初心忘るべからず

スーパーFJのコーナリング術【低速コーナーで差を付けよう】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

みなさんこんにちは!レーシングドライバー菊池宥孝です!

実際にサーキットを走っている人に質問ですが、低速コーナーって難しいと感じませんか?

僕はスーパーFJに乗っていた頃、

  • 勇気が必要な高速コーナー
  • 技術が必要な低速コーナー

最初はこのように考えていました。結論から言うと、どのコーナーも技術が必要なのですが、低速コーナーは特に難しいと感じています。

低速コーナーはスピード域が低いので、速いドライバーにもコーナー進入で追い付いていく感覚はあるのですが、立ち上がりで再び加速して行くと前のコーナーよりも離されていることに気付きます。

そうしていく中で速いドライバーと自分とを比較すると、低速コーナー全体の完成度が違うことに気付きます。

ほんの少しの差が大きな差になり、1周終わる頃には1秒以上離されるわけです。

実際に僕自身、ミスした時のタイムロスが大きいのは低速コーナーだと感じています。

例えば、鈴鹿サーキットのヘアピンコーナーで少しでもロスがあると、平気で0.2〜0.3秒を失ってしまいます。

ブレーキングからコーナリングにかけてのロスや、立ち上がりでのロスが、結果的に大きな差になる低速コーナーは、ごまかしが効かないコーナーです。

ということで今回は、無駄のない低速コーナーのドライビングをスーパーFJの視点から解説します。



コーナー進入で突っ込めていない

コーナー進入で突っ込めていない

まずは低速コーナーにおいて、ほぼ全員の初心者に共通しているのが、ブレーキングの突っ込みが甘いということです。

タイヤの限界まで強くブレーキングが出来ていないことで、コーナー進入までに差を縮められてしまいます。

よく、「ブレーキの踏み過ぎはタイムロス」と言われることがありますが、そもそも踏み過ぎになるくらい踏めている人はほとんどいません。

踏み過ぎなのは、中級者から上級者なりたての人に多いです。

自分がどれくらいブレーキが踏めているか確かめるには、速い人と走った時に比べてみると良いです。

ただ、ブレーキが弱いことによってブレーキングで追い付くものの、曲がれる速度に落とすまでに時間がかかる場合もあります。すると、アクセルオンが遅くなり立ち上がりで遅れてしまい、「ブレーキングで突っ込めているけど、立ち上がりが遅いんだな」と勘違いする場合もあるので注意しましょう。

 

ブレーキを強く踏むには?

ブレーキを強く踏むには?

ブレーキングを強く踏むためには、まずは限界を知る必要があります。要するに、タイヤがロックする寸前の感覚です。

この感覚は、何度も何度も練習を繰り返していく中で覚えるものですが、何も考えないで走っていては、いつまで経っても感覚を掴めません。

まずは、少し突っ込みすぎてクリップを外すライン取りで走ってみましょう。タイヤの限界を知ることがメインですので、一旦ライン取りは捨てます。

そうして試していく中で、タイヤの限界値を知ることが出来るようになるので、是非試してみてください。

そして、今回のテーマである低速コーナーでは、他にもタイムロスに繋がってしまう操作があります。

例えば、挙動が乱れてしまえばコーナリング速度も落ちますし、立ち上がりでトラクションもかかりません。

  • どのような操作が望ましいのか?
  • 目指すべきコーナリングとは何なのか?

について、ここから先はキクブログnextで解説していきます。

◆続きは・・・
【低速コーナーで差を付ける】スーパーFJのコーナリング術【本編】→https://note.com/race_hirokikuchi/n/n0b88bf3038cc

もくじ紹介

  • 6つのダメなコーナリング
  • 速いコーナリングで勘違いしやすいこと
  • 御法度の操作とは?
  • 目指すべきドライビング術
  • 低速コーナーの操作手順
  • オンボードを見てみよう

写真出典元:1honechan 様

 

スポンサーのお願い

このサイトの運営者である、レーシングドライバー菊池宥孝はレース活動をサポートして頂けるスポンサー様を必要としています。

まずは、僕の人間性を知って頂きたいので、直接お会いしたり、お電話したりしましょう。

僕自身から提供出来るものは、企業様のPR活動を始め、節税対策などにも協力します。

詳しくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です