初心忘るべからず

レーシングドライバーが公道で運転する時の練習法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

皆さんこんにちは。レーシングドライバーの菊池宥孝です。

僕はよく、「街乗りでは何を考えて乗っているんですか?」とか、「普段の私生活で出来る練習方法はありますか?」などと聞かれることがあります。

やはり、お金がかかるスポーツであるがゆえに、練習量にもある程度の上限があります。お金持ちの方なら、とにかくたくさん走り込むことが出来ますが、お金に制約がある方なら、効率良く練習しなければ上手くなることが出来ません。

そこで、「普段レーシングドライバーはどのような運転をしているのか?」について現役レーシングドライバー菊池宥孝が答えます。

大前提として、レーシングドライバーは免許がなければレースに出られません。過去には、免許停止や免許取り消しによってレースに出られなくなったレーシングドライバーも数多くいます。

そのため、現役のレーシングドライバーたちは、常に気を引き締めて周りの模範となる運転をしなければなりません。

しかし、安全運転をしていながらでもサーキット走行の練習ができます。結構地味な練習なので、車に興味のない方は「しょうもなさ過ぎる(笑)」と思われるでしょう。反対に、レースなどに興味のある方には役に立つ情報になっています。ぜひ、お役立てください。



左足ブレーキ

レーシングドライバー 左足ブレーキ

まずは、なんと言っても左足ブレーキです。

僕が乗っている車はAT(オートマ)車なので、左足でブレーキを踏むことが出来ます。左足でブレーキを踏んでいる理由は、現在乗っているレース車両が左足でブレーキを踏む車のためです。

左足でブレーキを踏むメリットは、

  • ブレーキを踏むまでの反応が早くなる
  • アクセルからブレーキへのスピーディーな踏み替えが可能になる
  • ブレーキの踏み間違いがなくなる

ためです。

右足アクセル・右足ブレーキの操作に比べて、反応速度が少しだけ早いので、その分発進時には素早く反応出来てアクセルを踏みすぎないで済みますし、危険回避時にも、早くブレーキを踏めるという良いことづくしです。

左足ブレーキのコツは、かかとを支点にペダルを踏むことです。かかとを支点にすることで、余計な力みが抜けて、繊細なブレーキ操作が可能になります。

慣れるまでは、急ブレーキになってしまうかも知れませんが慣れたら簡単です。僕はAT車を運転する際には、常に左足ブレーキで練習しています。

 

サーキット走行の荷重移動を再現する

サーキット走行の荷重移動を再現する

出典元:https://www.fmotor.jp/

前回、初心者向けで車の運転のコツについて記事にしたのですが、その際スムーズな運転で意識するポイントについて解説しました。

その時の、ポイントとは少し違うのですが、サーキット走行の理想的な荷重移動を、低次元で再現しています。特にブレーキの踏み方(初期踏力)がスムーズな運転とは少しだけ違いますが、今回紹介する運転でも意識するのはスムーズに運転することです。

では解説していきます。

 

ブレーキ踏力

ブレーキ踏力

前回、スムーズな運転の仕方で紹介したのと大きな違いであるのが、ブレーキの踏み方です。

「じわっと踏んで、ふわっと力を抜く」と説明しましたが、サーキット走行ではそのような操作はしません。初期踏力を最大限の力で踏んで、そこから少しずつ繊細にリリースしていきます。

これを低次元で再現するのです。本当にフルブレーキングしたら危ないので、20%くらいで再現します。

急カーブは最も良いトレーニングになります。※ここからはカーブのことをコーナーと呼んでいきます。

  • コーナー進入前に減速
  • ブレーキをリリースしながらゆっくりハンドルを切って曲げ始める
  • サーキット走行でどんな挙動をするのかお尻で感じてイメージを膨らませて曲がる

レースではファストイン・ファストアウトを目指すので、そのイメージに近づくように、スローイン・スローアウトで走ります。



ハンドル操作

ハンドル操作

ハンドル操作は、「ゆっくり丁寧に」が基本です。雑な操作はタイムロスに繋がるので、公道では大袈裟なくらい丁寧にハンドルを切ります。

具体的にどのような意識でハンドルを切るのか解説すると、

  • コーナー進入の何m前から切り始められるか
  • 最大舵角地点がクリップを過ぎないこと
  • 一度切ったハンドルを修正しないこと
  • サスペンションがどれくらい縮んでいるか?・伸びているか?

を意識します。これ、結構難しいんです。

なぜなら、公道だとコーナーの形状が複雑なことも多く、浅いカーブに見えたら奥ではさらに曲がり込むコーナーだったり、緩やかなコーナーからの右左折だったりと、様々な形状のコーナーがあります。

これを考えて運転しなければ、丁寧にハンドルを切ることは出来ません。組み合わせが無限にあるので、「どこで切り始めるか」「どこで最大舵角にするか」イメージが出来ていないと、スムーズなコーナリングが出来ません。

一度試したら分かるのですが、かなり奥が深く難しいのでオススメのトレーニングになります。

 

アクセルワーク

アクセルワーク

公道を運転する程度のスピード域では、ホイールスピンするかしないかのアクセルワークは練習出来ません。ただ、荷重移動のバランスはアクセルワークの練習になります。

例えば、ブレーキを踏んで曲がるほどではないコーナーでは、アクセルのON/OFFで荷重移動を調整します。

  • コーナー進入前にアクセルOFF
  • 前荷重になったところでフロントを入れていくイメージでハンドルを切る
  • 限界走行なら旋回姿勢に入ると感じたらアクセルで前後の荷重をコントロール

僕はこのようなことを考えています。想像力を膨らませることが大切なポイントです。

 

リフト&コースト

リフト&コースト

ハイブリッド車特有のテクニック

リフト&コーストとはご存知でしょうか?現代のハイブリッドシステムを採用するF1でよく使われる単語です。これは、最速を目指して戦うF1で、レース中のタイムロスを最小限に抑えながら回生エネルギーを効率良く充電して、厳しい燃費基準をクリアするためのテクニックです。

リフト&コーストのやり方は、コーナー進入前のブレーキングをする前にアクセルをオフにして電力を回生します。

僕が乗っている車も、F1と同じようにハイブリッドシステムを採用している車です。ということは、同じようにリフト&コーストが使えます。

例えば、信号待ちで止まっている車を発見したら、早めにアクセルを離して惰性でゆっくり減速してからブレーキを踏みます。他にも、急カーブがあったら早めにアクセルを離してからブレーキで減速します。弱くて長いブレーキでも多くの回生を得られる効果がありますが、早くアクセルを離す方がスピードを落としきらずに済むことが多いのでメリットが大きいです。

惰性で減速している時と、ブレーキで減速している時に、ハイブリッド車は充電されます。ブレーキを使って減速する時はブレーキパッドも使って止まっているのですが、アクセルを離して惰性で減速している時は充電するための抵抗で減速しているので効率の良い回生になります。

アクセルを踏んでいる間は、基本的に電力を使っているので充電されません。

「より多く効率的に充電する」、「電力を使いすぎない」

これが、リフト&コーストの原理です。最近のモータースポーツは、フォーミュラEをはじめとする電力ブームなので将来的には必ず役に立つ時が来ます。

 

まとめ

僕が意識している街乗りの運転をまとめます。

  • 左足ブレーキの精度
  • ハンドルを丁寧に切る
  • 最大舵角のポイントをコントロールする
  • サスペンションの動きを感じ取る
  • 修正舵を当てない
  • 荷重移動のイメージを膨らませる
  • リフト&コーストの練習

これらを意識するだけで、ただの退屈な街乗りでもとても楽しくなります。

想像力(イメージ)をしっかり持って練習をすれば、サーキット走行でも応用出来るようになるので、サーキットを走る機会がある方は実践してみましょう。

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

この記事があなたのドライビングテクニックのお役に立てれば嬉しいです。

スポンサーのお願い

このサイトの運営者である、レーシングドライバー菊池宥孝はレース活動をサポートして頂けるスポンサー様を必要としています。

まずは、僕の人間性を知って頂きたいので、直接お会いしたり、お電話したりしましょう。

僕自身から提供出来るものは、企業様のPR活動を始め、節税対策などにも協力します。

詳しくは、お問合せフォームよりお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
みなさんこんにちは。 レーシングドライバー兼レーシングブロガーの菊池宥孝です! 僕は7歳から20歳までサッカー少年でしたが友人の影響から、「レーシングドライバーになりたい!」と強く思うようになり、2015年からレースの世界に足を踏み入れました。 3年間レーシングカートで着実にステップアップをして、2017年には全日本カート選手権にもシリーズ参戦。 2018年から、スーパーFJで四輪デビューして、岡山国際サーキットシリーズを中心に戦っています。 【通算成績】 レーシングカート:3勝 スーパーFJ:2勝 2018スーパーFJ岡山シリーズ:ランキング2位 2018スーパーFJ日本一決定戦:7位/32台 「初心忘るべからず」「常に謙虚で満足しない」事をモットーに時代を変える最強最速のドライバーを目指しています。 応援よろしくお願いします!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です