしく街中を走って10km/Lを達成したこともあります。普通に走行しても8km/L。トルクがあったのでアクセルを踏む量が少なくて済みました。

やはりトランポとして使うと、普通に使う場合に比べて燃費は落ちますね。特に街乗りでは重量増による燃費差が生まれている印象です。加減速の少ない高速道路では、ほとんど燃費は変わりません。

 

ステップワゴンの税金はどれくらい?

自動車税

自動車税は排気量ごとに決められています。

ステップワゴンには2000㏄と2400㏄があり、排気量の大きさによって自動車税額が変わります。

ここで注意していただきたいポイントは、今回紹介している2代目ステップワゴンRF3~RF8型が2001年~2005年に製造された車両ですので2019年1月現在、初年度登録から13年経過した車として扱われてしまうため、1割増しになります。

通常 13年経過
2000㏄ 39500円/1年 45400円/1年
2400㏄ 45000円/1年 51700円/1年

 

自動車重量税

自動車重量税は車両重量によって決められています。そしてこちらも、13年経過車と18年経過車が増額されてしまいます。

ステップワゴンRF3モデルは1490㎏、RF4~RF8のモデルは1540~1620㎏です。

通常 13年経過 18年経過
~1500㎏以下 24600円/2年 30000円/2年 37800円/2年
~2000㎏以下 32800円/2年 40000円/2年 50400円/2年

今どきのエコカーと比較してしまうと「高いな~!」という印象ですね(笑)

 

ステップワゴンの荷室寸法

トランポ仕様荷室寸法(2列目折り畳み・3列目取り外し)

ステップワゴンの荷室寸法

  • 内装横幅:140㎝
  • 内装奥行:227㎝ ※奥行は1列目背もたれまでの長さです。
  • 間口(横幅):113㎝
  • 間口(高さ):119㎝

5人乗り車として構造変更して車検を通しました。

 

上段・下段の高さ

上段・下段の高さ

  • 上段高さ:82㎝
  • 下段高さ:44㎝

下段荷室容量は673ℓです。

 

骨組みの寸法

骨組みの寸法

  • 骨組み横幅:121㎝
  • 骨組み高さ:46㎝
  • 骨組み奥行:121㎝

骨組みはビバホームで購入してきました。骨組みを斜めに取り付けているのは、前後左右への耐久性アップを目的としています。これが無いと各ボルトが緩んだり、骨組みが曲がったりする可能性があります。

 

仕切り板の寸法

仕切り板の寸法

  • 仕切り板横幅:90㎝
  • 仕切り板奥行:180㎝
  • 仕切り板厚さ:1.2㎝

仕切り板もビバホームで購入しました。好きな大きさにカットしてもらえるので、あらかじめ寸法を調べてから行くと良いです。

 

20ℓガソリンタンクがピッタリ入ります。

跳ね上げ式2列目補助シート

ここのスペースには20ℓガソリンタンクがピッタリ入ります。

 

ステップワゴンのトランポ実例

では実際に僕が使用していたステップワゴンのトランポ実例を見ていきましょう。

全て積んでいる状態

ステップワゴンのトランポ実例

  • 上段:レーシングカート、タイヤ3セット、エンジンボックス2個、カウル、パーツ類ボックス(大サイズ2)等
  • 下段:パーツ類ボックス(特大サイズ1、大サイズ1、中サイズ1、小サイズ2、20Lガソリンタンク1、工具箱2、その他小サイズのケース3、等
  • その他スペース(助手席は含まない):20ℓガソリンタンク1、台車1、シャフト3本、等

 

タイヤ・カウルをおろした状態

タイヤ・カウルをおろした状態

横からのアングル

カートの前にも大サイズのパーツボックスを置くスペースがあり、奥にはエンジンボックスが2個置いてあります。

 

ステップワゴンとハイエースの比較

ステップワゴンVSハイエース

出典元:トヨタ公式サイト

ここまで読んだ方の中には、「ミニバンならステップワゴンというのは分かったけれど、ハイエースとは、どれくらい変わるのか?」と疑問に思われる方も多いと思います。荷室寸法はハイエースの方が広いので、購入価格と維持費を比較します。

そこで今回は、トランポとして人気のある「トヨタ ハイエース200系」と比較していきます。

 

ステップワゴンとハイエースの税金比較

今回は2年間で3万㎞乗ったと仮定して比較しました。

自賠責保険 自動車税 自動車重量税
ハイエース(1ナンバー) 47940円/2年 32000円/2年 32800円/2年
ハイエース(4ナンバー) 34700円/2年 32000円/2年 24600円~32800円/2年

ステップワゴンも同条件でまとめます。

今回は、RF型で税金が最安値になる2000㏄・1490㎏のRF3型と、最高値になる2400㏄・1570㎏のRF7型で比較していきます。

自賠責保険 自動車税 自動車重量税
RF3型 27840円/2年 90800円/2年 30000円/2年
RF7型 27840円/2年 103400円/2年 40000円/2年

 

各車合計金額は、

  • ハイエース(1ナンバー):計112740円
  • ハイエース(4ナンバー):計91300円~99500円
  • RF3型:計148640円
  • RF7型:計171240円

となります。

「ハイエースは税金が高いのでは?」と思われている方も多いと思いますが、実はとても安く済みます。

しかし、ハイエースの車検は1年ごとに受ける必要があるため注意が必要です。

車検を悪徳業者に依頼してしまった場合、壊れていないのに修理させられたり、異常なほど高額な手数料を請求される場合があるため、業者の見極めが大切になってくるので注意して下さい。(3ナンバー・5ナンバー車は、2年に1度の車検です)

 

ステップワゴンとハイエースの燃費比較

  • ハイエース(レギュラーガソリン仕様):7~8km/l
  • ハイエース(ディーゼル仕様):8~9km/l
  • ステップワゴン(レギュラーガソリン仕様):7~8km/l

 

3万キロ乗った場合(レギュラーガソリン138円/ℓ・軽油 120円/ℓとする)

  • ハイエース(レギュラーガソリン仕様7.5km/l):4000ℓ=552000円
  • ハイエース(ディーゼル仕様8.5km/l):3529ℓ=423480円
  • ステップワゴン(レギュラーガソリン仕様7.5km/l):4000ℓ=552000円

燃費比較では、ハイエース程の車体の大きさでもステップワゴンと同等かそれ以上の燃費ですので、ステップワゴンの負けですね。

 

ステップワゴンとハイエースの購入価格比較

今回は走行距離15万㎞前後で2019年1月現在、中古車を購入した場合の乗り出し価格で比較します。

  • ハイエース(レギュラーガソリン仕様):100~150万円
  • ハイエース(ディーゼル仕様):105~200万円
  • ステップワゴン:15~30万円

厳密には、ハイエースは70万円~、ステップワゴンは8万円~販売している店舗がありましたが粗悪車が多く出回っている車業界ですので、ボリュームゾーン(相場内)の価格に絞り込みました。

 

ステップワゴンとハイエース比較まとめ

車両を購入して2年間3万㎞走ったと仮定した場合、それぞれ使った金額をまとめます。

ハイエースは維持費の安い4ナンバーサイズと仮定します。

  • ハイエース(レギュラーガソリン仕様):購入価格+643300円(維持費)=1643300円~2143300円
  • ハイエース(ディーゼル仕様):購入価格+514780円(維持費)=1564780円~2514780円
  • ステップワゴン:購入価格+700640円(維持費)=850640円~1000640円

以降2年3万キロごとに5~20万円ほどハイエースの方が安く維持出来ます。

ステップワゴンもハイエースも耐久性の高い車ですので、「どれくらいの期間乗るのか?」「価格だけでなく、積載量と使い勝手」を考えて車選びをしましょう。

ステップワゴンの荷室
ハイエースの荷室

ステップワゴン最大の魅力は、初期投資(購入価格)の安さです。僕のようにお金に余裕が無い時代に自分でレーシングカートを始めるのであれば、ステップワゴンを選ぶのは賢い車選びですのでオススメします。

 

まとめ

「トランポが欲しいけどお金が無い」「気軽に乗れて壊れないトランポが良い」という方には、安くて丈夫なRF3型ステップワゴンをオススメします。

荷室寸法やシートアレンジはトランポになることを想定して設計されたのではないかと思うくらい出来の良い車です。

トランポ選びに迷っている方がいたら、ぜひステップワゴンも候補に入れて下さいね!

 

今回の記事はいかがでしたか?

今回の記事があなたのトランポ選びのお役に立てれば嬉しいです。

 

スポンサーのお願い

このサイトの運営者である、レーシングドライバー菊池宥孝はレース活動をサポートして頂けるスポンサー様を必要としています。

まずは、僕の人間性を知って頂きたいので、直接お会いしたり、お電話したりしましょう。

僕自身から提供出来るものは、企業様のPR活動を始め、節税対策などにも協力します。

詳しくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です