初心忘るべからず

スーパーFJのコーナリングはリアが少し流れている?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさんこんにちは!レーシングドライバー菊池宥孝です。

スーパーFJの乗り方で最も難しく感じるのがコーナリングです。僕自身、普段からコーナリングの改善はテーマにして走っています。

「速いドライバーと、そうでないドライバーの差は何なのか?」

僕はずっとこれについて考えてきました。

最近YouTubeを見ていたら、僕が出ていたレースの定点カメラ風の動画を見つけました。こちらの動画です↓

出典元:hase ra 様(YOUTUBEチャンネル名)

これは鈴鹿サーキットの、S字1個目と2個目です。

この動画では、挙動が滑らかなドライバー、カクカクした動きをしているドライバーがはっきりと分かります。分かりにくい人は大画面で見てください。

 

速いドライバーが出来ているテクニック

速いドライバーが出来ているテクニック

レースで上位を走るドライバーたちは、安定してリアが少し流れる挙動をしています。その他のドライバーは、少なからず挙動が安定しておらずカクカクした不安定な挙動です。

誤解のないように言うと、綺麗にリアが流れるというよりかは、綺麗に向きを変えると言えます。

シャーシメーカーごとに多少はコーナリング姿勢が異なりますが、どんなシャーシであっても、「リアが少し流れるコーナリング」でドライビング出来なければ、上位に入ることは出来ません。

スーパーFJでタイムアップを目指すのであれば、まずはリアが少し流れるコーナリングが出来るようになることを目指しましょう。

こういうことを言うと、「そんな事感じ取れないし出来るわけない」「リアを流そうとするとスピンしそうで怖い」と言われます。

僕自身もスーパーFJに初めて乗った時、高速コーナーで向きを変えようとしたら、スピンしてクラッシュしました。当時はリアが流れる挙動が感じ取れず、「気付いたらスピン状態」で、全く乗れる気がしなかったのを覚えています。

ホームコースの岡山国際サーキットでは1.5秒遅く、鈴鹿サーキットに練習しに行った時は2秒以上遅かったです。

それでも速いチームメイトの走りを勉強し、色々と試行錯誤を繰り返す中で、半年後には岡山国際サーキットでトップから0.2秒落ちまで詰めることが出来ました。

その中でも大きな進歩だったのが、今回解説しているリアが少し流れるコーナリングです。

僕は、このコーナリングが苦手でしたが、「あること」を意識したら思いのほか簡単に出来るようになりました。

僕が何を意識してどのようにドライビングしたのか?

気になる人は続きを見てみてください。

◆続きは
スーパーFJのリアが少し流れるコーナリングを解説!→https://note.com/race_hirokikuchi/n/nebc33af2e7b5

目次紹介

  • カクカクした挙動になっている原因と対処法
  • 安定してリアを流すための知識
  • 最適なコーナリングスピードを見分けるコツ
  • これを試したら0.3秒速くなりました
  • まとめ

写真提供:飯田 様

スポンサーのお願い

このサイトの運営者である、レーシングドライバー菊池宥孝はレース活動をサポートして頂けるスポンサー様を必要としています。

まずは、僕の人間性を知って頂きたいので、直接お会いしたり、お電話したりしましょう。

僕自身から提供出来るものは、企業様のPR活動を始め、節税対策などにも協力します。

詳しくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です