初心忘るべからず

スーパーFJの参戦費用はどれくらい?

 
スーパーFJの参戦費用
この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさんこんにちは。レーシングドライバーの菊池宥孝です。

スーパーFJに参戦したいと考えている人にとって、参戦費用がどれくらい必要になるのか気になりますよね?

これはチームによっても変わりますし、「レンタルでやるのか?」「車両を購入してやるのか?」によっても変わってきます。実際に僕も2018年からスーパーFJにレンタルマシンで参戦しています。

今回は、「レーシングドライバーを目指して始めたい」「趣味で乗ってみたい」「カートからのステップアップとして乗りたい」と考えている方へ、スーパーFJで必要なお金の話を解説していきます。

ちなみに、カートからのステップアップと説明すると一部の方から怒られてしまいますが、客観的に見てレーシングカートはF1を頂点とするモータースポーツピラミッドの一番下に位置するカテゴリーです。断言します。

スーパーFJよりも全日本カート選手権の方が全体的な競技レベルが高いことは同感ですが、ステップアップと競技レベルは関係ありません。「目標を諦めるか?」「どの舞台で戦うか?」の違いです。

元F1ドライバーの鈴木亜久里さんも、「今のGTドライバーたちはみんなカートからステップアップしてきた」という言い方をしています。

いずれ4輪でプロになるためには、早くからフォーミュラカーで練習する必要があります。実際に2017.2018全日本カート選手権FS-125のチャンピオンの2人は翌年にレーシングカート最高峰のOKクラスには参戦せず、スーパーFJに参戦しているのが事実です。

これは、安価で4輪の基礎を数多く学べるスーパーFJが、ステップアップにピッタリのカテゴリーになると考えられていることになります。

もちろんレーシングカートを否定しているわけではありませんし、競技レベルの高さも味わっています。ただ、レーシングカートがプロスポーツとして成り立っていない現状ではやはり、踏み台のステップアップカテゴリーにしか思っていない現役ドライバーだらけです。

スーパーFJもプロスポーツではありませんが、その後の4輪レースの基礎を学べるという意味で、ステップアップに含まれるということですね。

 

レンタルマシンか?車両購入か?

レンタルマシンか?車両購入か?

「チームからのレンタルマシンでレースに出るか?」「自分で車両を購入してレースに出るか?」迷う方がいます。これは、自身の目的とどれくらい乗り続けるのかという期間で決めるべきです。

1~2年乗ってFIA-F4などにステップアップしたい人や、メンテナンスについて考えるのが面倒な人であれば、レンタルマシンがオススメです。反対に、3年以上長く乗り続けたい人や、趣味で遊びたい人は、車両を購入した方が安く楽しめます。チームによっては、購入した車両でも、全てメンテナンスを任せられる場合もあります。

では、僕がスーパーFJに参戦して感じたレンタルマシンのメリットとデメリットについて紹介します。

 

レンタルマシンのメリット

  • 走りに集中出来る
  • 気軽に走れる

レンタルマシンのメリットは何と言っても「走りに集中出来る」ことです。

例えば、「いつブレーキのオーバーホールをしよう?」などのメンテナンスに関する心配をする必要がありません。自分の車両ではなく、チームが所有しているため、メンテナンスもチームの人が適切なタイミングでやってくれます。

無駄な心配をせずにいると、走りに集中出来る時間も増えて、速さを追求することが出来ます。自分は、走行日に装備品だけ持っていけば大丈夫です。

短期集中型の人は、レンタルマシンで参戦することがオススメです。

 

レンタルマシンのデメリット

  • 車両を購入していない分、価格が高い

レンタルマシンのデメリットは、価格が高いことです。1~2年だけ走る場合なら、レンタルの方が安く出来ますが、3年以上乗り続けたい場合は、車両を購入した方が安く走れます。

ただ、めんどくさがり屋さんや、お金に余裕がある人は、レンタルマシンで長く乗り続ける方が精神的な負担は少なく済みます。趣味で長く楽しみたい方や、安価に長期間みっちり練習したい方は車両をまるごと購入した方が良いでしょう。

 

1レースの費用内訳

1レースの費用内訳

写真提供:飯田 様

こちらはレンタルマシンで1レース走るとなった場合の費用です。2日間の練習走行と1日のレースというスケジュールです。

マシンレンタル代 約20~60万円
タイヤ代(2セット) 116000円
ガソリン代 約30000円
練習走行チケット代 約70000円
レースエントリー料 約45000円

上記の表は、あくまでも目安です。

例えば、強豪チームはレンタル代も高額になりますし、競争力の低いチームはレンタル代も低額になります。

また、岡山国際サーキットなどは練習走行時間が長く設けられていますので、練習走行のチケット代が高く付きますが、鈴鹿サーキットなどは、練習走行の時間が短く設定されていますので、チケット代も安くなります。

さらに、遠征した場合は、車両運搬費やメカニックの宿泊費が追加されます。

 

練習走行にかかる費用

練習走行にかかる費用

1日の練習走行にかかる費用は、総額約12~25万円です。

一般的には、レースで使ったタイヤを使うので、「マシンレンタル代(メカニック代)+チケット代+ガソリン代」が基本料金です。こちらもチームによって変わってきますので、練習だけしたい人は事前に聞いておきましょう。

チームによっては、体験走行向けの安価なプランを用意しているところもあるので、「とりあえず乗ってみたい」という方はそういったプランを利用するのも一つの方法です。

 

チーム選び【安いものにはワケがある】

チーム選び【安いものにはワケがある】

ここまでの内容を見て、「なんでマシンレンタル代でこんなに差があるのだろう?イコールコンディションだからどこも同じマシンでしょ?」と思った方がいるでしょう。

しかし、チームごとにかなりマシンの質が変わってきます。

例えば、F1は規則の範囲内であれば改造が許されています。上位チームと下位チームの差は、規則の範囲内でどれだけ良いアップデートが出来たかによって決まります。もちろん最後は、ドライバーの力によって決まりますが、勝つためにはチーム力も必要です。

これはスーパーFJにも共通しています。公認のシャーシは何種類もありますが、2019年5月現在、競争力のあるシャーシは2種類しかありません。同じ型式のシャーシでもチームによって味付けが違いますし、持っているデータも違っています。また、強豪チームには過去に在籍した速いドライバーたちの走行データが豊富に揃っています。

「歴代の速いドライバーたちと自分は何が違うのか?」

これを比較出来ることに、数百万円分もの価値があります。近年、ヨーロッパのフォーミュラカーレースに参戦するドライバーたちは皆、スーパーFJに参戦していました。そうなると、彼らのデータロガーを見てみたくなりますよね。

強豪チームでは、マシンのデータだけではなく、高いレベルで走りの指導を受けられます。良い指導が出来ないチームで1年でも棒に振ることは絶対に避けるべきで、高いレベルを目指している人は価格が高額でも強豪チームからレースに参戦するべきです。

もちろん「安価に楽しめればそれで良い」という人は安く参戦出来るチームを探すべきですが。

若者でなくて趣味で楽しみたい人でも、強豪チームで乗った方が良いです。自分のマシンのポテンシャルが高くないと、可能性を感じながらレースに参戦出来ません。せっかくレースに出るのだから、良い状態のマシンに乗って楽しみましょう。

ちなみに、最近のドライバーは西地域に集まる傾向が強く、鈴鹿サーキットにはかなりの台数が集まります。自分の力を試したい人は、鈴鹿サーキットをホームコースにして走るのも良い選択です。その場合は、西地域にあるチームから選ぶ方が運搬費を安く抑えられます。

 

スーパーFJの費用まとめ

スーパーFJの費用まとめ

ここまでの話を整理しますと、

  • どのような目的で始めるのか?(現状の最終目標)

を明確にしてから、期間と自分に合っているスタイルを考えて、

  • チームをどこにするか?
  • マシンレンタルで乗るか?
  • マシン購入して乗るか?

を決めます。

このような段取りが出来れば、納得のいく賢いチーム選びになります。

そして年間7レース程戦って、月に1.2回練習した場合の参戦費用はチームによりますが、交通費や宿泊費込みで、

  • 約250万円~600万円

となります。これは、あくまでも目安で、クラッシュすると修理費用がかさみます。+100万円くらいの予算があれば安心してレースに出場出来るでしょう。

ぜひ参考にして下さい。

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

この記事がスーパーFJに参戦しようと思っている、みなさんのお役に立てたら嬉しいです。ではまた!

写真提供:飯田 様

スポンサーのお願い

このサイトの運営者である、レーシングドライバー菊池宥孝はレース活動をサポートして頂けるスポンサー様を必要としています。

まずは、僕の人間性を知って頂きたいので、直接お会いしたり、お電話したりしましょう。

僕自身から提供出来るものは、企業様のPR活動を始め、節税対策などにも協力します。

詳しくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です